教えて!ニュースライブ 正義のミカタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
教えて!ニュースライブ 正義のミカタ
Asahi Broadcasting Corporation headquarter.JPG
生放送が行われている大阪市のABCテレビ本社
ジャンル ニュース情報番組
演出 渡辺文人(チーフD)
出演者 東野幸治
加藤明子(朝日放送テレビアナウンサー) 他 #現在を参照
オープニングone chance
ジャニーズWEST
エンディング 「Spark」
VOYZ BOY
製作
プロデューサー 上野晴弘・矢野政臣・矢島大介(共に朝日放送テレビ)
制作 朝日放送テレビ(ABCテレビ)
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2014年4月5日 -
放送時間土曜 9:30[注 1] - 11:00
放送分90分
公式サイト

特記事項:
2018年3月31日までの制作局は、認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、朝日放送。
テンプレートを表示

教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(おしえて ニュースライブ せいぎのミカタ)は、朝日放送テレビ(ABCテレビ)[注 2]で2014年4月5日から放送されているニュース情報番組である。

概要[編集]

朝日放送は、2014年上半期番組編成にて、土曜午前の放送枠での再放送枠を撤退して『見知らぬ関西新発見!みしらん』終了以来、半年振りに新規番組として生放送で新たなニュース情報バラエティ番組を新設する事を発表した[1]

番組MCにはお笑いタレントの東野を起用した[2][3]。東野がニュースを扱う番組のメインキャスターを担当するのは、朝日放送は初と銘打っているが[3]、『2時ワクッ!』(関西テレビ)以来、9年3ヶ月振りとなった。

番組構成は、「正義の味方がニュースに悩むあなたを救う」というコンセプトの下に、政治経済スポーツ芸能などの話題に関する「ミカタ(見方)」を、「正義の味方」と称する専門家が解説を交えながら紹介する[注 3]。番組のタイトルにちなんで、番組宣伝広告には赤いマフラーを首に巻いた姿で登場しており[4]、番組初期は「正義の味方(コメンテーター)」も着座している雛壇と同じ色の物を身に付けていた。後に着用しなくなったが、年末スペシャル時のニュースプレゼン企画での商品として金のマフラーを贈呈している[5]

また、番組開始当初は視聴者からニュースに関して知りたいことや、「正義の味方」に調べて欲しいことを番組Webサイト上で募り、「出動!〜のミカタ[注 4]」というロケ企画に反映させたうえで、「正義の味方」からテーマに見合ったメンバーがロケ先に赴くVTR企画が存在した。

後に番組構成の見直しで、ロケコーナー機会は減ったが、番組開始時から出演しているほんこんと中間は専門家と現場取材に赴く事があった。また、ほんこんはこの番組に出演し、前述のロケ企画で在韓日本国大使館慰安婦像設置状況と徴用工訴訟問題事を契機に能動的に勉学した上で、当該番組で番組ディレクターと2019年2月米朝首脳会談の現地取材に行った際、日本の大手メディアの殆どが参加出来なかったドナルド・トランプアメリカ合衆国大統領の単独会見に参加する事となった[6]。2021年4月から、当該番組の公式Twitterアカウントは開始したが、この出来事以前からほんこんの国内・国際情勢に対しての見識や主張をほんこん個人のTwitterアカウントでツイートしてたこともあり、Twitterでの視聴者トレンドで話題になっていた事で[7]、ほんこんはニュース関連の著作を出版する迄となった。

その後、朝日放送のキー局に当たるテレビ朝日の2017年10月改編にて『題名のない音楽会』の放送枠移動を発表したが、別の放送枠での編成の為、同時ネット局への影響は無い[注 5]

関西地区での視聴率[編集]

番組開始当初は視聴率が3 - 4%台(ビデオリサーチ調べ、関西地区・世帯・リアルタイム、以下略)と『あさパラ!』と『せやねん!・第1部』に苦戦していたが[注 6]、2014年秋頃になると徐々に上昇するようになり、2014年12月27日には6.2%を記録した[注 7]

さらに2015年に入ると6%台をキープするようになり、同年7月4日放送分では7.9%と番組最高視聴率を記録した[注 8]。以降、当該番組の数字は7%台後半から8%台で安定的に稼ぐようになった[12]

