トラベルプランニングオフィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有限会社 トラベルプランニングオフィス
Travel Pranning Office Co., ltd.
種類 有限会社
市場情報 非上場
略称 TPO
本社所在地

日本の旗 日本
150-0036
東京都渋谷区南平台町4番8号
南平台アジアマンション703号室

東京都渋谷区恵比寿南1-18-13-201
設立 1994年2月14日
業種 サービス業
法人番号 3011002018233 ウィキデータを編集
事業内容 旅行業
代表者 取締役 中尾一樹
資本金 2千万円
従業員数 9名以下
決算期 1月末
外部リンク https://tpo.co.jp/
特記事項:東京都知事登録旅行業第2-3332号・ANTA正会員[1]
テンプレートを表示

有限会社トラベルプランニングオフィス(Travel Planning Office/略称:TPO)は、日本の中小旅行会社(第2種)。1994年設立。主に列車の乗車券発券や貸切、格安航空券などを中心に取り扱う。代表者は中尾一樹2007年よりツアーバス事業にも参入していたが、運行に関する問題が相次ぎ、2010年までに全路線から撤退した。

概要[編集]

本社所在地は東京都渋谷区南平台町4-8 南平台アジアマンション703号室となっているが、全国旅行業協会には「東京都渋谷区代々木2-11-5-604」で登録されている。

  • 事業内容
    • 旅行業法に基づく旅行業(東京都知事登録旅行業第2種第3332号)
    • イベントの企画、立案、手配、運営。
    • 上記各号に付帯する一切の事業。

沿革[編集]

  • 1994年2月14日 - 設立。
  • 1997年2月1日 - 本店を東京都文京区大塚から渋谷区南平台町に移転。
  • 2007年6月2日 - ツアーバス「アイリスライナー」の催行開始。
  • 2007年7月2日 - アイリスライナーの撤退発表。
  • 2007年12月3日 - ツアーバス「ナイトバード大阪号」の告知開始。
  • 2007年12月22日 - ナイトバード大阪号運行開始。
  • 2008年1月12日 - ナイトバード大阪号の営業事故に伴い催行休止。
  • 2010年6月30日 - ツアーバス「Voyager Express」の告知開始。
  • 2010年8月1日 - Voyager Expressの催行中止を発表。
  • 2011年10月28日 - 全国旅行業協会より「弁済業務保証金制度の認証申出について[2]」が公告される。
  • 2012年2月9日 - 全国旅行業協会より「年会費未納に伴う退会勧告決議及び除名審議の公示」が公告される。

問題点[編集]

ツアーバス運行に関する問題点は、#ツアーバスの各路線の項を参照。

鉄道路線の経営引き継ぎ問題[編集]

以前より廃止が表明された鉄道路線の経営引き継ぎに意欲を見せており、これまで北海道ちほく高原鉄道くりはら田園鉄道神岡鉄道のと鉄道有田鉄道南海貴志川線鹿島鉄道高千穂鉄道に対して事前打診なしの経営権譲渡や後継運行事業者の公募への参加を行っているが、企業規模や鉄道経営の実績が無いこと、北海道ちほく高原鉄道引き継ぎの際に主張した固定資産の無償譲渡やJR北海道不在の特急列車乗り入れ論などに見られる事業計画、鹿島鉄道の際のJR直通夜行列車計画案など非現実的な事業計画[3]、さらにどの提案も資金計画がないに等しい内容であったことなどから、採用されることは全くなく実現には至っていない。

全国旅行業協会からの退会勧告[編集]

2007年1月25日社団法人全国旅行業協会常務理事会において定款第14条第1項第1号(会費の滞納)を理由にトラベルプランニングオフィスの退会勧告が決議された。さらに2月9日には代表者所在不明のため同勧告が公示された。

2011年10月28日付で全国旅行業協会から弁済業務保証金制度の認証申出について[リンク切れ]という公告が出され、官報(2011年11月15日発行 号外第245号 83頁)にも掲載された。

2012年2月9日に全国旅行業協会より「年会費未納に伴う退会勧告決議及び除名審議の公示[4][5]」が公告される。2007年に続き2度目である。

ツアーバス[編集]

2007年度からは横浜市の旅行代理店ジャパンイベントツアーズ(現:アリエル)と共同でツアーバスにも参入したが、運行に関する問題が相次いだことから、2010年までに全路線が撤退している。

