近鉄バス松原営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

近鉄バス松原営業所(きんてつバスまつばらえいぎょうしょ)は大阪府松原市上田にある近鉄バスの営業所である。

最寄りの駅は河内松原駅で、バス停は松原車庫前(松原車庫前と駅前バス停は1つ先)。近鉄バスで唯一和泉ナンバーがつく。

概要[編集]

松原市、羽曳野市藤井寺市南部、堺市美原区東区)、富田林市など、主に近鉄南大阪線沿線をカバーする。戦前の大阪鉄道時代からの路線も一部存在するが、戦後のベッドタウン化により発展した路線が多い。羽曳野や美原などの新興住宅地は丘陵地にあり駅からも距離があるため、他の近鉄バスエリアよりも利用されている路線が多いといえる。

路線[編集]

羽曳野線[編集]

管内で一番利用客の多い路線である。藤井寺駅(南口)と古市駅から藤井寺市、羽曳野市内の住宅地や大学を結ぶ路線網である。これらは丘陵地であることもあり利用者が多い。ただ、藤井寺駅(南口)は前後の道が狭隘である上に、ロータリーがないため、基本的に藤ケ丘・野中方面から来たバスは野々上方面へ、野々上方面から来たバスは藤ケ丘・野中方面へ抜けるしかできないため、運行系統が時間帯によって変わるなど複雑になっている。なお、駅間輸送を除き、藤井寺駅前行きは野々上経由が60番、野中経由が70番に、古市駅前行きは 8番に統一されている。

四天王寺大学関係[編集]

  • 60・61番:藤井寺駅前 - 野々上 - 府立医療センター - 四天王寺大学
  • 70・71番:藤井寺駅前 - 藤ヶ丘 - 野中 - 府立医療センター - 四天王寺大学
  • 78番:藤井寺駅前 → 藤ヶ丘 → 野々上 → 府立医療センター → 四天王寺大学

羽曳が丘関係[編集]

住宅地内には鉄道駅が無く、最寄り駅も遠い為、利用客が非常に多く、管内で一番収益が多い。

  • 60・62番:藤井寺駅前 - 野々上 - 府立医療センター - 羽曳が丘五丁目 → 羽曳が丘八丁目 → 羽曳が丘西三丁目 → 羽曳が丘西二丁目 → 羽曳が丘五丁目 → 藤井寺駅前(循環)
  • 60・65番:藤井寺駅前 - 野々上 - 府立医療センター - 羽曳が丘五丁目 → 羽曳が丘西二丁目 → 羽曳が丘西三丁目 → 羽曳が丘八丁目 → 羽曳が丘五丁目 → 藤井寺駅前(循環)
  • 63番:藤井寺駅前 → 野々上 → 府立医療センター → 羽曳が丘五丁目 → 羽曳が丘西二丁目 → 羽曳が丘西三丁目
  • 66番:藤井寺駅前 → 野々上 → 府立医療センター → 羽曳が丘五丁目 → 羽曳が丘八丁目 → 羽曳が丘西二丁目 → 羽曳が丘西二丁目東
  • 70・72番:藤井寺駅前 - 野中 - 府立医療センター - 羽曳が丘五丁目 → 羽曳が丘八丁目 → 羽曳が丘西三丁目 → 羽曳が丘西二丁目 → 羽曳が丘五丁目 → 藤井寺駅前(循環)
  • 70・75番:藤井寺駅前 - 野中 - 府立医療センター - 羽曳が丘五丁目 → 羽曳が丘西二丁目 → 羽曳が丘西三丁目 → 羽曳が丘八丁目 → 羽曳が丘五丁目 → 藤井寺駅前(循環)
  • 73番:藤井寺駅前 → 野中 → 府立医療センター → 羽曳が丘五丁目 → 羽曳が丘西二丁目 → 羽曳が丘西三丁目
  • 81・8番:古市駅前 - 軽里三丁目 - 府立医療センター - 羽曳ヶ丘五丁目 - 羽曳が丘西二丁目 - 羽曳が丘西五丁目
  • 87・8番:古市駅前 - 軽里三丁目 - 大阪府立大学羽曳野キャンパス

駅間輸送関係[編集]

  • 64番:藤井寺駅前 - 野々上 - 軽里三丁目 - 古市駅前
  • 74番:藤井寺駅前 - 藤ヶ丘 - 野中 - 古市駅前
  • 77番:藤井寺駅前 - 藤ヶ丘 - 羽曳野市役所前 - 古市駅前

桃山台関係[編集]

