松波駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松波駅
松波駅駅舎.JPG
松波駅全体
外見は現役時とほぼ変わらない 2007年6月9日
まつなみ
MATSUNAMI
九里川尻 (2.0km)
(1.8km) 恋路
所在地 石川県鳳珠郡能登町松波
所属事業者 のと鉄道
所属路線 のと鉄道能登線(廃止時)
キロ程 46.4km(穴水起点)
電報略号 マナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1963年(昭和38年)10月1日
廃止年月日 2005年(平成17年)4月1日
備考 路線廃止にともなう駅廃止
テンプレートを表示

松波駅(まつなみえき)は、石川県鳳珠郡能登町松波にあったのと鉄道能登線である。2005年、能登線の廃止により廃駅となった。かつての急行停車駅。

現在は、能登町のボランティアグループ民有『歴史文化』資産の保存活用を考える会によって改修され、奥能登トリビア蔵「松波城址情報館」として新たにオープンしている。

駅構造[編集]

  • 島式ホーム1面2線を持つ地上駅。側線1本(珠洲方面)。
  • コンクリート平屋建ての駅舎がある。
  • 直営駅である。
  • 隣の恋路駅はその駅名が縁起がいいとされ、入場券や乗車券のニーズがある。しかし営業当時から無人駅であったので、入場券などの販売は当駅で代わりに行っている。

駅周辺[編集]

旧内浦町の中心地である。

路線バス[編集]

西日本JRバスの路線バス(奥能登本線)が同駅前に「松波駅前」バス停を設け、運行していた。
しかし2002年3月31日をもって同社が撤退したのち、北陸鉄道グループの子会社の奥能登観光開発(現在の北鉄奥能登バス)が奥能登本線の運行を引き継ぎ、北陸鉄道グループの路線バスが乗り入れるようになった。
路線バスだけでなく、金沢金沢駅武蔵ヶ辻香林坊兼六園下)へ向かう特急バス(宇出津真脇特急線)も乗り入れるようになり、現在も運行されている。
のと鉄道能登線の廃止の2005年4月以降は「松波城址公園口」と改称した。
上記とは別に、当駅と珠洲道路駒渡ポケットパーク内の馬渡口(まわたりぐち)バス停に至る旧内浦町営バス(現・能登町営バス)も運行されている。


ホーム 左が1番のりば・上り 右が2番のりば・下り 07.6.9

歴史[編集]

隣の駅[編集]

のと鉄道
能登線
九里川尻駅 - 松波駅 - 恋路駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

能登線廃線後の各駅の今 - 松波駅