園部駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
園部駅
東口駅舎
東口駅舎
そのべ - Sonobe
吉富 (1.9km)
(4.0km) 船岡*
所在地 京都府南丹市園部町小山東町溝辺
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 E 山陰本線
(当駅より吉富方は嵯峨野線
キロ程 34.2km(京都起点)
電報略号 ソノ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
4,663人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1899年明治32年)8月15日
備考 直営駅
みどりの窓口
* この間に近畿統括本部福知山支社境界標あり(当駅から吉富寄りは近畿統括本部管内)
テンプレートを表示
西口駅舎(園部駅西口ステーションビル)
改札口
改札階とホーム階を結ぶエレベーターは扉が曲面になっている

園部駅(そのべえき)は、京都府南丹市園部町小山東町溝辺にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線。南丹市の代表駅である。

概要[編集]

京都駅から当駅まではアーバンネットワークエリアに入っており、嵯峨野線の愛称が付いている。案内上でも、当駅から京都方面は「嵯峨野線」、福知山方面は正式名称の「山陰本線」(または「山陰線」)と名称が区別されている。ただし当駅の駅掲示時刻表においては両方向とも「嵯峨野(山陰)線」と案内され、区別があいまいになっている。

以前は特急列車の多くが通過していたが、現在はすべての列車が停車するようになった。普通列車については当駅で折り返すか、当駅で列車番号が変更され増結・切り離しする場合が多い。嵯峨野線区間である京都駅 - 当駅間は完全複線化がなされたが、当駅から先は綾部駅まで単線である。

当駅までの嵯峨野線区間内は近畿統括本部(駅業務は京都支社)の管轄で、隣の船岡駅からは管轄が福知山支社に変わる(国道9号との交差付近に境界標が設置されている)。京都駅からのICOCA(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)の利用可能駅はここまでで、福知山方面はサービスエリア外で使えない。そのため、福知山方面行き列車内では当駅発車後、間違ってカード類を使用した乗客の確認と案内をするために車掌が車内改札を行うことが多い(ワンマン列車も含む)。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を持つ地上駅で、橋上駅舎を有する。このほか、構内には多数の留置線が敷設され、夜間滞泊がある。

直営駅亀岡駅被管理駅)で、みどりの窓口が設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 行先
1・2・3・4 E 嵯峨野線 亀岡京都方面
E 山陰本線 綾部福知山方面

上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

前述した通り、当駅で普通列車(快速含む)の運転系統が分断されるため、同一ホームで乗り換えられるようにダイヤが組まれている。そのため、発着番線は一定していない。嵯峨野線区間の複線化を反映した2010年3月13日のダイヤ改正により、この駅における列車運用も大幅に変更されており、日中は1番のりばと4番のりばに京都方面の快速・普通列車、2番のりばに京都方面の特急列車、3番のりばに福知山方面の特急・普通列車が入る運用となっている。

利用状況[編集]

2014年(平成26年)度の1日平均乗車人員は4,663人である。 1日の平均乗車人員は以下の通りである[2]

年度 1日平均
乗車人員
1999年 4,216
2000年 4,134
2001年 4,214
2002年 4,260
2003年 4,312
2004年 4,430
2005年 4,570
2006年 4,595
2007年 4,487
2008年 4,490
2009年 4,414
2010年 4,477
2011年 4,563
2012年 4,655
2013年 4,721
2014年 4,663

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
E 嵯峨野線・山陰本線
快速・普通
吉富駅 - 園部駅 - 船岡駅
※この駅を跨いで「快速」として運転される列車はなく、嵯峨野線内快速の列車は船岡方では各駅に停車し、船岡方で快速となる列車は嵯峨野線内では各駅に停車する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 園部 - フジテレビ『みんなの鉄道』、2014年4月15日閲覧
  2. ^ 出典:京都府統計書
  3. ^ 園部・美山周遊バス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]