有馬線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
National Railway Symbol of Japan.png 有馬線
有馬駅にて出発を待つ有馬線開業1番列車
有馬駅にて出発を待つ有馬線開業1番列車
概要
現況 休止
起終点 起点:三田駅
終点:有馬駅
駅数 5駅
運営
開業 1915年4月16日 (1915-04-16)
休止 1943年7月1日 (1943-7-1)
所有者 有馬鉄道→National Railway Symbol of Japan.png 鉄道院→鉄道省
運営者 National Railway Symbol of Japan.png 鉄道院→鉄道省
路線諸元
路線総延長 12.2 km (7.6 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
BHFq eABZq+r
0.0 三田駅 福知山線
exBHF
2.3 塩田駅
exBHF
4.4 新道場駅
exBHF
8.1 有馬口駅
exKBHFe
12.2 有馬駅
KHSTeq
有馬温泉駅
神戸有馬電気鉄道有馬線

有馬線(ありません)とは、かつて兵庫県有馬郡三輪町(現三田市)の三田駅から同郡有馬町(現神戸市北区)の有馬駅までを結んでいた日本の国有鉄道鉄道省)の鉄道路線である。1943年休止(実質は廃止)された。古くからの温泉街である有馬温泉に初めて乗り入れた鉄道である。

路線データ[ソースを編集]

運行状況[ソースを編集]

基本的に線内の折り返しで運転されていたが、1940年(昭和15年)のダイヤでは大阪駅から福知山線を通り三田駅から有馬線に乗り入れて有馬駅まで直通運転する列車が1往復運行されていた。下りは大阪17時19分発→有馬19時17分着、上りは有馬10時26分発→大阪12時18分着で、上下とも小浜駅発着の列車に大阪駅 - 三田駅間で併結されていた。

  • 1916年頃
    • 列車本数:全区間6往復
    • 所要時間:全区間35 - 40分
  • 1934年12月改正時
    • 列車本数:全区間7往復
    • 所要時間:全区間28 - 37分

歴史[ソースを編集]

福知山線及び有馬線が掲載されている「有馬郡全図」 出典:有馬郡誌

有馬線は、有馬鉄道によって建設された。もとは1907年に三田町-有田町間の軌道敷設特許状を有馬電気軌道発起人山脇延吉らが取得していたが実現できなかった。やがて1913年軽便鉄道として鉄道敷設免許を申請することになり1914年有馬鉄道に対し免許状が下付されることになった[1]1915年4月16日に開業と同時に鉄道院が借り上げ、国有鉄道線と同様の運営が行われた。1919年に正式に国有化され有馬軽便線となった[2]。なお、有馬線を手放した有馬鉄道の山脇延吉らは、神戸と有馬・三田を結ぶ鉄道事業に着手し、神戸有馬電気鉄道(現:神戸電鉄)を開業させた。

1928年、三田駅 - 唐櫃駅間(現在の有馬口駅)に神戸有馬電気鉄道の三田線が開業し、唐櫃で乗り換えが生じるものの、三田駅 - 有馬温泉駅間を頻繁運転で結ぶ(1934年12月当時は両線とも28分間隔で運行)ようになると、国鉄有馬線は競争上不利にならざるを得なかった。神戸有馬電気鉄道の有馬温泉駅が温泉街に近い場所に位置していたのに対し、国鉄の有馬駅は町外れに位置していたのも、国鉄有馬線には不利な条件であった。

1943年太平洋戦争が激しくなると、神戸有馬電気鉄道と並行していることや、温泉地への行楽路線であることもあって、不要不急路線として運行休止となり、鉄道施設等は撤去され、篠山で産出する製鉄用のマンガンなどの軍需物資輸送を目的に敷設が計画された、国鉄篠山線1972年廃止)に転用された。

その後運転が再開されることなく、事実上廃止のまま現在に至る。正式に廃止手続きがなされたという記録はなく、いつ廃止になったのか、または現在も休止線のままなのかは不明である。

年表[ソースを編集]

