辻佳紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
辻 佳紀
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県敦賀市
生年月日 1940年12月20日
没年月日 (1989-04-25) 1989年4月25日(48歳没)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1963年
初出場 1963年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1975 - 1976)

辻 佳紀(つじ よしのり、1940年12月20日 - 1989年4月25日)は、福井県敦賀市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ解説者

経歴[編集]

実家は鮮魚店「魚辻」(現在は弟・正則が営んでいる)。気比中学校時代は投手だったが、敦賀高校で捕手に転向。2年時からレギュラーとなり、同期の泉邦雄(駒大)とバッテリーを組む。2年次の1957年には春の選抜に出場するが、1回戦で寝屋川に敗退。同年夏は北陸大会準決勝で三国に敗れ、春夏連続出場できなかった。3年次の1958年には夏の甲子園で3回戦に進出するが、平安に敗退。高校卒業後は明治大学に進学し、東京六大学リーグでは同期の後藤晃吾(八幡製鐵)・八木孝を擁し、3年次の1961年春季に優勝を飾る。同年には日本選手権に出場するが、準決勝で宮田征典を擁する日大に敗退。4年次の1962年には主将を務めるが、野球部の内紛の影響で、秋季は欠場を余儀なくされた。他の大学同期に一枝修平別部捷夫がいる。

大学卒業後は就職が決まっていたが、1963年阪神タイガースへ入団(松木謙治郎とは同郷で高校→大学→阪神と経歴が同じである)。1年目に土井垣武二軍バッテリーコーチの指導を受けると、2年目の1964年にはリーグ優勝に貢献。同年の南海ホークスとの日本シリーズでは全7試合のうち5試合に先発マスクを被り、第5戦では本塁打を放つ。その後もオールスター3年連続出場(1965年 - 1967年)や3年連続2桁本塁打(1966年 - 1968年)などを記録し、阪神の正捕手として活躍。1967年からは口ひげがトレードマークとなり、同時期に在籍した辻恭彦と区別する意味もあって「ヒゲ辻」のニックネームが付く。1969年田淵幸一の入団で控えに回されると、村山実が選手兼任監督に就任した1970年に「吉田義男派」だった本人の希望で近鉄バファローズへ移籍。近鉄の2年越しのラブコールに答えた形となり、岩木康郎を抑えて正捕手となる。同年は打率.195ながら自己最多の19本塁打・49打点を挙げ、4度目のオールスター出場も果たす。1971年も正捕手として起用されたが、怪我や故障で不本意なシーズンとなる。その後は岩木・梨田昌孝とレギュラーを争ったが、1973年には有田修三の入団で自由契約となり、1974年大洋ホエールズへ移籍。伊藤勲福嶋久晃と併用されたが、56試合の出場に留まる。1975年には辻恭彦との交換トレードにより、吉田の招聘で阪神に一軍バッテリーコーチ兼任として復帰。三塁ベースコーチも兼任したが、同年限りで現役を引退。その後は1976年からヘッドコーチに就任したが、守備(捕手)で足を引っ張っていた田淵の扱いを巡って吉田と対立。この年を最後に退団。

阪神コーチ辞任後は個性的なキャラクターから解説者だけでなくタレントとしても活躍し、初期の頃はTBSのバラエティ番組「たまりまセブン大放送!」、「UFOセブン大冒険」の「パンツマン」というキャラクターを務めたこともあった。いわゆる、元プロ野球選手のバラエティータレントのはしりでもあった。その後は読売テレビラジオ大阪KBS京都の解説者として活躍。

1989年4月25日により死去。享年48。

なお、辻が病気降板した後の「ズームイン!!」YTVコメンテーターが川藤幸三(正確には当時は辻と川藤で交互にコメンテーターを担当していた)であり、辻の死は番組でも報告された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 阪神 38 76 71 7 13 1 0 2 20 4 1 0 3 0 2 0 0 13 0 .183 .205 .282 .487
1964 93 195 182 14 33 7 1 4 54 12 2 0 5 0 5 0 3 23 4 .181 .216 .297 .512
1965 114 337 314 23 69 13 2 8 110 22 2 2 7 1 11 1 4 55 7 .220 .255 .350 .605
1966 107 318 297 24 65 10 0 12 111 25 4 3 3 1 14 4 3 56 5 .219 .260 .374 .634
1967 95 279 256 19 63 7 2 11 107 30 2 2 1 3 16 2 3 62 6 .246 .295 .418 .713
1968 78 236 208 21 41 9 1 10 82 29 1 3 2 0 24 5 2 43 3 .197 .286 .394 .681
1969 37 44 41 1 5 0 0 1 8 1 0 0 0 0 1 0 2 14 2 .122 .182 .195 .377
1970 近鉄 107 291 267 26 52 7 0 19 116 49 3 1 7 1 14 1 2 70 5 .195 .239 .434 .674
1971 108 314 289 20 59 8 0 8 91 20 3 2 2 1 21 4 1 63 13 .204 .260 .315 .574
1972 50 136 121 8 22 1 0 5 38 18 1 1 1 1 11 6 2 24 0 .182 .259 .314 .573
1973 73 162 147 9 23 1 0 1 27 8 1 1 4 1 7 4 3 31 3 .156 .209 .184 .393
1974 大洋 56 147 141 11 40 4 0 6 62 13 0 1 1 0 4 1 1 26 6 .284 .308 .440 .748
1975 阪神 4 7 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 3 0 .167 .286 .167 .452
通算:13年 960 2542 2340 183 486 68 6 87 827 231 20 16 36 9 130 28 27 483 54 .208 .257 .353 .610

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29(1963年 - 1969年、1974年)
  • 8(1970年 - 1973年)
  • 30(1975年 - 1976年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

以下、野球解説者としての出演。

[編集]

著書[編集]

テレビコマーシャル[編集]

関連項目[編集]