アイリスライナー[編集]

2007年6月2日より東京駅八重洲口と鹿島神宮駅を結ぶツアーバス「アイリスライナー」の催行を開始した。競合する既存路線のかしま号(約75往復)の片道1,780円に対して1,400円の格安料金を謳った。しかし募集告知が実質的に自社ウェブサイトのみで告知期間も短かったことから利用客は伸びず、催行開始早々に中止が相次いだ。

また、募集途中で急遽鹿島サッカースタジアムへ行程を変更したことや、格安料金と謳いながらかしま号の回数券1回当りと遜色のない料金や、通常は半額となる小人に対しても大人料金を適用するなど、他のツアーバスと比較しても詰めの甘さが目立った。結果的に6月29日に再開したものの、最終的に催行されたのは同年6月2日の1往復と6月30日の一部の便のみで、7月2日をもって撤退が発表された。

なお、バス停車場所の潮来駅前は、催行前の告知では道の駅いたこだった。


  • 凡例 ○:乗車のみ取り扱い ●:降車のみ取り扱い ↓↑:通過
所在地 発着地名 宇宙通信
センター経由
クラブハウス
経由A
クラブハウス
経由B
備    考
東京

鹿島
東京

鹿島
東京

鹿島
東京

鹿島
東京

鹿島
東京

鹿島
東京都 千代田区 東京駅八重洲口 ヤンマーディーゼル前
茨城県 潮来市 潮来駅
神栖市 鹿島セントラルホテル ホテル本館側国道124号沿い
鹿嶋市 住友金属 住友金属正門脇
鹿島アントラーズクラブハウス
鹿島宇宙通信センター
鹿嶋郵便局前
鹿島バスターミナル 国道51号沿い
鹿島神宮駅 チケットセンター前
鹿島バスターミナル前 国道51号沿い
鹿嶋郵便局前
鹿島アントラーズクラブハウス
住友金属 住友金属正門脇
神栖市 鹿島セントラルホテル ホテル本館側国道124号沿い

ナイトバード大阪号[編集]

2007年12月3日にウェブサイト上で急遽発表されたツアーバス。3,400円の格安料金で東京と大阪を東名高速道路伊勢湾岸自動車道名阪国道経由で結ぶと謳った。しかしアイリスライナー同様、募集告知期間が短かった。

また当初から目白駅前のバス停車場所に関し警察とトラブルになっており、2008年1月12日の東京発の催行においてはそのトラブルを起因としてバスを手配できず、かつそれを実質唯一の販売窓口であった合同会社ジャパンイベントツアーズ側に知らせず放置したという営業事故を起こしている。

なおこの日以来、現在に至るまで募集・催行とも再開されておらず、同社公式ホームページ上からも記述が削除されていることから、事実上撤退したものとみられる。

  • 凡例 ○:乗車のみ取り扱い ●:降車のみ取り扱い ↓↑:通過
所在地 発着地名 直 行 有明
経由便
名古屋
経由便
昼特急
臨時便
備    考
目白

福島
目白

福島
目白

福島
目白

福島
目白

新大阪
東京都 豊島区 目白駅改札口前
江東区 東京国際展示場 コミックマーケット開催時のみ停車。
愛知県名古屋市 中区 金山駅
大阪府大阪市 淀川区 新大阪駅
中央区 JR難波駅
福島区 福島駅 改札口前→ローソン大阪福島7丁目店前

Voyager Express[編集]

2010年8月7日~8日に河口湖で開催される茅原実里の野外ライブ終了時刻に合わせ、河口湖~新宿間に片道2,500円の高速ツアーバスを運行すると発表した。しかしライブ主催者への連絡・許可を得ずに、ソーシャル・ネットワーク・サービスmixi」や他アーティストのライブ会場にて募集告知を行ったことから、同年7月30日にはライブ主催者より「ファンを狙った無許可営業のバスツアーにご注意ください」と通達される異例の事態となった[6][7]

これに対し、トラベルプランニングオフィス側は、mixiにて「今回のツアーを中止することで誰1人として得をしない」と反論して強行する姿勢を見せたが、申込者のキャンセルが相次いだことから、同年8月1日に正式に催行中止を発表した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]