吉富駅 (京都府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉富駅
駅舎(2007年8月)
駅舎(2007年8月)
よしとみ
Yoshitomi
八木 (4.1km)
(1.9km) 園部
所在地 京都府南丹市八木町木原ヒジカ坪16
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 E 山陰本線嵯峨野線
キロ程 32.3km(京都起点)
電報略号 ヨシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
529人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1935年昭和10年)7月20日
備考 無人駅(自動券売機 有)
テンプレートを表示

吉富駅(よしとみえき)は、京都府南丹市八木町木原ヒジカ坪にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。「嵯峨野線」の愛称区間に含まれている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。2009年3月に前後の区間が複線化されたことにより、分岐器絶対信号機を持たない停留所となった。駅舎は地元の郵便局との合築となっており、1番のりばに面している。反対側の2番のりばへは跨線橋で連絡している。

かつては現在地より踏切を挿んだ北側の園部寄りに1面1線の無人駅とホームが延びていた。その当時のホーム有効長は極端に短く、普通列車でも時間帯によっては通過する列車があった[1]。民営化後、行き違い設備を整備するために移転したのが現在の吉富駅の基になっている。

亀岡駅管理の無人駅である。SMART ICOCAクイックチャージに対応した自動券売機が設置されている。自動改札機は簡易式。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 E 嵯峨野線 上り 亀岡京都方面
2 下り 園部福知山方面

上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

2009年3月の複線化までは、駅舎側の1番線を上下本線とした一線スルーで、通過列車及び行違いを行わない停車列車は上下線とも1番線を通っていた。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
1999年 137
2000年 123
2001年 129
2002年 142
2003年 200
2004年 181
2005年 203
2006年 326
2007年 414
2008年 386
2009年 389
2010年 468
2011年 574
2012年 595
2013年 482
2014年 529

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
E 嵯峨野線(山陰本線)
快速・普通
八木駅 - 吉富駅 - 園部駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これは並河駅高津駅舞鶴線淵垣駅も同じであった

関連項目[編集]

外部リンク[編集]