KCN京都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KCN京都
基本情報
略称 KCN京都
系列 {{{系列}}}
センター所在地
〒619-0237
京都府相楽郡精華町光台七丁目11番地
デジタル放送上位事業者 {{{デジタル放送上位配信事業者}}}
開局年月日 1993年6月18日
エリア内地方自治体
4 市(政令指定都市を除く)
1 町
配信チャンネル数
地デジ自主放送 ()
ラジオ放送 7 Ch
通信サービス種別
公式ホームページ
トップページ
テンプレートを表示
株式会社KCN京都
Kintetsu Cable Network Kyoto Corporation
種類 株式会社
本社所在地 619-0237
京都府相楽郡精華町光台七丁目11番地
設立 1992年(平成4年)4月8日
業種 情報・通信業
法人番号 3130001036671
事業内容 ケーブルテレビ事業、インターネット事業 他
代表者 代表取締役社長 小林千彰
資本金 2億円
従業員数 18名
主要株主 近鉄ケーブルネットワーク(63.50%)、近畿日本鉄道(17.50%)、関西電力(5.00%)、大阪瓦斯(5.00%)、南都銀行(3.25%)、京都銀行(3.25%)、西日本電信電話(2.50%) 他
外部リンク http://www.kcn-kyoto.jp/
テンプレートを表示

株式会社KCN京都は、京都府相楽郡精華町に本社がある近鉄グループケーブルテレビ局である。2007年8月1日近鉄ケーブルネットワーク京都支店とキネットが経営統合し、キネットから社名変更して再スタートした。

本社所在地[編集]

  • 京都府相楽郡精華町光台七丁目11番地

略歴[編集]

キネットとKCN京都支社の経営統合について[編集]

キネットは、それまで木津川市精華町のいわゆる「関西文化学術研究都市」をサービスエリアとしていたが、京田辺市に事業を拡大する計画があったことから、それまで業務提携(かつ筆頭株主)の関係にあった近鉄ケーブルネットワークと経営を一体化して、合理的な経営を進めることが、地域情報発信にも合理的であるとして、KCN京都支社をKCN本体から分離・独立したうえでキネットと経営統合し、また広く京都府南部エリアにおけるKCNブランドを浸透することを念頭に、KCN京都に名称を変更したものである[1]

なお「キネット」の名称は「関西文化学術研究都市の情報発信局」の意味の英語「Kansai Scienece City Information Network」の頭文字の一部からとったものである(アーカイブサイト参照)。

サービスエリア[編集]

KCN京都/本社・キネット局(旧キネット)[編集]

KCN京都/宇治・城陽局(旧近鉄ケーブルネットワーク京都支店)[編集]

主な放送チャンネル[編集]

テレビ局[編集]

系列局別[編集]

NHK-G NHK-E NNN/NNS ANN JNN TXN FNN/FNS JAITS
NHK京都 NHK大阪 読売テレビ ABCテレビ MBSテレビ テレビ大阪 関西テレビ 奈良テレビ
KBS京都
サンテレビ

チャンネル別[編集]