しかし、後年に2020年からビデオリサーチ視聴率調査方法が変更されて、世帯視聴率よりも個人視聴率を重きを置いた方法となり、朝日放送局舎内のエレベーターに掲示されている視聴率結果ポスターにて、特にF・M1層の視聴率が1%も満たないことが判明したため、後述の2021年4月からテコ入れとして出演者のリニューアルが図られた[13]

出演者[編集]

2020年4月11日の緊急事態宣言以降、同年5月29日の放送まで、出演者の間移動自粛のため、東京居住の東野、ほんこん、中間と専門家は朝日放送東京支社が入居する、港区浜松町の「日本生命浜松町クレアタワー」の会議室から出演していた[注 9]。コメンテーターは、緊急事態宣言直前の同年4月4日からスタジオでの三密を防ぐため、雛壇を廃止し、翌週以降から出演者の東阪間の移動自粛以後、大阪在住のオール巨人以外出演していなかったが6月27日放送分から復活。同局は翌2021年の再宣言以後、演者に対しての東阪間移動自粛対応は行っていない。

現在は、コメンテーターは雛壇で着席しているが、特に同列では横の間隔を大きく空けて座っている。また、パネリストもそれまでは全員が同一テーブルで横一列で座っていたが、テーブルは個別とし、コメンテーターのように二列で間隔をずらして座っている(ただし段差はなくフラット)。さらに、それまで東野と並んで立っていたアシスタントの加藤も同様にスタジオでの三密を防ぐため、スタジオ内のセットとは別の場所で単独で映るようになった。

現在[編集]

キャスター[編集]

アシスタント[編集]

正義の味方(コメンテーター)[編集]

レギュラー(毎週出演)
その他の正義の味方(その週のテーマにより出演。下記以外のコメンテーターが出演することも多い)

パネリスト[編集]

2021年4月24日放送分以後、東京居住の週替わりレギュラーの出演は殆ど無くなった
レギュラー
週替りレギュラー
ゲスト

ナレーター[編集]

イラスト[編集]

番組では「画伯」と紹介。

過去[編集]

アシスタント[編集]

記者・論説委員[編集]

スタジオ進行[編集]

正義の味方(コメンテーター)[編集]

パネリスト[編集]

週替りレギュラー

スタッフ[編集]

2021年4月3日時点

現在[編集]

  • 構成:上室尚子、杉本つよし、沢野緑、上地茂晴、崔益成・上野大輔(共に以前はリサーチ)
  • ブレーン:亜蘭澄子
  • CAM:知花裕樹、手塚西都子、香月崇志、岩井笙汰、西良美和・吉岡利晃(共に以前はSW)、中本徹(SWの回あり)、高階一行、松木涼介、川崎拓真、藤本智也、當房尚子(SWの回あり)、竹島忠寛、勝木俊雄、小倉起一、細川貴史、中谷祐喜、名河内莉央、松岡俊樹【週替り】/世古章次、橋本健一、高橋慧美、薬師孝征、長野允那、高橋紀之、山本久、川崎圭一郎、鵜沼都、松本譲二、錦戸浩司、中西哲夫
  • SW:下村剛司(以前はVE)、芝田幸司(以前はCAM)、波田純一(以前はVE)【週替り】
  • MIX:久野純、清水俊孝、牛越大輔、滝川殻、山下真由、山本耕之【週替り】/田中直橘、西森大記、大山祐馬、岩橋貞成、井上典子
  • LD:相澤裕一、高原大裕、濱名紘輔、重園裕治【週替り】/安本雅司、岡崎麻衣
  • VE:丸尾恵介、波田純一、高橋明鈴、宇佐美貴士(以前はSW)、板谷諒介【週替り】/谷口廣司、瀧晃一、岡田光司(岡田→以前はSW)、細川圭吾、鹿島友樹
  • EED:松元篤史、塩川剛【毎週】、更井えりな、吉見直樹、宇根風太、酒井廉、坂上莉奈、岡村瞳【週替り】/もたい英輔、西本武史
  • SE:片岡幸司
  • MA:今中順也、武中寛【週替り】/小野慎也、福山裕貴
  • 美術:口井雅弘(朝日放送テレビ)
  • CG:木村卓、竹内淳
  • 協力:関西東通東通Infinity、SOUND-K、P-CUBE、一歩本舗、クラッチ.ウォークオン【毎週】、ハートス、たかぎし製作所、ライズ・アップ、遊写、BUDDY、BAX、パブリックイメージ、Google【週替り】
  • 美術協力:有限会社まいど、グリーン・アート、アイネックス、インターナショナルクリエイティブ、新光企画、ビーム、東京衣装、京阪商会、襷
  • 映像提供:テレビ朝日
  • 編成:横田瑠衣(朝日放送テレビ)
  • PR:山中奈奈美(朝日放送テレビ)
  • デスク:田村圭(朝日放送テレビ)
  • AP:鈴木美絵(SMITE PICTURES)
  • FD:押切星也・三瀬刀麻(クラッチ.、三瀬→以前はAD)
  • TK:森田弘美
  • AD:永岡万寿美(一歩本舗)、小谷真由(ウォークオン)、高原修一
  • ディレクター:石田琢真・香月クリストフ光・比屋根り子(朝日放送テレビ)【毎週】、北田浩平、倉本朝治(遊写)、松本剛樹(BUDDY)、高岸丈朗(たかぎし製作所)、光岡麦(BAX)、竹原岳志(パブリックイメージ)【週替り】
  • チーフディレクター:渡辺文人(朝日放送テレビ)
  • プロデューサー:上野晴弘・矢野政臣(矢野→以前はディレクター►演出)・矢島大介(共に朝日放送テレビ)
  • 制作著作:朝日放送テレビ(ABCテレビ)

