辻佳紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
辻 佳紀
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県敦賀市
生年月日 1940年12月20日
没年月日 (1989-04-25) 1989年4月25日(48歳没)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1963年
初出場 1963年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1975 - 1976)

辻 佳紀(つじ よしのり、1940年12月20日 - 1989年4月25日)は、福井県敦賀市出身のプロ野球選手捕手)・コーチ解説者

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

実家は敦賀駅前鮮魚店魚辻[1]。気比中学校時代は投手であったが、敦賀高校で捕手に転向。2年次の1957年からレギュラーとなり、同期の泉邦雄投手(駒大)とバッテリーを組む。同年には春の選抜に出場するが、1回戦で寝屋川高に敗退。同年夏は北陸大会準決勝で三国高に敗れ、春夏連続出場はできなかった。3年次の1958年には夏の甲子園で3回戦に進出するが、平安高に敗退。高校卒業後は1959年明治大学へ進学し、東京六大学リーグでは同期の後藤晃吾八木孝両投手とバッテリーを組み、3年次の1961年春季で優勝を飾る。同年には大学日本選手権に出場するが、準決勝でエース宮田征典を擁する日大に敗退。4年次の1962年には主将を務めるが、野球部は島岡吉郎監督が総監督になり、新監督に栗崎武久が就任。だが、実質的な権限は島岡が握ったままであった。辻達は「4年生の総意」として、栗崎に指揮権を譲るように島岡を説得したが、その結果辻は主将の座を引くことになり、しかも主将を辞める理由が「怪我で実戦に出れないから」とマスコミに発表されたため、辻は入院しているということになり、大学最後の秋季リーグ戦は1打席しか立てなかった。他の大学同期に一枝修平別部捷夫、松本雄作(4年中退、国鉄)がいる。

現役時代[編集]

大学卒業後は就職が決まっていたが、1963年阪神タイガースへ入団[2]。当時の阪神の捕手陣は福塚勝哉戸梶正夫山本哲也が三本柱となっていたが、土井垣武二軍バッテリーコーチの指導を受け、シーズン後半には27試合に先発マスクを被る。夏にはハワイ・アイランダースからジーン・バッキーがテスト入団し、この頃のバッキーはマウンドでオドオドし、少し打たれただけで「僕はクビになるかも・・」と弱気になっていた。そんなバッキーを辻はいつも励まし、最もキャッチングが難しいとされるナックルを他の捕手が後逸するなか辻だけは平然と受け続けた。これは辻がキャッチングが巧かった訳ではなく、捕球法に秘密があり、本来ミットをつけていない右手は握り締めているものだが、辻は広げてキャッチングをしていた。この受け方には肩が弱かった辻が「はじめから手を広げておけば少しでも早く投げられる。」というメリットもあったが、右手突き指だらけになった。2年目の1964年は開幕から先発として起用され、2年ぶりのリーグ優勝に貢献。同年の南海ホークスとの日本シリーズでは全7戦のうち5戦に先発マスクを被り、第5戦では本塁打を放つ。その後もオールスター3年連続選出(1965年 - 1967年)や3年連続二桁本塁打(1966年 - 1968年)などを記録し、阪神の正捕手として活躍。藤本定義監督は直情径行型の村山実に「村山は気が弱いところがある。だからマウンドでムキになる。その時ムラに引きずられないでピシピシとリードできる方がいい」と辻をつけ、村山は1965年7月29日8月31日読売ジャイアンツ戦(甲子園)で2試合連続完封勝利をするが、驚くべきことにこの2試合で村山が投じた230球は殆どがフォークボールであったといわれる。1966年には日米野球に出場し、10月30日全日本-ロサンゼルス・ドジャース7回戦(甲子園)では7-7の同点で9回ドジャースの攻撃はすでに二死になっていたが、ここでジョン・ローズボロが代打に出てきた。ローズボロは3球目にデットボールを受けて一塁走者になったが、この時に辻はダグアウトの前列で試合を眺めていた。ローズボロが盗塁を試み、足の遅いローズボロは素晴らしいスタートを切るも二塁はアウトのタイミングであったが、ローズボロは二塁ベースに入った土井正三を吹き飛ばして落球を誘ってセーフになった。辻は同じ捕手のローズボロが見せた気迫に痺れ、続く打者ネイト・オリバー英語版の2点本塁打でホームインするローズボロの笑顔の中に鼻髭が生えている事に気付き、安芸秋季キャンプからローズボロと同じ様に口髭を伸ばし始め[3]、当時の戸沢一隆球団代表に「代表、お願いがある、実は今日から鼻髭を生やしたい」と切り出したが、戸沢は絶句。当時の球界で髭はタブーで誰一人髭を生やした選手などはおらず、そんなことは百も承知の辻は説得し続け、この気持ちに戸沢は折れた。その後はトレードマークとなり、髭を生やしたプロ野球選手第1号となったとされている[4]。同時期に在籍した辻恭彦と区別する意味もあって、「ヒゲ辻」のニックネームが付く。1967年8月14日翌15日に巨人戦(後楽園)を控えた阪神の選手達は新幹線で上京したが、辻はチームと別行動をとって車で東京に向かった。調布にある妻の実家に泊まるつもりであったが、トランクを開けると、バットからマスクにいたるまで何一つ野球用具が入っておらず、辻は愕然とする。翌朝の朝一番の飛行機で大阪に戻り、辻は用具を持って帰りの飛行機に飛び乗ったが、飛行機が計器の故障で引き返すトラブルも重なって後楽園についたときにはすでに打撃練習は始まっていた。辻は鼻歌まじりの顔で打席に入って、最終的には誰にも気づかれなかったが、試合後に奥井成一に話したら驚かれた。1968年9月18日には巨人戦ダブルヘッダー(甲子園)第1試合は村山と堀内恒夫のエース対決で9回表が終わって0-0の同点、9回裏一死二塁で辻が打席に入った。辻は初球の真ん中高めのストレートを振り抜き、バックスクリーンへサヨナラ本塁打を放った。辻は異様な寒さを感じながらダイヤモンドを回り、この辻のサヨナラ弾で首位巨人と2位阪神はゲーム差無しでついに並んだが、第2戦では阪神先発のバッキーが初回に王貞治に死球を与えた。4回表に王が打席に入るとバッキーは王の顔面スレスレにストレートを投げ、続く2球目に辻は外角低めにシンカーのサインを出したがバッキーの投じたボールは王の一本足を狙ったストレートであった。結果は暴投になり、辻はバックネットにボールを追いかけた。振り向くと三塁ベンチから荒川博一軍打撃コーチがマウンドに突進し、バッキーを得意の合気道で投げ飛ばしていた。辻は暴れるバッキーを抑えようと必死に背中に抱きついたが、バッキーは右手親指複雑骨折し事実上選手生命を失った。1969年田淵幸一の入団で控えに回されると、村山実選手兼任監督に就任した1970年には「吉田義男派」であった本人の希望で近鉄バファローズへ移籍。近鉄の2年越しのラブコールに答えた形となり、岩木康郎を抑えて正捕手となる。同年は打率.195ながら自己最多の19本塁打・49打点を挙げ、4度目のオールスター選出も果たす。1971年も正捕手として起用されたが、怪我や故障で不本意なシーズンとなる。その後は岩木や梨田昌崇とレギュラーを争ったが、1973年には有田修三の入団で自由契約となり、1974年大洋ホエールズへ移籍。伊藤勲福嶋久晃と併用されたが、56試合の出場に留まる。1975年には辻恭彦との交換トレードにより、吉田の招聘で阪神に一軍バッテリーコーチ兼任として復帰。三塁ベースコーチも兼任したが、同年限りで現役を引退した。

