黒田正宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒田 正宏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県印南郡大塩町
(現・姫路市
生年月日 (1947-12-21) 1947年12月21日(73歳)
身長
体重
176 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1970年 ドラフト6位
初出場 1972年4月28日
最終出場 1984年9月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

黒田 正宏(くろだ まさひろ、1947年12月21日 - )は、兵庫県印南郡大塩町(現・姫路市[1]出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ解説者評論家

経歴[編集]

生い立ち・アマチュア時代[編集]

生家は黒田官兵衛の子孫と伝わる[2][3]。黒田が生まれた頃、生家は薬局を経営しており、薬剤師をしていた母から整腸剤を毎日飲むように言われていたことが強い体の基礎となったと回想している[4]

中学生の時に本格的に野球を始め、姫路南高校では1年次の1963年からベンチ入り[5]。その時の3年生主砲が切通猛で、凄い筋肉で打球をポンポン飛ばしていた。黒田は一流になるにはあのぐらいの筋力がないといけないのかと思い、足腰を徹底的に鍛えた。切通からは「何でもええから走っとけ」と言われ、野球人生で最初に影響を受けた人になった[5]。同年の夏の甲子園兵庫大会市立西宮高校に6-5で敗れて準優勝。その後3年間、甲子園出場に届かなかった[5]ハワイ高校選抜チームが来日した際には兵庫県選抜の正捕手を務め、育英高校のエース・鈴木啓示とバッテリーを組んだ[5]

3年次の1965年第1回ドラフト阪急ブレーブスから10位で指名され、父も「給料がいいぞ、いけいけ」と勧めたが[5]、入団を拒否して1966年法政大学へ進学。1年次の同年から3年次の1968年まで田淵幸一の控え捕手を務め、4年次の1969年から正捕手となる。同年の春季・秋季ともに3割を打ち、秋季では同期のエース・山中正竹とバッテリーを組んで優勝に貢献したほか、同年の第8回アジア選手権日本代表にも選出される。大学同期には山中の他に江本孟紀堀井和人がいる。

大学卒業後の1970年本田技研へ入社し、同年の都市対抗に出場。1回戦の三菱自動車京都戦で本塁打を放ち、チームの本大会初勝利と準々決勝初進出に貢献して注目され、同大会の優秀選手賞を獲得。同年の社会人ベストナインにも選出された。

南海時代[編集]

1970年のドラフト6位で南海ホークスに入団。指名後、黒田自身はもう1年社会人で経験を積むことを考えていたために入団を固辞しようとしたが、南海のスカウトで法大の先輩である堀井数男柚木進から、野村克也選手兼任監督と「会って話をしてほしい」と頼まれ[6]、同年12月に当時住んでいた埼玉県和光市から野村の待つ大阪・難波ステーキ店へ向かい、野村と面談した。野村は「俺は恍惚だから」と話し、将来の正捕手ポストを示唆。黒田は驚きながらも南海入りに一気に傾いた。自身の誕生日である12月21日に入団を表明した[6]

1年目の1971年はオープン戦こそ出場できたが、シーズン開幕後は野村が出続けた[6]。入団当初から野村に「いつでも守れるようにしておけよ」と指示を受けていた。シーズン中のある時に野村が足を痛め、試合後「明日は無理や。準備しとけ」と言われた。黒田は「よーし」と張り切ったが、翌日になると「やっぱり俺が出るわ」と野村が出た[7]。2年目の1972年4月28日西鉄戦(大阪)で一軍初出場を果たし、以降は野村の控え捕手として下積みを重ね、必ず一軍に帯同した。3年目の1973年には試合中に転倒して右脱臼し、「すぐに診てもらえ!」と野村が手配してくれた病院で診察を終えた後、野村が沙知代夫人と小さい克則[8]を連れて待っていてくれた[9]。普段はぶっきら棒で「見て学べ」という感じの野村であったが、この時は「手術だけはするなよ。戻られへんからな」と言ってくれた[9]。打撃は非力であったが、インサイドワークとキャッチングに優れ、1974年には36試合に出場。野村退団後の1978年には、前年の2番手捕手であった松本芳之や打撃に定評のある和田徹を抑えて正捕手に抜擢され、自己最多の117試合に出場してリーグ最多の17死球を記録。南海の当時の先発陣には山内新一藤田学佐藤道郎シュートを使って勝負する投手が多く、「やられたら、やり返す」という当時のリーグの風潮から、相手にぶつけたら、ぶつけたチームの捕手が相手投手の標的になるのが暗黙のルールであり、「私が逃げれば味方の投手が遠慮して腕を振れなくなる」として、あえてボールをかわさなかったことが背景にある[4]。胸にボールが当たることを避けるため、投手側の左肩を開かないようにしていた[4]ロッテ戦で村田兆治の球を左脇腹に受け、肋骨を3本折った際は、知り合いの医者に頼み、骨を動かしてテーピングをしただけで出場を強行した[4]1979年には伊藤勲との併用になり、1980年には香川伸行の加入で競争が激化して出場機会が減少するが、同年6月19日の阪急戦(大阪)では盗塁の名手・福本豊が試みた3度の二盗を全てアウトにしており、福本自身がたびたび回想している[10]

