西大阪高速鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西大阪高速鉄道株式会社
Nishiosaka Railway Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
553-8553
大阪府大阪市福島区海老江一丁目1番24号
阪神星光ビル 2階[1]
北緯34度41分43.22秒 東経135度28分30.75秒 / 北緯34.6953389度 東経135.4752083度 / 34.6953389; 135.4752083座標: 北緯34度41分43.22秒 東経135度28分30.75秒 / 北緯34.6953389度 東経135.4752083度 / 34.6953389; 135.4752083
設立 2001年7月10日
業種 陸運業
法人番号 2120001099217
事業内容 第三種鉄道事業
代表者 代表取締役社長 佐々木 浩[1]
資本金 17,799,700千円
(2017年3月31日現在)[2]
売上高 1,505,354千円(2017年3月期)[2]
営業利益 210,931(2017年3月期)[2]
経常利益 △234,713千円(2017年3月期)[2]
純利益 △236,723千円(2017年3月期)[2]
純資産 14,843,259千円
(2017年3月31日現在)[2]
総資産 34,809,222千円
(2017年3月31日現在)[2]
決算期 3月31日
主要株主 阪神電気鉄道 31.7%
大阪市 29.0%
大阪府 14.5%
日本政策投資銀行 7.2%
三井住友銀行 2.4%
大阪ガス 2.3%
関西電力 2.0%
近畿日本鉄道 1.3%
外部リンク http://www.nishiosaka-railway.co.jp/
テンプレートを表示

西大阪高速鉄道株式会社(にしおおさかこうそくてつどう)は、阪神なんば線西九条駅から近鉄難波線大阪難波駅(旧近鉄難波駅)までの延伸区間の建設・保有を行う阪神電気鉄道大阪市などが出資する第三セクター会社である。本社は大阪府大阪市福島区海老江一丁目1番24号阪神星光ビル(阪神電鉄本社内)にある。なお、直通運転相手の近畿日本鉄道からも少額ではあるが出資を受けている。

同区間の建設は西大阪高速鉄道が行い、完成後は西大阪高速鉄道が第三種鉄道事業者として施設を保有し、阪神電気鉄道が第二種鉄道事業者として路線を運営している。開業に際して既設区間の尼崎駅 - 西九条駅間も含めて「阪神なんば線」と改称された。

2009年3月20日に開業し、近鉄奈良線と阪神なんば線の相互直通運転が開始された。これにより阪神間から奈良方面へ観光や通勤・通学に出かける足もより便利になり、またプロ野球オリックス・バファローズ本拠地であり阪神タイガースも準本拠地としている大阪ドームへの交通アクセスも改善された。

歴史[編集]

  • 2001年(平成13年)7月10日 - 設立。
  • 2001年(平成13年)9月18日 - 大阪府・大阪市が増資、第三セクターとなる。
  • 2009年(平成21年)3月20日 - 阪神なんば線開業。

路線[編集]

設置駅等は路線記事を参照。

  • 阪神なんば線 西九条駅 - 大阪難波駅 営業距離3.8km(建設距離3.4km)

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 西大阪延伸線 -会社概要-
  2. ^ a b c d e f g 第16期決算公告、2017年(平成29年)6月8日付「官報」(号外第121号)60頁。

外部リンク[編集]