ケーブルテレビ向けCS放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ケーブルテレビ向けCS放送(ケーブルテレビむけシーエスほうそう)とは都市型ケーブルテレビで、地上波の他に衛星放送も配信している。

概要[編集]

かつてはBSのみだったが、1989年頃からCS放送を始めるようになった。

このCS放送は「通信サービス」といわれ、スタート時はケーブルテレビや集合住宅など、団体受信のみの契約だった。その後1992年頃から一般視聴者に向けた放送も「スカイポートTV」(スーパーバード利用)と「CSバーン」(JC-SAT利用)で行われるようになったが、後にデジタル放送(スカパー!)の開始でアナログによる配信・放送が無くなった。大半の放送は現在のスカパー!でも見ることが出来る。

チャンネル表[編集]

スーパーバードB号(スカイポート通信サービス)[編集]

故障でスーパーバードが長期間運用不能だった際、一時的にチャンネルことにJC-SAT1号と2号で代替したことがある。

テレビ放送に付属している特別放送[編集]

  • 3ch データ放送&独立音声 お天気チャンネルWX24 現:ウェザーニュース
  • 4ch 独立音声 ラジオフランスインターナショナル

JCSAT-2号(CSバーン通信サービス)[編集]

その他[編集]

また、チャンネル不明な放送として、以下のチャンネルがある。

スカイポート系[編集]

  • LET's TRY(生活情報 ホームチャンネル開局後、チャンネル番号変更後)

CSバーン系[編集]

関連項目[編集]