近鉄バファローズナイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近鉄バファローズナイター
愛称 バファローズナイター
ジャンル プロ野球中継(大阪近鉄バファローズ戦)
放送方式 生放送
放送期間 1977年 - 2004年9月24日
放送時間 金曜日 17:55 - 21:30
放送局 ラジオ大阪(OBC)
ネットワーク ローカル(近鉄遠征時限定で文化放送ほかNRN各局制作協力あり)
提供 近鉄グループ近鉄百貨店のみの場合もあり)
特記事項:
1.放送日時は、2004年当時。
2.1998年から2003年までの間、近鉄グループがスポンサーに付かない場合、タイトルの「近鉄」部分が放送曜日名(「○曜」)となっていた。
テンプレートを表示

近鉄バファローズナイター(きんてつバファローズナイター、Kintetsu Buffaloes Nighter)は、1977年から2004年まで、概ね4月から9月のプロ野球シーズン中の平日(詳細は後述も参照)にラジオ大阪(OBC)が製作・放送していたプロ野球中継番組である。

概要[編集]

番組内容は文字通り近鉄バファローズ→大阪近鉄バファローズ(1999年より)応援放送を全面的に打ち出していた。また、親会社である近畿日本鉄道(近鉄)をはじめとする近鉄グループ冠スポンサー番組でもあった(近鉄グループをメインスポンサーとした複数社提供。または、近鉄グループないしは近鉄百貨店単独提供で放送[1])。通常は近鉄戦だけを実況中継し、ホーム・ビジター関係なく自社スタッフを出来る限り派遣していた(対西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズおよび東京本拠地時代の日本ハムファイターズ戦は文化放送、対福岡ダイエーホークス戦は九州朝日放送、対北海道日本ハムファイターズ戦はSTVラジオナゴヤ球場ナゴヤドーム長良川球場での近鉄が関与する試合(主催・ビジターとも)は東海ラジオ放送がそれぞれ制作・技術協力することもあった)。オールスター戦などでは、ネット放送も文化放送を中心に稀に行っていた。

開始当初の放送日は、毎週火 - 木曜日だったが、2001年に「マンデー・パ・リーグ」が導入されることに伴って移動日(休日)が月曜日から木曜へ変更された事に伴い、火・水・金曜日へ変更され、2003年まで続いた。なお、2003年は、消費者金融のアコムが球団スポンサー及び本番組冠スポンサーとなったことからタイトルに『アコム・スポーツスペシャル』の冠タイトルを入れた。2004年は、近鉄グループのナイター中継への提供枠縮小に伴い、金曜日のみの放送となった。

また、1993年から2003年までは上記曜日以外にも、近鉄グループがスポンサーに付かない形で、1997年まで金曜に土・日と同じく『ラジオ大阪ドラマティックナイター』として、1998年から2000年まで『金曜バファローズナイター』(きんようバファローズナイター)として、2001年から2003年まで『月曜バファローズナイター』(げつようバファローズナイター)として、それぞれ放送した。

放送時間は原則、2003年までは、近鉄グループがスポンサーに付く日は17:55-21:30、近鉄グループがスポンサーに付かない日は18:00-21:00という編成で放送されたが、2004年は、金曜の17:55-21:30に放送していた(いずれも、時間内に試合が終わらない限り、最長22:00までの延長オプションが設けられていた)。

また、OBCは原則デーゲーム中継をすることはないが、オープン戦と開幕カードについては、中継する場合があった。

2004年大阪近鉄バファローズオリックス・ブルーウェーブへの球団合併に伴い、9月24日大阪ドームから放送された大阪近鉄 vs 西武戦(大阪近鉄バファローズの本拠地大阪ドームでの最終ゲーム)の実況中継をもって28年間の放送を終了した。

2005年度からOBCのナイター中継は、土・日曜日のみの放送(ドラマティックナイター)となり、平日のレギュラー編成によるナイター中継の無い全国で唯一のAMラジオ局となり(2005年に限ってはオリックス戦ホームゲームのある金曜日のみ、『オリックス・バファローズ ナイトスタジアム』と題して中継された)、2007年からは土曜日のみの中継に縮小し、同年限りでOBCの野球中継は終了した。

速報チャイム[編集]

速報チャイムはNRNナイター[2]用や『文化放送ライオンズナイター』で使用しているものとも違う独自のものを使用していた。このチャイムは1993年にラジオ大阪がAMステレオ放送を開始したことに合わせ、電子音にアレンジされたものに変更された[要出典]

