輪島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
輪島駅
駅舎(1994年9月)
駅舎(1994年9月)
わじま
WAJIMA
能登市ノ瀬 (4.4km)
所在地 石川県輪島市河井町
所属事業者 のと鉄道
所属路線 七尾線(廃止時)
キロ程 53.5km(七尾起点)
電報略号 ワマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線*
乗車人員
-統計年度-
304人/日(降車客含まず)
-2000年-
開業年月日 1935年昭和10年)7月30日
廃止年月日 2001年平成13年)4月1日
備考 *廃止時点
路線廃止にともなう駅廃止
テンプレートを表示

輪島駅(わじまえき)は、石川県輪島市河井町にかつて存在したのと鉄道七尾線である。

2001年のと鉄道七尾線(穴水~輪島間)の廃止に伴い廃駅になった。廃止後駅跡は整備され、道の駅輪島「ふらっと訪夢」となった。のと鉄道転換後もみどりの窓口が設置されていたことが特筆される。

本項では、列車の運行されていた現役時を中心に記述する。現在の状況や画像については道の駅輪島を参照されたい。

駅構造[編集]

廃止直前のホーム

晩年には駅舎側のホーム1面と線路1線のみ使用していて、夜間滞泊も設定されていなかった。盛時にはホーム2面3線を有し、蒸気が運行されていた頃にはターンテーブルもあった[1]

歴史[編集]

利用状況[編集]

「石川県統計書」によると、廃止前までの1日平均乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1990年 455
1991年 491
1992年 494
1993年 464
1994年 439
1995年 343
1996年 376
1997年 323
1998年 307
1999年 298
2000年 304

その他[編集]

廃止前の駅名標
  • 使用されなくなったホームに立っていた駅名標の次駅の欄には、日本海を指す方向に「シベリア」と書かれており、駅の名物になっていた。現在は駅名標のレプリカが、上記道の駅内に設置された小さなホームにモニュメントとして置かれ、面影を偲ぶことができる。

隣の駅[編集]

のと鉄道
七尾線(廃線部分)
能登市ノ瀬駅 - 輪島駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 画像参照(懐想石川の鉄道 - 七尾線2
  2. ^ 寺田裕一『私鉄の廃線跡を歩くIII 北陸・上越・近畿編』、JTBパブリッシング、2008年、139頁。ISBN 978-4-533-07145-4

関連項目[編集]