能登市ノ瀬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
能登市ノ瀬駅
廃止後の駅舎(2005年10月9日撮影)
廃止後の駅舎(2005年10月9日撮影)
のといちのせ
NOTO-ICHINOSE
能登三井 (5.0km)
(4.4km) 輪島
所在地 石川県輪島市市ノ瀬町
所属事業者 のと鉄道
所属路線 七尾線(廃止時)
キロ程 49.1km(七尾起点)
電報略号 イセ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1935年昭和10年)7月30日
廃止年月日 2001年平成13年)4月1日
備考 路線廃止にともなう駅廃止
テンプレートを表示
廃止後、施設が残されていた頃の駅構内。輪島側を望む。(2005年(平成17年)10月9日撮影)

能登市ノ瀬駅(のといちのせえき)は、石川県輪島市市ノ瀬町にあったのと鉄道七尾線である。2001年(平成13年)、同線の穴水 - 輪島間の廃止に伴い廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点では1面1線のホームがあった。かつては列車交換可能駅だった。

駅周辺[編集]

当駅前に「市の瀬」バス停北鉄奥能登バス・穴水輪島線)が設置されているが、能登方面特急バス(輪島特急線、輪島和倉特急線)は停車しない。能登方面特急バスは当駅より南、石川県道1号七尾輪島線の市ノ瀬バイパス(現道)上に設置されている「市の瀬」バス停で乗降可能である。

歴史[編集]

駅跡[編集]

2005年(平成17年)頃には駅舎とホームがそのまま残っていた。ただし能登三井駅とは異なり駅名標は早期に外されていた。現在は施設が完全に撤去されているが、撤去時期は不明。

隣の駅[編集]

のと鉄道
七尾線(廃線部分)
能登三井駅 - 能登市ノ瀬駅 - 輪島駅

関連項目[編集]