  • 1907年(明治40年)4月12日[3]:有馬電気軌道に対し軌道特許状下付(有馬郡三輪村ノ内高次村-同郡有馬町字峠堂間 動力電気 軌間1435mm)[4]
  • 1914年(大正3年)2月17日:有馬鉄道(発起人総代片岡直温)に対し鉄道免許状下付(有馬郡三田町-同郡有馬町間)[5]
  • 1914年大正3年)7月:有馬鉄道(代取山脇延吉)が設立[6][7]
  • 1915年(大正4年)4月16日:三田駅 - 有馬駅間(7.6M≒12.23km)が開業し、同時に鉄道院が借り上げ[8](借用料は1カ年2万3000円[9])。
  • 1919年(大正8年)3月31日:有馬鉄道が国有化され(買収価額38万4772円35銭、公債交付券額面43万4800円[10])、有馬軽便線になる[11]。有馬鉄道株式会社解散[12]
  • 1922年(大正11年)9月2日有馬線に改称(軽便鉄道法廃止による)。
  • 1930年昭和5年)4月1日:マイル表示からメートル表示に変更(7.6M→12.2km)。
  • 1943年(昭和18年)7月1日:全線休止(実態は廃止)。

駅一覧[ソースを編集]

有馬線開業後の三田駅、右側が福知山線、左側が有馬線

カッコ内は起点からの営業キロ。

三田駅 (0.0) - 塩田駅 (2.3) - 新道場駅 (4.4) - 有馬口駅 (8.1) - 有馬駅 (12.2)

接続路線[ソースを編集]

廃線跡の現状[ソースを編集]

三田駅から道場方面へ廃線跡が福知山線と並んで続いていたが、福知山線の複線化用地に転用されたほか、西宮市内の廃線跡は払下げののち生活道路や西宮北IC県道98号バイパスの建設に転用されている。 現在では神鉄道場駅から道場方向に向かった地点や、二郎駅付近から西宮北ICにかけての築堤、および、西宮市山口町中野から有馬駅跡(有馬病院付近)にかけて廃線跡が残っている。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ No.1「軽便鉄道敷設免許ノ件」『第十門・私設鉄道及軌道・三、軽便・有馬鉄道株式会社・買収・大正三年~大正十一年』
  2. ^ 有馬温泉に行く遊覧鉄道であるこの鉄道が買収されたことについて、巷間では寺内内閣であり同時期に買収された足尾鉄道には相談役として岡崎邦輔がおり、対して片岡直温の有馬鉄道も買収して釣り合いをとったのだといわれた。(清水啓次郎『私鉄物語』春秋社、1930年、283-284頁、アテネ書房により1993年復刻)
  3. ^ No.1「軽便鉄道敷設免許ノ件」56頁『第十門・私設鉄道及軌道・三、軽便・有馬鉄道株式会社・買収・大正三年~大正十一年』
  4. ^ 『鉄道院年報. 明治42年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1914年2月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第23回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 『神戸電鉄50年のあゆみ』1976年、5頁
  8. ^ 「鉄道院告示第28号」『官報』1915年4月15日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ No.13「運輸開始及鉄道貸渡ノ件」19頁『第十門・私設鉄道及軌道・三、軽便・有馬鉄道株式会社・買収・大正三年~大正十一年』
  10. ^ 「内閣告示第2号」『官報』1920年3月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ 「鉄道の買収」『鉄道院年報. 大正7年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ No.18「会社解散届」『第十門・私設鉄道及軌道・三、軽便・有馬鉄道株式会社・買収・大正三年~大正十一年』

参考文献[ソースを編集]

  • 宮脇俊三(編著) 『鉄道廃線跡を歩く』2、JTB、1996年
  • 神戸新聞総合出版センター 『ひょうご懐かしの鉄道 廃線ノスタルジー』、2005年ISBN 4-343-00322-1
  • 『第十門・私設鉄道及軌道・三、軽便・有馬鉄道株式会社・買収・大正三年~大正十一年』(国立公文書館デジタルアーカイブ で画像閲覧可)

関連項目[ソースを編集]