輪島港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

輪島港(わじまこう)は、石川県輪島市河原田川河口に位置する港湾である。港湾管理者は地方港湾避難港に指定されている。

沿革[編集]

輪島港から見る能登半島と朝陽
輪島港周辺の空中写真。2010年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

中世には、廻船式目において三津七湊の七湊の一つに数えられ、近世からは北前船の寄港地として栄えた。日本海を航行する船舶にとって、能登半島沖は通過が困難な難所であり、能登半島の先端に近い輪島港は寄港地・避難港として適していた。

1951年(昭和26年)には避難港に指定された。1953年(昭和28年)から防波堤の建設が始まり、以後現在に至るまで、防波堤及び泊地の建設が続いている。

舳倉島への定期船が就航しており、1日1往復運航、片道1時間30分所要。 現在輪島港周辺を埋め立てて、輪島マリンタウンの建設が進んでいる。

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度24分4秒 東経136度54分15秒 / 北緯37.40111度 東経136.90417度 / 37.40111; 136.90417