中井雅之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかい まさゆき
中井雅之
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市長田区
生年月日 1958年4月8日(58歳)
最終学歴 米朝事務所
職歴 大阪放送アナウンサー
活動期間 1983年 -
出演番組・活動

中井雅之(なかい まさゆき、1958年4月8日 - )は、神戸市長田区出身のフリーアナウンサータレント米朝事務所に所属する唯一のアナウンサーでもある[1]

来歴・人物[編集]

兵庫県立御影高等学校関西大学社会学部卒業。高校時代は落語家露の団六と同じクラス、大学生時代は、1歳年下の采野吉洋(現在は南日本放送アナウンサー)とともに、「海賊放送研究会」で活動していた。また、『おはよう朝日です』(ABCテレビ)のアルバイトスタッフとして、「突撃!バーゲンダー」(商店街でのロケコーナー)の照明を担当。さらに、サン放送アカデミーでアナウンス技術の研鑽を積んでいた[2]

大学卒業後の1983年に、アナウンサーとして大阪放送(OBC)に入社。入社後は、自身と同じくサン放送アカデミーへ通っていた同期入社の原田年晴とともに、看板アナウンサーとして聴取者の人気を得ていた。スポーツアナウンサーとしても活動していたが、1992年に退社・独立。同局のプロ野球中継(『近鉄バファローズナイター』『ラジオ大阪ドラマティックナイター』)で実況を続けるかたわら、フリーアナウンサーとして、『痛快!エブリデイ』の木曜日ややしきたかじんの冠番組である『たかじん胸いっぱい』(いずれも関西テレビ)で長年レギュラーを務めてきた。ちなみに、『痛快!エブリデイ』には、「怒りのスペシャリスト」という肩書で出演。「桂べかこ」を名乗っていた時期に前述の「突撃!バーゲンダー」でリポーターを務めていた桂南光(司会)と共に、名物企画の「モーレツ!怒りの相談室」を進行していた。

独立後は長らく、パブリック・インフォメーション・スタイル(略称「P.I.S」、たかじんが代表取締役であった事務所)に所属。しかし、同事務所がたかじんの個人事務所に変わったことを機に、中井も個人事務所「ツーコンツール」を主宰していた。2010年1月からは、米朝事務所に所属。同事務所唯一の所属アナウンサーとして、落語会の司会にも携わっている。

2000年代の後半には、OBCにおけるプロ野球中継からの撤退(2007年)、『痛快!エブリデイ』の終了(2008年6月)、『たかじん胸いっぱい』のリニューアル(2009年3月)などで相次いでレギュラー番組を失ったことから、イベントなどを中心に活動。社会福祉法人和修会錦保育園(大阪府守口市)の副園長も務めていた[3]ことなどから、スポーツアナウンサーとしての活動を2年半ほど休止していた。

2010年3月からは、CS放送のプロ野球中継の実況担当として、スポーツアナウンサーとしての活動を再開。テレビの野球中継での実況を、レギュラーで担当するのはこれが初めてであった。2011年6月からは、関西テレビのテレビショッピング番組『買物生活ほんでなんぼ?』のMCとして、地上波テレビ局制作番組に再びレギュラーで出演。2013年4月から2015年3月までは、古巣のOBCで平日の午前中に放送された生ワイド番組『中井雅之のハッピーで行こう!』のパーソナリティを務めていた。2015年10月からは、フリーアナウンサーとしての活動を続けるかたわら、同局が開設する「ラジオ大阪 声優&アナウンススクール」でアナウンサー&パーソナリティコースの講師を務める[4]

結婚と離婚を2回経験しており、現在は独身であることを、出演番組や講演などで公表している。最初の妻に当たるフリーアナウンサーの薗田涼子は、かつて中井と共にP.I.Sへ所属。離婚後も、『中井雅之のハッピーで行こう!』にゲストで出演することがあった[5]

現在の出演番組[編集]

以下の番組はいずれも、古巣のOBCで放送。

現在も同局のアナウンサーである原田の夏季休暇中に、パーソナリティ代理として出演。

以下のプロ野球中継はいずれも、Tigers-aiが制作する中継で、実況アナウンサーとして出演。

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

読売テレビ単独制作のコーナーを、 同局の大阪本社スタジオから放送していた時期に出演。

以下の番組はいずれも、関西テレビで放送。

ラジオ[編集]

以下の番組はいずれも、OBCで放送。

月曜レギュラーの横山ノックと共演した時に、口喧嘩になったことがあった。
「キッチュ」と名乗っていた時期の松尾貴史と共に、パーソナリティを担当。
土・日曜の関西ローカル中継および、文化放送系のNRN日曜ナイトゲーム中継で実況を担当。プロ野球中継については、フリーアナウンサーへの転身後も、OBCがプロ野球中継から撤退するまで事実上同局専属であった。
ラジオ大阪のアナウンサー時代から、OBCでのラジオ中継が終了する2014年まで実況を担当。
フリーアナウンサーへ転身してから、メインパーソナリティ・梅田淳の夏期休暇中に代演。

以下の番組はいずれも、フリーアナウンサーへの転身直後に出演していた毎日放送(MBSラジオ)の番組。

その他[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]