国道九四フェリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道九四フェリー
KOKUDO KYUSHI FERRY
三崎港に入港中のニュー豊予2
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
879-2201
大分県大分市大字佐賀関字太田750番69
設立 1968年2月1日
業種 海運業
事業内容 海運業、食堂・売店の経営、損害保険代理業
代表者 三輪年(代表取締役社長)
資本金 4億8,000万円
従業員数 100名
主要株主 近畿日本鉄道(88.5%)[1]
外部リンク http://www.koku94.jp/
特記事項:出典:公式サイトの「会社概要」(2014年3月3日閲覧)
テンプレートを表示

国道九四フェリー株式会社(こくどうきゅうしフェリー[注 1]、英:KOKUDO KYUSHI FERRY)は、大分県大分市大字佐賀関に本社を置く日本の海運会社である。

概要[編集]

愛媛県西宇和郡伊方町三崎港から大分県大分市の佐賀関港に至る国道197号海上区間を成すフェリー航路を運営している。

現在は近畿日本鉄道連結子会社となっている[1]

沿革[編集]

三崎-佐賀関航路は、大分県にとっては大分臨海工業地帯で生産される製品の大市場である阪神との間を短距離で結ぶ幹線としての意味を持ち、愛媛県にとっては経済、文化、観光面でも緊密な関係のある南九州とを結ぶ意味を持つ。

両県は1959年(昭和34年)以来、日本道路公団による公営方式でのフェリー航路の開設を図ってきた。しかし、1964年(昭和39年)6月に建設大臣であった河野一郎が民営方式を提示すると、本航路を産業上必要な幹線と位置づけ建設費償却後の低料金化が可能な公営方式を譲らない大分県と、早期実現の観点から民営方式を支持する愛媛県との間で対立が起き、1966年(昭和41年)に、運航権は日本道路公団が持ち、フェリーは公団と民間が1隻ずつ建造し、運航は民間に委託するという折衷案でようやく合意を見た[3][4]

本航路では、以前から青木石油株式会社が運航権を有して小規模な旅客船(フェリーではない)の運航を行っていた。近畿日本鉄道及び岩崎産業1963年(昭和38年)11月25日に九州四国フェリーボート株式会社を設立。九四フェリー株式会社との混同を避けて豊予商船株式会社に社名を変更した後、1964年(昭和39年)3月に青木石油株式会社から運航権及び船舶の譲渡を受け、一般旅客定期航路事業を運営していた[4]

上記の方針に基づき、日本道路公団が第一豊予丸を建造する一方、第二豊予丸は民間で建造し、国道九四フェリーが委託を受けて運航を行うこととなった。

その後、赤字が累積したことから、日本道路公団は航路の民間譲渡又は廃止を検討。その結果、1988年(昭和63年)4月1日に日本道路公団から委託を受けて運航を行っていた国道九四フェリーへ事業が譲渡された[5]

年表[編集]

  • 1968年(昭和43年)2月 - 設立[6]
  • 1969年(昭和44年)4月 - 日本道路公団(当時)から委託を受け、佐賀関港-三崎港間のフェリー航路開設
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 日本道路公団(当時)から国道九四フェリー株式会社に事業(航路権)譲渡[7]
  • 1990年(平成2年)2月 - 「ニュー豊予」就航
  • 1993年(平成5年)6月 - 「ニュー豊予2」就航
  • 2001年(平成13年)1月23日 - 「ニュー豊予3」就航[8]
  • 2012年(平成24年)2月11日 - 「シャトル豊予」就航[9]
  • 2016年(平成28年)6月17日 - 「遊なぎ」就航
  • 2016年(平成28年)6月21日 - 「シャトル豊予」の船名を「速なみ」に変更
  • 2016年(平成28年)6月23日 - 「ニュー豊予3」の船名を「遥かぜ」に変更

航路[編集]