  • 60・83番:藤井寺駅前 - 野々上 - 桃山台二丁目 - 学園前五丁目
  • 70・84番:藤井寺駅前 - 野中 - 桃山台二丁目 - 学園前五丁目
  • 85・8番:古市駅前 - 軽里三丁目 - 桃山台二丁目 - 学園前五丁目

桃山台二丁目には霊友会の支部があるため、臨時便が運行されることもある。2014年6月2日より桃山台二丁目から学園前五丁目まで延伸された([1])。

「千日まいり」時の運行について[編集]

毎年8月9日は、葛井寺の千日まいりが行われるため、昼間時以降、藤井寺一番街から藤井寺駅前交番付近が車両通行止めとなる。このため、通常藤井寺駅(南口)発着の系統は運行不可能となり、この時間帯は藤井寺駅(北口)のロータリーが臨時発着場となる。この場合、府道12号を東に走り小山交差点を南下、近鉄南大阪線の踏切を越え、通常ルートを走ることになる(藤ヶ丘および野中経由の場合)。この時、堺大和高田線内にある2つの停留所(北岡、藤井寺市役所前)は通過する。またこれにより、春日丘団地前を通るルートが確保できなくなるため、大阪女子短大前、御陵前、藤井寺南住宅前の3停留所は運休し、これに伴い、60番台、83番系統は運休することになる。なお、平成25年より規模が縮小されたため、一般車の乗り入れのみ規制され、バスの運行は通常通りとなった。

丹比線[編集]

丹比線(74系統)の小型バス
  • 74番:河内松原駅前 - 恵我ノ荘駅前 - 埴生 - 西多治井 - 平尾
  • 73番:平尾→西多治井→埴生→西大塚中→河内松原駅前(休日のみ運行、中環経由)
  • 32番:平尾→西多治井→埴生→恵我ノ荘駅前(朝のみの運行)
  • 31番:恵我ノ荘駅前→西大塚中→西多治井→平尾(朝のみ運行)

一部に極端な狭隘路があるため、車両は中型車を使用、夜間は小型車も使われる。朝は通勤ラッシュの超満員で、昼間時も住宅街輸送路線の為、それなりの乗客がいる。なお、方向幕がLEDの車両(主に日野・ポンチョが使用される)は「74 平尾」と片側のみの表記である。朝は恵我ノ荘駅前発着となり(駅から中環経由の循環経路で平尾へ向かう)、それ以外は河内松原発着となる。2007年3月22日より、恵我ノ荘駅前停留所(上り方面のみ)が南へ約120mに移設された。これにより、近鉄南大阪線踏切を渡る事無く大阪阿部野橋方面ホームへ行くことが可能になり、利便性が向上した。

松原線(さつき野系統)[編集]

  • 46番:河内松原駅前 - 新堂町 - 今井 - 美原区役所前 - 平尾道 - さつき野東

美原区と松原市を最速で結ぶ路線。さつき野へ乗り入れた路線では最も歴史がある。国道309号経由で運行されているが、河内松原駅にロータリーが完成するまでは、河内松原駅前行きは中央環状線経由で運行されていた。一時期は観光バスを転用した車両が使われたこともある。なお、広国神社前 - 美原区役所前間は南海バス(47系統・美原区役所 - 初芝駅前)と並行するが、運賃は同調しておらずこの区間においては南海バスのほうが安い。

松原線(余部系統)[編集]

  • 04番:河内松原駅前→岡北口→岡→立部住宅前→河内松原駅前(循環、土曜1便のみ)
  • 10番:河内松原駅前 - 岡北口 - 岡 - 下黒山 - 平尾道
  • 12番:河内松原駅前 - 新堂町 - 岡 - 下黒山 - 平尾道 - 余部
  • 13番:河内松原駅前 - 岡北口 - 岡 - 下黒山 - 平尾道 - 余部
  • 14番:河内松原駅前 - 岡北口 - 岡 - 下黒山
  • 16番:河内松原駅前 - 新堂町 - 岡 - 下黒山 - 平尾道

松原市内の短距離系統と、美原区内を結ぶ路線からなる。美原区内の終点はいくつかあるが、基本は余部(あまべ)まで行く系統である。余部は農芸高校前にあり、南海ウィングバス金岡の初芝平尾線と一部並行する。04番は夕方以降に運行されていたが2016年10月7日のダイヤ変更で土曜1便のみとなった。

北野田線[編集]

  • 44番:富田林駅前 - 木材団地 - 平尾 - 菅生 - 北野田駅
  • 43・40番:富田林駅前 - 木材団地 - 平尾 - 平尾西 - 菅生 - 北野田駅前
  • 47番:北野田駅前 - 菅生 - 平尾 - 平尾西 - さつき野東
  • 48番:北野田駅前 - 菅生 - 平尾 - 美原区役所前 - 平尾西 - さつき野東
  • 41番:富田林駅前 - 木材団地 - 平尾 - 平尾西 - 今井 - 新堂町 - 河内松原駅前

