いかりスーパーマーケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社いかりスーパーマーケット
IKARI SUPERMARKET CO., LTD.
いかりスーパー芦屋店
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
661-0002
兵庫県尼崎市塚口町1-15-8
設立 1967年10月27日
業種 小売業
事業内容 スーパーマーケットの経営
代表者 代表取締役社長 森山和夫
資本金 1億3915万円
売上高 334億円(2007年3月期)
決算期 3月期
外部リンク http://www.ikarisuper.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社いかりスーパーマーケットは、兵庫県尼崎市に本社を置く、スーパーマーケットを経営する企業である。近畿地方では高級スーパーの代名詞的な存在であり、大阪市地区、阪神地区、神戸市地区、北摂地区(主に阪急線沿線)を中心に展開している。

概要[編集]

  • 本社所在地:兵庫県尼崎市塚口町1-15-8 いかりビル
  • 資本金:1億3915万円
  • 売上高:334億円(2007年3月期)

沿革[編集]

  • 1953年 - 尼崎市内に「いかり堂」を開店(当時は洋菓子製造業)
  • 1961年 - 第1号店となる「いかりスーパーマーケット塚口店」が開店
  • 1967年 - (株)いかりスーパーマーケットを設立。
  • 1999年 - 宝塚第2物流センター開設
  • 2003年 - JR大阪店を開店
  • 2005年 - 首都圏に初進出(ecute大宮店;大宮駅エキュート内)、埼玉食品加工センター開設
  • 2008年 - いかり新横浜店を開店
  • 2009年 - ecute大宮店、いかり新横浜店を閉店

店舗[編集]

  • 本社機能のある塚口店を『本店』としている。
  • かつては、小規模の店に『Anchorlet』(”o”の部分が錨の形をしたいかりスーパーのシンボルマークをあしらっている)として出店していたが、甲陽園店のようにリニューアルでいかりスーパーとして店舗や、御影店など別の場所に『いかりスーパー』を移転させたりしたため、現在はJR芦屋店のみ。
  • 関連会社の株式会社楽粹が2010年12月に鳥取県智頭町智頭駅前)に「ikari RAKUSUI」を鳥取大丸智頭営業所跡地に開店している。
  • ジェイアール西日本デイリーサービスネットJR西日本大阪駅宝塚駅の駅構内に展開しているエキナカ商業施設エキマルシェの流通事業の「Deli Festa(デリフェスタ)supplied by ikari」は文字通りいかりスーパーマーケットが商品を供給している。

コロッケ偽装表示事件[編集]

いかりスーパーマーケットが自社工場で製造、販売していた冷凍コロッケが「和牛肉」使用と表面に記しながら、実際にはホルスタイン種の牛ミンチしか使っていなかったことが発覚、2007年8月10日農林水産省日本農林規格(JAS)法に基づき、いかりスーパーに対して表示の是正を指示した。2005年1月から2007年8月1日まで約107,000個が販売されたとされ、いかりスーパーは8月11日に事実を認めて謝罪した。[1]

関連会社[編集]

  • 株式会社ライクス(いかりライクス常盤店、いかりライクス修学院店)
  • 有楽調理食品株式会社(たぬき庵ブランド食品)
  • 楽粹株式会社(豆腐、揚げ類)
  • 株式会社グルメフーズ(中国料理レストラン愛蓮)
  • (株)イナブコトレーディング(輸入)
  • (株)イナブコ(メンテナンス)

脚注[編集]

  1. ^ コロッケで偽装表示 農水省が改善指導 - 朝日新聞(2007年8月10日)

外部リンク[編集]