近鉄戦中継のない場合[編集]

雨天中止や近鉄戦の予定が無い時は、開始初年度の1977年には、他の在阪球団主催カードを放送することがあったが(一例として、1977年5月26日の「南海 vs クラウンライター」。出典:産経新聞、1977年5月26日、テレビ・ラジオ欄)、週末同様「OBCビッグナイター」の番組名に変えていたか、スポンサーセールス面でも近鉄グループ協賛のままだったか、別スポンサーに振り替えていたかは不明である[3]

その後は他の試合を放送しない方針に転換し(時期不明)、OBCのスタジオからバファローズの情報・近鉄沿線ガイドなどで構成したバラエティ番組『近鉄ナイタージョッキー』(きんてつナイタージョッキー)[4]を放送した。

近鉄グループ提供日以外で近鉄戦の予定がないときは、主に以下のスポーツ番組ないしは歌謡曲番組を編成していた。

  • 金曜スポーツ帝王(金曜『ドラマティックナイター』最終年の1997年。パーソナリティは寺西裕一
  • 水谷ひろしの「いいね!歌謡曲」(1998年)
  • 水谷ひろしのミレニアム歌謡曲(2000年)
  • ナイタージョッキー(2000年)
  • 新世界歌謡曲(2001年)
  • OSAKA歌謡ウエーブ(2002年。金曜も放送)

出演者[編集]

解説[編集]

実況担当アナウンサー[編集]

スタジオ進行[編集]

  • 片山光男(1999年まで、バファローズご意見番として出演)
  • 堀江良信(2000年より、バファローズ応援団長として出演)
  • 中井雅之(実況担当ではない場合に担当したことがある)
  • 小菅文代(片山とともに近鉄ナイタージョッキー担当)
  • 澤田真紀(澤田磨希)(近鉄ガール)
  • 石川展子(同上)
  • 安本雅代(2003年、近鉄ガールを担当)
  • 桂都丸(近鉄ナイタージョッキー担当)
  • 小西あき(同上)
  • 橘秀明(2000年ごろ、金曜中止時の「ナイタージョッキー」担当)
  • 仲みゆき(同上)

走れ!近鉄バファローズ[編集]

オフシーズン(概ね10月 - 翌年3月までの間)には、近鉄グループ提供により、18時からの15分枠で『走れ!近鉄バファローズ』というチーム情報番組を放送。2003年3月を最後に終了、2003年 - 2004年のオフシーズンは放送されなかった。

出演者[編集]

1994年度オフ - 1995年度オフ
  • 松本恵治・原田登紀子
1996年度オフ - 1997年度オフ
  • 村田辰美・石川展子
1998年度オフ - 2000年度オフ
  • 村田辰美・澤田磨希(1999年度までは澤田真紀)
2001年度オフ
  • 澤田磨希・仲原里香
2002年度オフ
  • 桂都丸・安本雅代

脚注[編集]

  1. ^ 参考として、1985年春当時のラジオ大阪番組表 『ラジオ新番組速報版1985年春版』および『ラジオマニア2010』(いずれも三才ブックス刊。後者は、前者の縮刷版)では、火・水曜は「近鉄グループ」、木曜は「近鉄百貨店」とだけスポンサー名が記載されていた(土・日の『OBCビッグナイター』については、複数のスポンサー名が明記)。
  2. ^ 通常NRNネットワークを通じてのナイター中継。ラジオ大阪では、土・日の『ドラマティックナイター』に相当。
  3. ^ 『文化放送ライオンズナイター』は、不定期に巨人戦やロッテ戦などを放送する場合でもスポンサーセールスや番組名はそのままである。
  4. ^ OBCが梅田から弁天町(弁天一丁目のORC200内)へ本社移転した1993年以降は『近鉄ナイタージョッキー 弁天町からプレーボール』(きんてつナイタージョッキー べんてんちょうからプレーボール)と表記される場合もある。

関連項目[編集]

  • 近鉄バファローズアワー(1975年から2004年までの間、ABCラジオで土曜昼に放送していた、バファローズ応援番組。デーゲームがある際は中継番組として放送された。『近鉄バファローズナイター』と同じく、近鉄グループの冠スポンサー番組であり、沿線ガイドコーナーも存在した)

外部リンク[編集]

※いずれも、過去にラジオ大阪公式ホームページ内に掲載されていた番組公式サイト(ナイター中継総合ページも含む)の、インターネットアーカイブにおける保存キャッシュへのリンク。