アナログ デジタル 放送局
D01(D011) NHK京都総合
D02(D021) NHK大阪教育
D03(D031)  サンテレビ
D04(D041) 毎日放送
D05(D051) KBS京都
D06(D061) 朝日放送
D07(D071) テレビ大阪
D08(D081) 関西テレビ
D09(D091) 奈良テレビ
D10(D101) よみうりテレビ
D11(D111)  KCN京都ファミリーチャンネル
C271(D112) ショップチャンネル
B101 NHKBS1
B102 NHKBS2
B103 NHKBSプレミアム
  B141〜143 BS日テレ
  B151〜153 BS朝日
  B161〜163 BS-TBS
  B171〜173 BSジャパン
  B181〜183 BSフジ
56 B191〜193 WOWOW
  B200 スター・チャンネルBS
B211 BS11デジタル
B222 TwellV
33 C016 ウェザーニューズ
C051 KBS WORLD
C122 ムービープラスHD
C123 LaLa TV HD
C124 スーパー!ドラマTV HD
C125 日本映画専門チャンネルHD
C126 アジアドラマチックTV★HD
C127 衛星劇場HD
C132 J SPORTS 4 HD
C133 ザ・シネマHD
C134 ヒストリーチャンネルHD
C135 チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた HD
C136 テレ朝チャンネル1HD
C137 フジテレビNEXT HD
C158 J SPORTS 3 HD
C159 時代劇専門チャンネルHD
C166 日テレジータス HD
C167 ゴルフネットワークHD
C168 J SPORTS 1 HD
C169 J SPORTS 2 HD
C210 J sports ESPN
21 C211 スカイ・A sports+
23 C212 GAORA SPORTS
  C213 J sports 1
  C214 J sports 2
  C215 J sports 4
43 C217 ゴルフネットワーク
  C218 日テレジータス
26 C220 ムービープラス
  C221 日本映画専門チャンネル
35 C222 チャンネルNECO
  C225 東映チャンネル
51 C226 衛星劇場
60 C227 スター・チャンネルCS
  C228 スター・チャンネルCSプラス
  C229 スター・チャンネルCSクラシック
  C230 ファミリー劇場
27 C231 スーパー!ドラマTV
  C232 AXN
  C234 時代劇専門チャンネル
  C235 LaLa TV
  C236 アニマルプラネット
C239 ディズニー・チャンネル
48 C241 アニマックス
37 C242 キッズステーション
C243 ディズニーXD
55 C250 CNNj
32 C251 日経CNBC
C254 TBSニュースバード
  C255 ヒストリーチャンネル
31 C256 ディスカバリーチャンネル
34 C258 テレ朝チャンネル2
41 C261 MUSIC ON! TV
22 C262 スペースシャワーTV
  C263 MTV
C264 歌謡ポップスチャンネル
  C270 囲碁・将棋チャンネル
15 C272 QVC
19 C274 放送大学テレビ[2]
  C275 大人の趣味と生活向上◆アクトオンTV
C276 釣りビジョン
  C281 フジテレビTWO
  C282 フジテレビONE
  C285 グリーンチャンネルEAST
  C286 グリーンチャンネルWEST
  C290 プレイボーイチャンネル
  C291 チャンネル・ルビー
  C292 レインボーチャンネル
  • NHK京都総合はアナログ1chで再送信されるが、NHK総合は近畿2府4県内でアナログ2chが定着していたためNHK京都総合をアナログ2chに並び替える世帯も少なくなかった。
  • 地上デジタル放送はパススルー方式のため、地上デジタル対応テレビまたはチューナであれば視聴可能
  • サンテレビの地上デジタル放送は、2011年4月4日より再送信を開始している。
  • デジタルTVは日本デジタル配信を使用している。

ラジオ局[編集]

アナログ(MHz) デジタル 放送局
79.5 C019[3] 放送大学FM
80.2   FM802
81.0   Kiss-FM KOBE
82.0   NHK大阪FM
82.8   NHK京都FM
85.1   FM OSAKA
85.9   α-station
  • B333でWINJが放送されていたが、放送終了と同時に再送信が終了した。

KCN京都ファミリーチャンネル(地デジ11ch)の主な自主制作番組[編集]

  • myけいはんな

その他[編集]

近鉄ケーブルネットワークグループの各ケーブルテレビ局(テレビ岸和田除く)では「Kブロードフォン」という独自のIP電話を提供している。ただし緊急電話などに対応していない場合があるため、詳細は近鉄ケーブルネットワーク#特記事項を参照。

緊急電話へ通話可能な電話サービスとして、「ケーブルプラス電話」(KDDIと提携)や「ケーブルライン光電話」(ソフトバンクテレコムと提携)も提供している[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 近鉄ケーブルネットワーク(KCN)グループの京都府南部地域の事業計画・展開について(近鉄ケーブルネットワーク2007年5月30日のリリース)
  2. ^ 2010年10月にBS放送を開始・2011年4月完全移行したが、周波数領域の関係で引き続きCS領域で配信。かつ標準画質放送のためマルチチャンネル放送非対応
  3. ^ セットトップボックスから設置したテレビでの「PCM放送」のみ
  4. ^ 電話”. KCN京都. 2016年2月29日閲覧。

外部リンク[編集]