のと鉄道NT800形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のと鉄道NT800形気動車
NT800形気動車
NT800形気動車
主要諸元
編成 2両編成
車両定員 40(座)(801)
36(座)(802)
自重 27.5t(801)
27.6t(802)
全長 16,500 mm
全幅 2,827 mm
全高 3,940 mm
台車 インダイレクトマウント空気バネ台車
FU34DD・FU34DT
機関出力 250PS (PE6HT03)×1 / 両
駆動方式 液体式
テンプレートを表示

のと鉄道NT800形気動車(のとてつどうNT800がたきどうしゃ)は、のと鉄道に在籍した急行形気動車である。

概要[編集]

1988年能登線転換時に、急行のと恋路号」用として富士重工業で2両新製されたパノラマ気動車で、ディーゼルエンジンNT100形と同じくUDトラックス(旧:日産ディーゼル)製である。室内は床面より15cm高いハイデッカー仕様で、側窓にカーブドガラスを用い、車内デッキ寄りには海側に面してソファを配し、デッキ部には自動販売機(801)、トイレ(802)、サービスカウンター(802)を備えるなどハイグレードな車内設備を備えた。1編成2両しかないため、検査入場で運用から外れた際には「のと恋路号」はNT100形2両編成で運用された。

「のと恋路号」が2002年10月に廃止されたため定期運用を失い、団体列車用に用途変更されたが2003年7月18日休車となり、能登線の廃線に伴って2005年4月1日付で廃車となった。廃車後しばらくは七尾線能登中島駅の旧3番線に静態保存されていたが、2010年10月以降に穴水駅0番線に移され、NT100形127と共に保存されている[1]

能登中島駅に静態保存されていた当時のNT800形気動車

脚注[編集]

  1. ^ 【のと鉄道】穴水駅における保存車輌の現況 - 鉄道ホビダスRMニュース、2011年6月13日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]