南海高野線の北野田駅へ乗り入れる路線。現在、近鉄バスの一般路線で南海の駅前へ発着するのは北野田駅のみである(かつては堺東駅にも乗り入れていた)。古くからあるのは、40 - 44番で、かつてはほかにも枝系統があった。47番と48番は、旧美原町が堺市へ編入されたのを機に堺市からの要望で開設されたものである。

北野田線(多治井系統)[編集]

北野田駅前で発車を待つ北野田線多治井系統
  • 39番:北野田駅前 - 東区役所前 - 北余部北 - 多治井北/大保 - 西多治井(南海バスと共同運行)
  • 37番:多治井北→大保→北余部北→東区役所前→北野田駅前
  • 38番:北野田駅前→東区役所前→北余部北→多治井北→大保

堺市からの要望により、東区および美原区の路線空白地を結ぶ新路線として2006年9月25日に開設された。南海バスと共同運行で、両社共通の当路線用定期券・回数券も発売されている。なお、各社で発行するカード回数券はそれぞれの会社でのみ使用可能。

休廃止および過去の運行路線[編集]

堺線[編集]

  • 50番:堺東駅前 - (ノンストップ) - 布忍 - 河内松原駅前 - 藤井寺駅 - 土師ノ里 - 国分駅前
  • 51番:河内松原駅前 - 藤井寺駅 - 土師ノ里 - 国分駅前

堺市の中心部から柏原市の国分駅まで運行していた。しかし、近鉄南大阪線と並行しており、かつ道路渋滞に巻き込まれやすかったため、1990年代に運行を取りやめた。なお、堺東駅〜河内松原駅間には南海バス布忍線(23系統:堺駅 - 河内松原駅前)があるため、堺東駅 - 布忍間はノンストップになっていた。また、当路線は八尾営業所も担当していた。

松原線[編集]

  • 13番:平野駅前 - 喜連 - 地下鉄喜連瓜破 - 高野大橋 - 松原市役所前 - 河内松原駅前
  • 15番:地下鉄喜連瓜破 - 高野大橋 - 松原市役所前 - 河内松原駅前

大阪市内から河内松原まで運行していた。尚、近鉄バスの瓜破(北行)バス停は、大阪市営バスでいうと高野大橋バス停の位置、近鉄バスの高野大橋バス停は、大阪市営バスでいうと瓜破南バス停の位置であった。

松原線(余部系統)[編集]

  • 11番:平野駅前 - 喜連 - 地下鉄喜連瓜破 - 高野大橋 - 松原市役所前 - 新堂町 - 岡 - 下黒山 - 平尾道 - 余部
  • 01・02番:河内松原駅前 - 岡北口 - 岡(2016年10月7日廃止)

01・02番は2016年10月7日ダイヤ変更で余部発着便に吸収される形で廃止。

大堀線[編集]

  • 20番:平野駅前 - 平野元町六丁目 - 亀井 - 地下鉄出戸 - 大堀 - 三宅 - 松原市役所前 - 河内松原駅前 - 松原車庫前
  • 23番:河内天美駅前 - 三宅 - 大堀(2017年3月31日休止)
  • 24番:河内天美駅前 - 松原市役所前 - 河内松原駅前 - 松原車庫前(2008年12月20日休止)
  • 26番:地下鉄出戸 - 大堀 - 三宅 - 松原市役所前 - 河内松原駅前 - 松原車庫前
  • 28番:河内天美駅前 - 三宅 - 大堀 - 地下鉄出戸(2008年12月20日休止)

高鷲系統[編集]

  • 91番:高鷲駅前 - 二度ヶ池 - 河原城/羽曳山住宅前 - 桃山台二丁目(循環、土曜1便のみ)

高鷲駅の整備完成に伴い昼間時を中心に開設されたが、利用が少なかったため土曜1便のみの運行となった。2017年4月1日から運行の取りやめた[1]

富田林線[編集]

  • 85・86番:喜志駅東口 - 古市駅筋(2008年12月20日休止)

もとは八尾営業所の担当であった。路線名称の通り、もとは富田林駅まで運行されていた。

富田林線(さつき野系統)[編集]

  • 96番:喜志駅前 - 梅の里住宅西 - さつき野センター北

もともと八尾営業所の担当であった。2014年現在は八尾の担当に戻っている。

コミュニティバス[編集]

みはらふれあい号[編集]