過去[編集]

  • SW:小西剛生
  • CAM:森裕喜
  • MIX:佐藤雄亮、神田雅之
  • LD:遠山昇
  • EED:笠井拓郎、足立広輔
  • MA:武田寛
  • 協力:キューマン、パワーステージ、パワーステーション
  • 美術協力:思巧堂
  • 編成:石田誠(朝日放送〈当時〉)、石橋義史(朝日放送テレビ)
  • 番組宣伝:朝比奈紀子(朝日放送テレビ)
  • PR:衣川淳子(朝日放送テレビ)
  • FD:稲子太輔(クラッチ.→キューマン)
  • AD:國友千愛、寺田優子、中林美里、川野郁弥(哉)、大窄勇輝、川内優介、西村俊一郎、田中詩音
  • ディレクター:山田拓・白石和也・土井長慶宗・中田陽子・近藤祐子(共に朝日放送〈当時〉)、矢内達也・近藤武尊・好川狩夢・藤本能範・中川翔子(共に朝日放送テレビ)、松本繁男(クラッチ.)、佐伯圭右(ハレバレ)
  • チーフディレクター:佐藤将太(朝日放送テレビ)
  • 演出:芝聡(朝日放送〈当時〉)、砂野信(AZITO)
  • プロデューサー:熊田容子・小川隆弘・西尾理志(共に朝日放送〈当時〉)、竹島和彦・幡谷和久(共に朝日放送テレビ)

放送時間[編集]

  • 土曜 9:30 - 11:00 - 2014年4月5日 -

ネット局[編集]

現在[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 放送開始日 ネット状況 備考
近畿広域圏 朝日放送テレビ テレビ朝日系列 土曜 9:30 - 11:00 2014年4月5日 制作局 [注 2]
石川県 北陸朝日放送 2016年4月2日 同時ネット [注 27]
中京広域圏 メ〜テレ 2016年4月9日 [注 28]

過去[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 放送期間 ネット状況 備考
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列 土曜日 9:30 - 11:00 2018年4月7日 - 2020年9月26日 同時ネット [注 29]
大分県 大分朝日放送 2019年4月6日 - 2020年12月26日
広島県 広島ホームテレビ 2018年10月6日 [注 30]
北海道 北海道テレビ 2021年12月25日・2022年1月8日 [17][注 31]

特別編成での対応[編集]

スペシャル[編集]

