アイネックス (技術プロダクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝日放送グループホールディングス > アイネックス (技術プロダクション)
株式会社アイネックス
i-NEX+
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
553-0003
大阪府大阪市福島区福島2丁目4-3
ABCアネックス4F
設立 1992年(平成4年)4月1日
(ABCビデオサービスとして設立)
業種 情報・通信業
法人番号 8120001061798 ウィキデータを編集
事業内容 情報・通信業
代表者

代表取締役会長 吉田貞樹

代表取締役社長 松井伸
資本金 3,000万円
売上高 22億6900万円(2020年3月期)
純利益 4546万円
(2021年03月31日時点)[1]
総資産 9億4543万6000円
(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 216名(2021年5月現在)
主要株主 朝日放送グループホールディングス株式会社
外部リンク http://www.i-nex.jp/
特記事項:2004年(平成16年)7月株式会社アンツと対等合併(存続会社は株式会社エー・ビー・シービデオサービス)、社名を株式会社アイネックスとする
テンプレートを表示

株式会社アイネックス: i-NEX+)は、テレビラジオ番組の制作技術、編集技術MACG制作、CS放送局スカイ・エーの放送素材編集・送出マスター業務を行う総合技術プロダクションである。朝日放送グループホールディングス連結子会社1992年(平成4年)4月1日設立。

沿革[編集]

  • 1992年4月 - 株式会社エー・ビー・シービデオサービス設立。
  • 2004年4月 - 特定派遣業務開始。
  • 2004年7月 - 株式会社アンツと合併、社名を株式会社アイネックスに変更。
  • 2006年11月 - デジタルコンテンツ系一部業務を株式会社デジアサに移管。
  • 2007年4月 - 株式会社榊原テレビ機配の業務を移管し、制作技術部門を設立。
  • 2018年4月 - 朝日放送グループホールディングス株式会社の連結子会社化。
  • 2019年9月 - 朝日放送テレビ制作技術オペレーション部門業務委託化。
  • 2021年1月 - カガミの技術部門を事業譲受。

所在地[編集]

取引先会社[編集]

主な番組作品[編集]

(特に記述がない場合はABC、太字内は現在放映中の番組、無印内は業務全体、「技」内は制作・中継技術のみ、E内はENG技術のみ、※内は編集のみ、M内はMAのみ、C内はCGのみ)

テレビ番組[編集]

ニュース・情報[編集]

スポーツ[編集]

バラエティ・クイズ・音楽[編集]

ラジオ番組[編集]

CM・VP[編集]

CM
VP

脚注[編集]

[脚注の使い方]