  • 北ルート:総合福祉会館→美原区役所→真福寺→太井→農芸高校前→美原区役所→総合福祉会館
  • 東ルート:総合福祉会館→美原区役所→東多治井→さつき野センター北→美原区役所→総合福祉会館

2000年に運行を開始した無料運行のコミュニティバス。旧美原町時代の開設だが、堺市への編入後も他区のコミュニティバスとは異なる運行形態が継続されていた。他に、西と南の2ルートがあるが、これらは南海バスが運行していた。2013年6月末廃止。

松原ぐるりん号[編集]

  • 東ルート

松原市役所→田井城2丁目→明治橋病院前→三宅土地改良区前→別所公民館前→別所8丁目→恵我小学校前→大堀5丁目→深居神社前→小川5丁目→一津屋橋→一津屋運動広場→府営一津屋住宅前→一津屋郵便局前→西大塚1丁目→ゆめニティプラザ東→ふるさとぴぁプラザ前→府営上田住宅前→柴垣神社南→柴垣2丁目西→柴垣2丁目東→立部5丁目→丹南3丁目→寺下病院前→市民運動広場→総合福祉会館前→松原市役所

  • 西ルート

松原市役所→高見の里3丁目→東新町5丁目→青少年会館→阪南大グラウンド前→新町南公園前→阪南中央病院西→新町郵便局前→天美我堂1丁目→天美我堂3丁目→天美我堂5丁目→天美南6丁目→天美西2丁目→天美西3丁目→大和川西運動広場→城蓮寺雇用促進住宅前→阪南大学前→デイサービスセンター前→松原徳洲会病院前→三宅新池西→三宅新池交差点→阿保2丁目交差点東→松ヶ丘2丁目→松原市役所

  • 南北ルート
    • 丹南・西大塚方面

松原市役所→総合福祉会館→市民運動広場前→丹南5丁目→丹南3丁目南→府営立部住宅前→中環立部2丁目→大塚青少年運動広場→西大塚2丁目→大塚古墳前→西大塚1丁目→ゆめニティプラザ東→ふるさとぴぁプラザ前→府営上田住宅前→柴垣神社南→岡3丁目→府営岡住宅北→河合公園前→阪南大学高校東→高見の里駅前→松原市役所

    • 天美・布忍方面

松原市役所→田井城2丁目→明治橋病院前→三宅中→天美北2丁目→城連寺雇用促進住宅前→天美北3丁目→大和川西運動広場西→老人センター天美荘北→天美南5丁目→天美南4丁目→向井公民館→高見自転車置場西→高見の里駅前→松原市役所

    • 恵我・三宅方面

松原市役所→田井城2丁目→阿保2丁目交差点東→阿保5丁目→松ヶ丘3丁目→別所西→別所2丁目→老人センター恵寿苑→大堀5丁目→若林→恵我小学校→別所公民館→三宅公民館→三宅新池→三宅中→三宅新池交差点→松原市役所

松原市の自家用バスを使用した循環バス。松原営業所が運行を受託していた。運賃は無料である。(松原市公共施設循環バス)委託先がエムケイ観光バス株式会社大阪営業所に変わったことにより撤退。

その他[編集]

車両[編集]

分社化以降、近鉄バスは日野製に加えていすゞ製バスも導入するようになった。現在はいすゞ製OEM車やジェイ・バスの統合車種も導入されている。大型車は近鉄バスでは以前は11m級(P、Q、R尺)を多く入れていたが、現在このクラスを新車で入れるのは羽曳が丘の住宅地・学生輸送を抱える松原営業所だけになり、他の営業所は10m級(L尺)の車両を主力としている。一方で狭隘路が多いため、羽曳野線とさつき野系統を除く路線では中型車か小型車が用いられる。 運賃箱はサクサ(旧・田村電機)製を使用していたが、ICカード導入により小田原機器製となった。なお、冒頭に記載の通り、唯一和泉ナンバーを付けるため、他の営業所との転属があると必ずナンバープレートが付け替えられることになる(なお、1992年までは大阪ナンバーを付けていたため、京都営業所との転属でない限り起きなかった)。また、2017年12月には日野ブルーリボンハイブリッド車(2SG-HL2ANBP)が1台導入された。

大型バスの新車は羽曳が丘系統へ優先的に回され、一つ前の型はさつき野系統へ回されていたが(羽曳が丘系統は現在ブルーリボンIIでの運行だが、さつき野系統はブルーリボンシティ)、2018年1月現在、2017年12月に導入されたブルーリボンハイブリッド車を含め、さつき野系統でも新型車が運用されている。

注釈[編集]

外部リンク[編集]