いずれも通常放送の枠を後拡大して放送している。

  • 2015年7月4日、「日本に迫る“最悪のシナリオ”」2時間スペシャル」
出演者:東野、斉藤、藤井、宮崎、岡田、石平、朴、高橋、高橋、桧山、駒井、ほんこん、海原ともこ、 ゲスト:鳥越俊太郎上西小百合
  • 2015年12月26日、『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ【2016年どうなる?日本の大迷惑SP】』3時間15分(9:30 - 11:45[注 35]、12:00 - 13:00[注 36]
出演者:東野、乾、藤井、宮崎、岡田、石平、朴、辺、高、高橋、豊島、伊藤、高橋、桧山、駒井、東、ほんこん、海原ともこ、ジャニーズWEST(中間・濱田)、 ゲスト:鳥越
  • 2016年12月24日、『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ 世界“お騒がせ王”決定戦2016』3時間15分(9:30 - 11:45[注 35][注 37]、12:00 - 13:00)
  • 2017年12月23日、『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ これを言わずに年が越せるか!専門家の“隠し玉”大放出SP』3時間15分(9:30 - 11:45[注 35][注 37]、12:00 - 13:00)
出演者:東野、加藤、藤井、宮崎、高橋洋一、石平、小原、朴、辺、高橋和夫、堀田、桧山、駒井、田山、ほんこん、海原ともこ、中間、 ゲスト:舛添要一
  • 2018年12月22日、『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ 平成最後のニュース祭り!万国“危ない”博覧会SP』3時間15分(9:30 - 11:45[注 35][注 37]、12:00 - 13:00)
出演者:東野、加藤、藤井、宮崎、高橋洋一、モーリー、石平、福島、小原、朴、辺、高橋和夫、田山、ほんこん、海原ともこ、桧山、中間
出演者:東野、加藤、藤井、宮崎、高橋洋一、石平、朴、辺、中村、泉、安田峰俊、山田敏弘、ソーブル、高橋和夫、武井、ほんこん、海原ともこ、桧山、中間
出演者:東野、加藤、藤井、宮崎、高橋洋一、ソーブル、近藤、中村、高橋和夫、木村、小原、朴、辺、ゆきぽよ、ほんこん、海原ともこ、桧山、中間