引退後[編集]

1976年から阪神のヘッドコーチに就任したが、守備(捕手)で足を引っ張っていた田淵の扱いを巡って吉田と対立。この年を最後に退団[5]

阪神コーチ辞任後は個性的なキャラクターから解説者だけでなくタレントとしても活躍し、初期の頃はTBSのバラエティ番組「たまりまセブン大放送!」、「UFOセブン大冒険」の「パンツマン」というキャラクターを務めたこともあった。いわゆる、元プロ野球選手のバラエティータレントのはしりでもあった。その後は読売テレビラジオ大阪KBS京都の解説者として活躍。

1989年4月25日がんにより死去。48歳没。

なお、辻が病気降板した後の「ズームイン!!」YTVコメンテーターが同郷(隣町の生まれ)の川藤幸三(正確には当時は辻と川藤で交互にコメンテーターを担当していた)であり、辻の死は番組でも報告された。

2017年、親族により現役時代のユニフォームが甲子園歴史館に寄贈された[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 阪神 38 76 71 7 13 1 0 2 20 4 1 0 3 0 2 0 0 13 0 .183 .205 .282 .487
1964 93 195 182 14 33 7 1 4 54 12 2 0 5 0 5 0 3 23 4 .181 .216 .297 .512
1965 114 337 314 23 69 13 2 8 110 22 2 2 7 1 11 1 4 55 7 .220 .255 .350 .605
1966 107 318 297 24 65 10 0 12 111 25 4 3 3 1 14 4 3 56 5 .219 .260 .374 .634
1967 95 279 256 19 63 7 2 11 107 30 2 2 1 3 16 2 3 62 6 .246 .295 .418 .713
1968 78 236 208 21 41 9 1 10 82 29 1 3 2 0 24 5 2 43 3 .197 .286 .394 .681
1969 37 44 41 1 5 0 0 1 8 1 0 0 0 0 1 0 2 14 2 .122 .182 .195 .377
1970 近鉄 107 291 267 26 52 7 0 19 116 49 3 1 7 1 14 1 2 70 5 .195 .239 .434 .674
1971 108 314 289 20 59 8 0 8 91 20 3 2 2 1 21 4 1 63 13 .204 .260 .315 .574
1972 50 136 121 8 22 1 0 5 38 18 1 1 1 1 11 6 2 24 0 .182 .259 .314 .573
1973 73 162 147 9 23 1 0 1 27 8 1 1 4 1 7 4 3 31 3 .156 .209 .184 .393
1974 大洋 56 147 141 11 40 4 0 6 62 13 0 1 1 0 4 1 1 26 6 .284 .308 .440 .748
1975 阪神 4 7 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 3 0 .167 .286 .167 .452
通算:13年 960 2542 2340 183 486 68 6 87 827 231 20 16 36 9 130 28 27 483 54 .208 .257 .353 .610

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29 (1963年 - 1969年、1974年)
  • 8 (1970年 - 1973年)
  • 30 (1975年 - 1976年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連情報[編集]

出演番組[編集]

以下、野球解説者としての出演。

[編集]

著書[編集]

テレビコマーシャル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]