あべのHoop

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あべのHoop
Abeno Hoop
Abeno-Hoop01.JPG
店舗概要
所在地 545-0052
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30
開業日 2000年平成12年)9月1日
施設所有者 近畿日本鉄道
施設管理者 近鉄百貨店
敷地面積 4,275.55 m²
延床面積 18,470.13 m² 
商業施設面積 14,825 m²
店舗数 56店
前身 近鉄百貨店阿倍野本店別館
最寄駅 近鉄大阪阿部野橋駅
Kintetu 百貨店ロゴ.jpg
テンプレートを表示
あべのHoopの夜景
大阪阿部野橋駅南出口から撮影)

あべのHoop(あべのフープ)は、大阪府大阪市阿倍野区近鉄大阪阿部野橋駅南側にあるファッションビル

概要[編集]

現在Hoopが所在する場所には、元来近鉄百貨店阿倍野本店の別館があった。近鉄百貨店はこの地に、従来の阿倍野本店では囲みきれていない世代層を阿倍野地区に誘導するため、新別館を建設することを計画、2000年(平成12年)9月1日に開業した。なお、当ビルの設置者は近畿日本鉄道、運営者は近鉄百貨店である。

館内には、元来阿倍野地区には少なかったブランド品を扱うセレクトショップが多く、また関西初進出のショップも多い。バブル経済破綻後、再開発事業が頓挫し、衰退しつつあった阿倍野地区を活性化させる契機となった。

あべのハルカス開業に伴う措置[編集]

2007年(平成19年)、近鉄百貨店阿倍野店本館を含む阿部野橋ターミナルビルの建て替えを発表。工事は順調に進み、2014年3月7日、あべのハルカスが開業した。近鉄百貨店阿倍野店は「あべのハルカス近鉄本店」と改称した。

建て替えは旧館(現・タワー館)のみであったが、改築期間中に百貨店の売場が半減するため、2008年9月、隣接してあべのandが開業すると、ロフト無印良品等の有力テナントをandに移転させ、近鉄百貨店に入居していたHMVや近鉄ブックセンター、百貨店内のアパレルショップや専門店街「ラ・セレナ」の一部店舗をHoopに移転、近鉄百貨店の売場を補完することになった(その後HMVは、あべのキューズモールの開業に伴って店舗を移転し、あべのHoop店は2011年3月28日で閉店した)。

2012年から2年間、Hoopも大改装を行い、西日本初出店のセレクトショップやスポーツ用品の大型専門店、行列ができる人気のカフェ等、ファッションからグルメまで新規店舗が多数出店した。全56区画中、新規出店が34店、改装店舗が8店となり、全館の7割以上をリニューアルした。同時にあべのハルカス近鉄本店2Fと連絡通路でつながり、南隣のあべのandとともに回遊性が高まった。あべのハルカス改装期間中にHoopに移転して営業していたアパレルショップや「ラ・セレナ」の店舗の一部は、あべのハルカス近鉄本店内の「solaha」に再度移転し営業を続けている。

近鉄百貨店は、あべのハルカス近鉄本店を「モノ・コト・ヒトが出会う街のような場」、Hoopを「新・大人のための自分スタイル編集館」、andを「都市生活素材館」と位置づけ、あべのハルカス近鉄本店を主軸に、2つの専門店ビルとの「3館連携体制」を強化していく。[1]

主なテナント[編集]

過去に出店していたテナント[編集]

アクセス[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度38分42.3秒 東経135度30分49.8秒