本航路は、佐田岬半島佐賀関半島との間の豊予海峡を横断し、九州四国とを最短距離・時間で結んでいる[10]。かつては1隻体制で1日3往復を運航していたが、1987年(昭和62年)に愛媛県側の佐田岬メロディーラインが開通して以降利用客が急増したため、増便や新造船の建造が行われ[11]、さらに1996年(平成8年)の大分自動車道全線開通等の道路整備にともなって観光客の利用が増加したこと等から[7]、3隻体制で1日16往復を運航している(2016年11月時点)[12]

同じく愛媛県と大分県を結ぶ宇和島運輸九四オレンジフェリーの八幡浜-別府・臼杵間の航路に比べると運航便数が多いが、その一方で終夜運航は行っておらず、佐賀関港からは第1便7:00発で最終便23:00発、三崎港からは第1便7:30発で最終便23:30発となっている(2016年11月時点)[12]。ただし、お盆期間などの超繁忙期において、通常ダイヤにおける前記第1便よりも早い時間帯にも臨時便として設定される場合がある[注 2]

乗船場までのアクセス[編集]

車による乗船の場合、本航路の発着地である三崎・佐賀関の両港が何れも岬の先端付近に所在していることから、航路自体の所要時間が短い半面、両港から各々最寄りとなる高速道路インターチェンジまでの距離は他の航路と比べて長くなっている。

一方、公共交通を使用する場合、本航路の運航会社本社が置かれている大分県側の佐賀関港においては大分市街地方面に向かう路線バスの便が毎時1本程度確保されている[注 3]のに対し、愛媛県側の三崎港においては最寄りの鉄道駅である八幡浜駅に至る路線バスの便数は1日6往復程度となっている[注 4]

船舶[編集]

  • 遊なぎ
    2016年2月進水、6月就航[17]
  • 速なみ(はやなみ)[16]
    • 総トン数:995トン
    • 連続最大出力:2,000PS×2
    • 航海速力:16.0ノット
    • 旅客定員:292名(1等38名・2等254名)
    • 自動車積載数:乗用車換算48台
    • 建造所:臼杵造船所
    2012年2月11日就航。2016年6月21日、「シャトル豊予」より船名を変更。
  • 遥かぜ(はるかぜ)[16]
    • 総トン数:697トン
    • 連続最大出力:2,000PS×2
    • 航海速力:16.0ノット
    • 旅客定員:292名(1等35名、2等257名)
    • 自動車積載数:乗用車換算41台
    • 建造所:臼杵造船所
    2001年1月竣工・就航[18]。2016年6月23日、「ニュー豊予3」より船名を変更。

過去に就航していた船舶[編集]

