近畿日本ツーリスト神奈川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社 近畿日本ツーリスト神奈川
Kinki Nippon Tourist Kanagawa Co., Ltd
近畿日本ツーリスト 看板.jpg
Sotetsu KS Building 03 ver.jpg
本社のある相鉄KSビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 KNT神奈川
本社所在地 日本の旗 日本
220-0004
横浜市西区北幸1丁目11-5
設立 1967年(昭和42年)5月6日
業種 サービス業
法人番号 4020001023564
事業内容 旅行業
代表者 取締役社長 仲章弘
資本金 1億円
従業員数 80名
主要株主 KNT-CTホールディングス株式会社 100%
外部リンク http://www.knt-kanagawa.jp/
特記事項:2010年12月20日に相鉄観光株式会社から商号変更
登録番号: 観光庁長官登録旅行業第149号
テンプレートを表示
二俣川駅旅行センター(横浜市旭区)
二俣川駅旅行センター(横浜市旭区)
三ツ境駅旅行センター(横浜市瀬谷区)
三ツ境駅旅行センター(横浜市瀬谷区)

株式会社近畿日本ツーリスト神奈川(きんきにっぽんツーリストかながわ)は、神奈川県横浜市西区に本社を置く日本の旅行会社で、近畿日本ツーリストグループの一社である。

相鉄グループ相鉄観光株式会社(そうてつかんこう)として設立されたが、初代の近畿日本ツーリスト(現:KNT-CTホールディングス)への株式譲渡を経て、社名の変更が行われている。

概要[編集]

1967年5月、相模鉄道(現:相鉄ホールディングス)の旅行部門として、相鉄観光株式会社の社名で設立された。相模鉄道が株式の100%を保有する完全子会社であった。

相鉄グループの再編に伴い、2004年12月に初代の近畿日本ツーリスト(現:KNT-CTホールディングス)が発行済み株式の90.0%を取得し、子会社化した[1]。近畿日本ツーリストは神奈川県中央部において店舗数が少なく、同地区を営業基盤とする相鉄観光を子会社化することにより、神奈川県での営業力の強化を図る目的があった。

近畿日本ツーリストの傘下となってからも社名は当初そのままであったが、2010年12月の完全子会社化と同時に現在の商号へ変更された[2]

個人向け店頭販売や団体旅行のほか、主催旅行として日帰りバスツアーを得意としているのが特徴である。

沿革[編集]

  • 1967年(昭和42年)5月6日 - 相鉄観光株式会社として設立。
    • この商号は元は相模鉄道の別の子会社が使用していたが、同年5月2日に商号を変更して相鉄自動車株式会社になった。
  • 2004年(平成16年)12月24日 - 近畿日本ツーリスト(初代・旧会社)が発行済み株式の90.0%を取得し子会社化。
  • 2010年(平成22年)12月20日 - 株式会社近畿日本ツーリスト神奈川に商号変更。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]