近鉄グループホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近鉄グループホールディングス株式会社
Kintetsu Group Holdings Co., Ltd.
ロゴ
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9041
大証1部(廃止) 9041
2013年7月12日上場廃止
名証1部 9041
略称 近鉄
本社所在地 日本の旗 日本
543-8585
大阪府大阪市天王寺区上本町六丁目1番55号
設立 1944年昭和19年)6月1日
近畿日本鉄道株式会社
業種 陸運業
法人番号 6120001023131
事業内容 近鉄グループの統括
代表者 代表取締役社長 吉田昌功
代表取締役会長 小林哲也
資本金 1,264億76百万円
2016年3月31日現在)
売上高 連結1兆2,179億95百万円
(2016年3月期)
純資産 連結3,496億68百万円
(2016年3月31日現在)
総資産 連結1兆9,309億6百万円
(2016年3月31日現在)
従業員数 連結29,048人
(2016年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 4.47%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 3.82%
日本生命保険相互会社 2.45%
株式会社三菱東京UFJ銀行 1.91%
STATE STREET BANK WEST CLIENT - TREATY 505234 1.37%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口7) 1.36%
三菱UFJ信託銀行株式会社 1.19%
(2016年3月31日現在)
主要子会社 近鉄グループを参照
関係する人物 金森又一郎
岩下清周
種田虎雄
佐伯勇
#近鉄に関連する人物の節も参照
外部リンク http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/
特記事項:2015年4月1日に「近鉄グループホールディングス株式会社」と「近畿日本鉄道分割準備株式会社」を軸とした分割再編を行った。
テンプレートを表示

近鉄グループホールディングス株式会社(きんてつグループホールディングス、英文社名:Kintetsu Group Holdings Co., Ltd.)は、大手私鉄である近畿日本鉄道・旅行会社である近畿日本ツーリストなどを中核とする近鉄グループ持株会社である。

概要[編集]

2015年4月1日付けで近畿日本鉄道を近鉄グループホールディングスに社名変更した上で、鉄軌道事業を近畿日本鉄道分割準備[1]に、不動産事業を近鉄不動産に、ホテル・旅館事業を近鉄ホテルシステムズ(同日付で近鉄・都ホテルズに社名変更)、流通事業を近鉄リテーリングにそれぞれ吸収分割し、持株会社制に移行し誕生した純粋持株会社である。

沿革[編集]

近鉄のシンボル・あべのハルカス
近鉄のシンボル・あべのハルカス

グループ経営事業[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同日付で近畿日本鉄道分割準備は(新)近畿日本鉄道に社名変更

関連項目[編集]

外部リンク[編集]