放送倫理・番組向上機構での紛争[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2014年4月に限り、編成上は現行と同じく9:30開始ではあったが、実際には9:29に放送開始となっていた。
  2. ^ a b 2018年3月31日までは、認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、朝日放送。
  3. ^ 番組開始当時から初期の期間は、取り上げる話題によっては、朝日新聞大阪本社所属の論説委員や記者が解説をしていた
  4. ^ 「〜」の内容は週替わり
  5. ^ 当該番組の放送枠がローカルセールス枠の為[8][9]
  6. ^ 例:2014年5月31日放送分の視聴率は4.4%であった[10]
  7. ^ 「せやねん!・第1部」は5.5%。
  8. ^ 裏番組の『せやねん!・第1部』は7.8%、『あさパラ』は8.0%。[11]
  9. ^ 宮崎は東京居住だが準キー他局の番組にレギュラー出演している関係で、6月末時点単身赴任状態で大阪に仮住まいをしていたため朝日放送本社のスタジオ出演。
  10. ^ 2015年10月17日放送分から出演休止、その後、復帰。
  11. ^ 2017年4月以降隔週出演から以後、毎週出演。
  12. ^ コンサートツアーで休演時はジャニーズ事務所の先輩タレントが、別仕事の場合は2021年4月以後は、番組開始当時の様に中間以外のジャニーズWESTメンバーが代役で出演の場合あり。
  13. ^ 2021年7月16日に乃木坂46を卒業。
  14. ^ 2019年6月に発覚したお笑い芸人による闇営業問題以降、降板していたが、2020年10月3日放送分から復帰。
  15. ^ 2015年春の改編で『おはようコールABC』に月 - 金曜通して出演するようになったため降板。
  16. ^ 2017年10月より産休に入るため降板。
  17. ^ 2016年時点で退職し、国際基督教大学客員教授、カーネギー国際平和財団客員研究員。
  18. ^ 吉田の出演は朝日放送テレビのスタジオでは無く、朝日新聞大阪本社のニュースセンターからの中継である。
  19. ^ 2016年時点で岡山総局医療記者
  20. ^ 東野が東京居住のため、大阪のスタジオ受けと番組進行役
  21. ^ 当該番組のテコ入れ状況と自身が執筆活動に注力する為、同局と継続的に交渉を行った結果、2021年8月末での降板で調整したが、自身の所属会社から「9月末の契約なので」と言及された為、9月迄出演
  22. ^ 2015年3月より5月まで産休により休演。2016年4月より隔週出演したが、弁護士業務の懲戒処分後の番組休演後、実質降板。
  23. ^ 2015年2月1日日本時間5:03にISILによって後藤が殺害されたとみられる動画がインターネット上に公開された。
  24. ^ 2021年10月30日放送分にて扱った、東野もファンであるオリックス・バファローズ2021年シーズン制覇要因を解説する解説者として出演
  25. ^ 2019年5月25日放送分にて、羽田空港NH985便伊丹空港行きが離陸前のオイル漏れトラブルの欠航で2便遅れで大阪に到着したたため、番組終了10分前にスタジオ入りの遅刻をした[16]
  26. ^ 大谷翔平2021 MLBオールスターゲーム出場とその前夜祭興行のホームランダービーの解説で野球解説者の扱いで右側の雛壇に登場
  27. ^ 2017年10月7日は『題名のない音楽会』(テレビ朝日制作)を枠移動後初回まで同時ネット堅持のため、臨時非ネット。毎年7月の高校野球石川大会中継期間中は臨時非ネットとする場合がある。
  28. ^ 2015年12月26日(この日は枠拡大のSPを放送)に臨時ネットの実績あり。
  29. ^ 2018年3月24日までは9:30 - 11:25に自社制作番組『土曜もアサデス。』を放送していた。2018年4月7日から同番組終了後の後枠扱いとして、本番組を番販ネットを開始し、『題名のない音楽会』を2017年10月改編の時点で後日の遅れネットとしていたが、本番組の従前のネット局と同様の同日遅れネットに移行。同時ネットが開始された2018年4月7日の放送開始冒頭で、画面右下に『福岡・佐賀(九州朝日放送の放送対象地域はあくまで福岡県のみである)の皆さん、宜しくお願いします。』とテロップ表示された。放送終了日は番組内での告知はなく、テレビ欄に「(終)」の表示もなかった。
  30. ^ 単発放送
  31. ^ イチモニ!・土曜日』が年末年始で休止した関係で臨時ネット。
  32. ^ 雨天中止時および休養日と重なった日も別番組で対応するため休止
  33. ^ 通常、同大会は同業他局である毎日放送GAORAがテレビ中継する。
  34. ^ 試合中止時向けの雨傘番組としても放送休止。
  35. ^ a b c d e f 11:45 - 12:00は『ANNニュース』のため一旦中断。
  36. ^ 当時、朝日放送のみの放送だったが、この放送回は、メ〜テレにも臨時フルネットされた。
  37. ^ a b c d e ネット受け局では通常終了時刻である11:00で飛び降り。
  38. ^ 当初、朝日放送のみの放送だったが、この放送回は、メ〜テレは臨時フルネット。
  39. ^ ただし、出演の見合わせは当該の件で結論した訳では無く、事前に朝日放送(当時)と協議した結果との事と発表している。また、申立て後、BPOでは2016年1月時点で審議されていない
  40. ^ 以後、同番組で大阪維新の会公明党大阪府本部との協定書決裂による、鞍替え大阪ダブル選挙である2019年大阪府知事選挙2019年大阪市長選挙を扱った、2019年3月9日放送分では都構想賛成、反対の立場の人間を並べ、時間配分で発言させる措置を取った

出典[編集]

