村田辰美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村田 辰美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県横手市
生年月日 (1952-07-09) 1952年7月9日(65歳)
身長
体重
177 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1974年 ドラフト2位
初出場 1975年4月6日
最終出場 1990年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 近鉄バファローズ (1993 - 1995)

村田 辰美(むらた たつみ、1952年7月9日 - )は、秋田県横手市出身の元プロ野球選手投手)・プロ野球指導者、野球評論家野球解説者

経歴[編集]

横手市立金沢小学校・金沢中学校を卒業後、秋田県立六郷高等学校に進学。高校時代は1試合18奪三振で無安打に抑えたにもかかわらず、試合に負けてしまった事がある(いわゆる「ノーヒットありラン」)[1]。卒業後は三菱自動車川崎に入社。チームメートに菅野光夫がいた。1974年都市対抗では菅野とともに東芝に補強され、チームの準決勝進出に貢献[2]

1974年のドラフト2位で近鉄バファローズに入団。当初は中継ぎ、特に対左打者用ワンポイントとして起用された[1]

コントロールに難があり登板機会に恵まれなかったが、入団4年目にサイドスロー(厳密にはサイドスローのフォームからスリー・クォーター気味に投げる)に転向し飛躍する。1979年から先発に転向。6月26日の前期優勝のかかった対南海戦で完投し、引き分けとして前期優勝を決め胴上げ投手になっている[1]。同年は初の二桁となる12勝を挙げ、チーム初のリーグ優勝に大きく貢献する。しかし、翌1980年はシーズン38被本塁打を喫するなど打ち込まれるケースが目立ち、打線の援護もあって勝敗は五分だったが、防御率は6.22であった。チーム順位、個人記録とも1年2シーズン制を採っていた1937年の秋シーズンに、重松通雄が7.20、繁里栄が6.11を記録した例を除けば、規定投球回到達者で防御率が6点以上だったのは村田が日本プロ野球史上初めてで、この数字は2004年に斉藤和巳が6.26を記録するまで破られなかった。広島東洋カープとの日本シリーズにおいて近鉄が3勝2敗で迎えた第6戦で先発するが水谷実雄に満塁本塁打を打たれ敗戦投手になっている[1]

その後、チーム事情によって先発が主、中継ぎが主のシーズンを繰り返しながら、1986年1988年に二桁勝利を挙げ、1986年と1987年は開幕投手も務めた。1989年は後半戦以降一軍での出場が少なくなり、シーズンオフに横浜大洋ホエールズに移籍し、翌1990年限りで現役引退。

引退後は1991年から1992年までよみうりテレビ解説者となり、1993年から3年間は近鉄の投手コーチを務めた。退団後は関西テレビフジテレビラジオ大阪で解説に復帰。プロ野球中継のほか、プロ野球ニュース感動ファクトリー・すぽると!の解説を務めた(関テレ・フジは2002年まで、ラジオ大阪は2007年まで)。また、2007年まではJ SPORTS解説者も務めた。2001年からプロ野球マスターズリーグの大阪ロマンズに参加。毎年好成績を残し、タイトルを多数獲得している。現在はデイリースポーツ野球評論家。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1975 近鉄 11 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 90 20.0 19 3 9 0 0 6 1 0 11 6 2.70 1.40
1977 15 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 132 30.1 38 6 8 0 0 6 0 0 19 13 3.86 1.52
1978 37 2 1 0 1 5 2 1 -- .714 277 73.2 61 3 8 0 3 21 0 0 16 15 1.83 0.94
1979 43 26 11 3 2 12 8 2 -- .600 786 192.1 207 23 34 0 4 98 1 0 81 73 3.42 1.25
1980 36 18 3 0 0 7 7 2 -- .500 625 136.0 165 38 57 1 6 52 0 0 105 94 6.22 1.63
1981 37 17 5 3 1 7 7 0 -- .500 651 150.2 156 12 46 4 11 80 1 0 62 56 3.35 1.34
1982 25 19 10 1 1 7 11 2 -- .389 582 136.2 135 18 40 3 13 51 0 0 71 65 4.28 1.28
1983 25 9 4 0 0 2 6 0 -- .250 371 86.1 94 8 32 3 5 25 0 0 55 48 5.00 1.46
1984 36 19 1 0 0 4 9 0 -- .308 473 110.1 106 16 46 1 5 31 0 1 66 59 4.81 1.38
1985 36 28 9 0 0 9 14 2 -- .391 828 184.2 202 21 81 10 8 57 1 0 101 91 4.44 1.53
1986 30 27 5 2 0 14 10 0 -- .583 769 181.0 198 30 53 1 6 84 1 0 92 82 4.08 1.39
1987 33 12 1 0 1 4 7 1 -- .364 420 93.1 115 18 26 2 9 36 1 1 57 51 4.92 1.51
1988 22 21 5 1 2 10 3 0 -- .769 516 124.2 128 12 28 4 2 44 0 0 49 46 3.22 1.25
1989 14 13 0 0 0 4 6 0 -- .400 300 67.1 81 12 27 1 4 25 0 0 43 41 5.48 1.60
1990 大洋 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 31 7.2 7 0 0 0 1 7 0 0 3 3 3.52 0.91
通算:15年 404 211 55 10 8 85 90 10 -- .486 6851 1595.0 1712 220 495 30 77 623 6 2 831 743 4.19 1.38
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回:1985年6月22日、対西武ライオンズ8回戦(藤井寺球場)、5回裏3死目に達成
  • 1500投球回:1988年9月4日、対阪急ブレーブス22回戦(藤井寺球場)、8回表3死目に達成
その他の記録
  • 1イニング3与死球:1981年4月8日、対南海ホークス戦、8回 ※NPB史上4人目[3]
  • オールスターゲーム出場:3回 (1979年、1982年、1985年)

背番号[編集]

  • 34 (1975年 - 1990年)
  • 80 (1993年 - 1995年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

よみうりテレビ(1991年 - 1992年)
関西テレビ・フジテレビ(1996年 - 2002年)
ラジオ大阪(1996年 - 2007年)
J SPORTS( - 2007年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ベースボール・マガジン社刊「さらば大阪近鉄バファローズ」75ページ
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 週刊ベースボール2014年7月21日号97ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]