ニュー豊予2(三崎港)
  • ニュー豊予2[16]
    • 総トン数:699トン
    • 連続最大出力:2,000PS×2
    • 航海速力:16.0ノット
    • 旅客定員:292名(1等45名・2等247名)
    • 車両積載数:乗用車換算41台
    • 建造所:臼杵造船所
    1993年就航。
ニュー豊予
  • ニュー豊予
    • 総トン数:699トン
    • 連続最大出力:2,000PS×2
    • 航海速力:16.0ノット
    • 旅客定員:292名(1等40名・2等252名)
    • 車両積載数:乗用車換算41台
    1990年2月竣工・就航[18]。この船舶のみ特別室があった。2012年2月のシャトル豊予(現・速なみ)の就航に伴い、2012年12月に引退した。
  • 第二豊予丸
    • 総トン数:999.91トン
    • 出力:3,200PS
    • 最高速力:16.0ノット
    • 航海速力:15.0ノット
    • 旅客定員:400名
    • 車両積載数:トラック(8t換算)24台
    1969年(昭和44年)5月竣工[18]1972年(昭和47年)4月16日宿毛観光汽船の宿毛-佐伯航路[19]、1976年6月に伊勢湾フェリーの鳥羽-伊良湖航路に就航。1984年(昭和59年)3月に用船を解除されて、1985年(昭和60年)にフィリピンに売却された[18]
  • 第一豊予丸
    • 総トン数:986.32トン
    • 出力:3,200PS
    • 最高速力:16.57ノット
    • 航海速力:15.0ノット
    • 旅客定員:244名
    • 車両積載数:乗用車4台
    1969年(昭和44年)3月竣工、同年4月就航。1990年(平成2年)にタイに売却された[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 商業登記に記載されている企業名[2]
  2. ^ 2014年には、8月9日・13日・14日の3日間、通常の第1便の前にも2往復の臨時便が設定されていた[13]
  3. ^ 西日本鉄道が運営するWebサイト『九州のバス時刻表』[14]での2016年11月時点の時刻検索結果による。佐賀関港の最寄りバス停留所「古宮」で検索。大分市街地方面の行き先は「大分駅前」。
  4. ^ 伊予鉄道Webサイト内「運賃・時刻表・路線図」ページにおける“時刻・運賃検索 南予方面”[15]での2016年11月時点の時刻検索結果による。三崎港の最寄りバス停留所は「三崎」(終点)からのバスの便数は平日6本、土日祝日5本で、このうち3本(平日・土日祝日共通)が「八幡浜駅前」経由「松山市駅」行きの特急バスで、残りは「八幡浜駅前」行き路線バスである。

出典[編集]

  1. ^ a b “有価証券報告書 内部統制報告書 確認書 第103期” (PDF) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2014年6月23日), http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/ir/syouken/data/103kiyukashoken.pdf 2016年5月20日閲覧。 
  2. ^ TDB企業サーチによる検索結果 - 帝国データバンク(2011年3月9日閲覧)
  3. ^ 愛媛県史 県政 第三章 現代愛媛の発展(第二の近代化) 第三節 高度成長 二 高度経済成長の展開と県政 8 新しい瀬戸内海時代へ 愛媛県生涯学習センター
  4. ^ a b 衆議院会議録情報 第049回国会 建設委員会 第1号
  5. ^ 「道路公団方針、三崎-佐賀関間のフェリー航路民営化」 日本経済新聞(地方経済面 四国 12面)、1987年9月11日
  6. ^ 会社概要 国道九四フェリー
  7. ^ a b パネルディスカッション 「21世紀の新たな豊予海峡交流圏の形成めざして」 豊予海峡ルート推進フォーラム
  8. ^ 「大分・佐賀関-愛媛・三崎、新型フェリー就航 国道九四フェリー、来月6往復増」 日本経済新聞(地方経済面 九州A 13面)、2001年1月23日
  9. ^ 快適さアップ 国道九四フェリーが新船 大分合同新聞、2012年2月11日
  10. ^ アクセス”. 国道九四フェリー. 2014年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月10日閲覧。
  11. ^ 『ふるさと愛媛学』調査報告書 宇和海と生活文化(平成4年度) 第2章 交通の発達とくらし 2 岬端の三崎のくらし (3)きらきら三崎
  12. ^ a b 運航ダイヤ”. 国道九四フェリー. 2014年7月10日閲覧。
  13. ^ 運航ダイヤ”. 国道九四フェリー. 2014年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月10日閲覧。
  14. ^ 【古宮】バス停留所 時刻表選択”. 九州のバス時刻表. 西日本鉄道. 2014年7月10日閲覧。
  15. ^ 運賃・時刻表・路線図 南予方面(伊予鉄南予バスを含む) 伊予鉄道
  16. ^ a b c d e f g h 使用船舶のご案内 国道九四フェリー
  17. ^ a b 新しい九四フェリーの進水式 - NHK NEWS WEB(Archive.is)
  18. ^ a b c d e 『日本のカーフェリー その揺籃から今日まで』 海人社、2009年3月
  19. ^ 近代、現代編-市政のあゆみ 宿毛市

外部リンク[編集]