  1. ^ “東野幸治、ニュースキャスター初挑戦!“味方”に元阪神の桧山氏ら”. サンケイスポーツ. (2014年3月10日). https://www.sanspo.com/geino/news/20140310/owa14031011410003-n1.html 2021年4月1日閲覧。 
  2. ^ “東野幸治、キャスターデビュー スッキリ加藤に「ご指導仰ぎたい」”. ORICON NEWS. (2014年4月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2036076/full/ 2021年4月1日閲覧。 
  3. ^ a b 東野幸治がニュースキャスターに初挑戦! 関西朝の“正義のミカタ”に!?”. ウォーカープラス(ザテレビジョン) (2014年3月10日). 2020年11月30日閲覧。
  4. ^ 2014春 ABC「正義のミカタ」”. 広告会社ライトハンド (2014年4月5日). 2014年4月5日閲覧。
  5. ^ kimuramoriyoのツイート(1342717954488614918)
  6. ^ “ほんこん、米朝会談のトランプ会見突撃「会場沸かへん」とレポート トレンド1位に”. デイリースポーツ. (2019年3月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/02/0012110459.shtml 2019年3月2日閲覧。 
  7. ^ “東野、ほんこんがABC「正義のミカタ」を語る! “パヨク”とたたかれ、ほんこん「右でも左でもない!」”. 産経新聞大阪本社. (2019年7月15日). https://www.sankei.com/article/20190715-RLUTXCUDXVKFRBIQDZM7EV3UKY/ 2019年7月15日閲覧。 
  8. ^ “東山紀之、10月からキャスター初挑戦 テレ朝・日曜朝に生番組新設”. ORICON NEWS. (2017年7月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2093463/full/ 2021年4月1日閲覧。 
  9. ^ 各局放送スケジュール 題名のない音楽会”. テレビ朝日 (2021年4月1日). 2021年5月1日閲覧。
  10. ^ “「ハイヒール」牙城に「トミーズ」「東野」が追撃の“仁義なき戦い”…在阪3局・土曜朝生ワイド“10年戦争”ますます激化”. 産経新聞大阪本社. (2015年4月12日). http://www.sankei.com/west/news/140607/wst1406070073-n1.html 2015年4月12日閲覧。 
  11. ^ “橋下氏を出さなかった理由は? ポスト櫻井翔にWEST中間…ABC「正義のミカタ」上昇の舞台裏”. 産経新聞大阪本社. (2015年7月13日). https://www.sankei.com/article/20150713-DUZR36XQSZJ7DMP6G62PH5GIDY/ 2015年7月13日閲覧。 
  12. ^ 毎週土曜日は生放送で二本立て”. 桧山進次郎オフィシャルサイト 檜舞台 (2019年10月5日). 2021年4月1日閲覧。
  13. ^ ABCラジオ【東野幸治のホンモノラジオ】#5(2021年4月30日) - YouTube
  14. ^ “東野幸治謝罪 鷲見アナを生放送で気遣ったつもりが完全裏目 「本当に何も知らなかったんです」”. スポーツニッポン. (2021年5月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/05/22/kiji/20210522s00041000239000c.html 2021年5月22日閲覧。 
  15. ^ abc_mikataのツイート(1454209167665680385)
  16. ^ 武井壮 飛行機トラブルで大阪の生放送に残り7分で到着 ギャラは「時間割で」”. デイリースポーツ (2019年5月25日). 2019年5月25日閲覧。
  17. ^ HTB_kouhouのツイート(1479607146539290624)
  18. ^ “「熱闘甲子園」再編成未定…ABC中継枠は通常番組”. 日刊スポーツ. (2020年5月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005200000769.html 2020年5月25日閲覧。 
  19. ^ “ABC テレビ&ラジオで「甲子園高校野球交流試合」を生中継”. デイリースポーツ. (2020年7月1日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/07/01/0013472089.shtml 2020年7月25日閲覧。 
  20. ^ “世界は「キツメのヤバイ」国ばかり…専門家が大予測 26日ABC「正義のミカタ」年末SP”. スポーツニッポン. (2020年12月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/24/kiji/20201225s00041000033000c.html 2020年12月25日閲覧。 
  21. ^ 藤井教授、橋下維新のメール暴露に批判”. デイリースポーツ (2015年10月18日). 2016年1月18日閲覧。
  22. ^ ABC「正義のミカタ」をBPO申し立て 奈良-沖縄連帯委”. 琉球新報 (2016年1月16日). 2016年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

朝日放送→朝日放送テレビ 土曜 9:30 - 10:00
前番組 番組名 次番組
LIFE〜夢のカタチ〜
【90分繰り下げて継続】
教えて!ニュースライブ 正義のミカタ
(2014年4月5日 - )
-
朝日放送→朝日放送テレビ 土曜 10:00 - 11:00
再放送枠
※10:00 - 11:35
教えて!ニュースライブ 正義のミカタ
(2014年4月5日 - )
-