在阪民放ラジオ局京都中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯34度58分57秒 東経135度47分14秒 / 北緯34.98250度 東経135.78722度 / 34.98250; 135.78722 在阪民放ラジオ局京都中継局(ざいはんみんぽうらじおきょくきょうとちゅうけいきょく)は、京都府京都市東山区にあるラジオ中継局である。

概要[編集]

在阪民放AMラジオ局である毎日放送MBS)・朝日放送ラジオ(ABCラジオ)・大阪放送(ラジオ大阪・OBC)が、中継局を置いており京都市内周辺に電波を発射している。京都方面への難聴対策のため初の中継局として1997年4月1日に3社共同で運用を開始した[1]

佐伯ラジオ中継局設置時に大分放送NHK大分放送局で共同開発された、3波共用3重給電の技術が使用されている。

京都放送(KBS京都)ラジオについては京都放送久御山ラジオ送信所を参照。

送信施設の概要[編集]

中継局は京都市東山区今熊野総山町に設置されている。なお、中継局が設置される前は旧国鉄の京都無線中継局があった。

放送局名 周波数 空中線電力 放送対象地域 放送区域内世帯数 備考
朝日放送ラジオ(ABCラジオ) 1008kHz[2] 300W[2][3][4] 京都府 約-万世帯 周波数は大阪本局と同じ
OBCのみAMステレオ放送実施。
毎日放送MBSラジオ 1179kHz[3]
大阪放送(OBC、ラジオ大阪) 1314kHz[4]

脚注[編集]

  1. ^ ラジオ大阪開局60周年|ラジオ大阪の歩み - 2017年11月29日閲覧
  2. ^ a b 無線局免許状等情報 朝日放送株式会社 - 2017年11月29日閲覧
  3. ^ a b 無線局免許状等情報 株式会社毎日放送 - 2017年11月29日閲覧
  4. ^ a b 無線局免許状等情報 大阪放送株式会社 - 2017年11月29日閲覧
  5. ^ OBCを含め当中継局設置時よりAMステレオを実施していた。
  6. ^ 1日の基点=放送曜日上の切り替えの時間に放送する開始アナウンスや月曜日朝のオープニング・日曜深夜のクロージング。