西武時代[編集]

1982年のキャンプイン直前、根本陸夫管理部長の要望で、山下律夫山村善則との交換トレードで片平晋作と共に西武ライオンズへ移籍[11]大石友好伊東勤と併用され、1982年と1983年には2年連続リーグ優勝に貢献。中日との日本シリーズは全6戦中4戦、巨人との日本シリーズでは全7戦中3戦で先発マスクを被った。1982年の第1戦(10月23日ナゴヤ)では先制2点適時打を含む2安打3打点と打撃でも活躍し、2年連続チーム日本一に力を添えた。

1984年にはシーズン開幕直後の4月11日日本ハム戦(後楽園)の7回裏に大宮龍男が三ゴロを打った際、バットが真っ二つに折れ、その片方が黒田の左側頭部を直撃。意識を失って病院に運ばれたが、幸い骨や脳組織に異常はなく、4針を縫い、数日の検査入院だけで済んだ[12]。当時、黒田を含む捕手の多くがヘルメットを着用せず、通常の帽子を反対にかぶり、その上からマスクをつけているだけであった[4]。また、下田武三コミッショナーがバットの調査を開始し、素材であるアオダモの品質低下が判明[4]。捕手のヘルメット着用が義務づけられた。黒田は傷口の腫れを抑えるために夜は寝ることを禁止され、まぶたが閉じるのを必死で抑えていた[4]。入院3日目に広岡達朗監督が見舞いにきて「明日、ベンチに入れるからな。球場に来い」と言われた。リハビリに入るものだと思っていた黒田は、そのまま現場復帰させられた[4]。結局、同年は伊東が定位置を獲得したことで出場機会を失う。1985年には退団した森昌彦に替わる一軍バッテリーコーチに選手兼任で就任し、2年ぶりのリーグ優勝に貢献するが、選手としての出場はゼロとなった。同年引退。

引退後[編集]

引退後も西武に残り、監督として西武に復帰した森の下で一軍バッテリーコーチ(1986年 - 1987年)→一軍作戦兼バッテリーコーチ(1988年 - 1989年)を務め、4年連続リーグ優勝と3年連続日本一に貢献。現役時から師弟関係にあった伊東を指導し、黒田はマネージャーに頼んで、新幹線移動の際、伊東の座席を必ず主力投手と隣同士にさせた。そうすることで投手との信頼関係が築かれていき、配球の勉強と同時に、気持ちが通じ合うことの大切さを教えた[13]。また「捕手はどうしても当てられる」と死球のダメージを最小限に抑えるための避け方を教え、1986年の広島との日本シリーズ第6戦(10月25日広島市民)で伊東は投球を左に受けたが、翌26日も先発出場して27日の第8戦で日本一を決めた[4]

1990年からは監督に就任した田淵の招聘でダイエーヘッドコーチに就任するが、田淵と仲たがいして1991年に退団[14][15]。ダイエー退団後はラジオ大阪バファローズナイタードラマティックナイター」解説者、サンケイスポーツ評論家(1992年 - 1998年)を務めた。

その後は阪神で一軍バッテリーコーチ(1999年 - 2000年)→球団本部付部長(2001年 - 2002年)→編成部長(2003年 - 2010年)→シニアアドバイザー[16]2011年 - 2012年)→ヘッドコーチ[17]2013年 - 2014年[18])を歴任。バッテリーコーチ時代は野村の懐刀として気さくな人柄でコミュニケートし[19]矢野燿大が急成長した[20]。編成部長時代には鳥谷敬[21]の入団交渉を担当し、戦力補強に尽力した。ヘッドコーチとして現場復帰すると、監督の和田豊が打撃部門を見る時間が長いため必然的にバッテリー部門を任され[22]梅野隆太郎に西武時代の伊東に行ったような英才教育を施した[13]。投手の指導にも定評があり、岩田稔の捕手からの返球を捕った際に捕手に背中を向けてしまう癖が気になり、岩田に「返球を受けてすぐにサインを見るようにしてはどうか?」と助言。みるみるリズムが良くなった岩田はシーズン最後までローテーションを守り、躍進の原動力となった[22]。2014年の開幕前にはゼネラルマネージャー中村勝広から突如、ドラフト1位の岩貞祐太の状況確認のため「安芸二軍キャンプを視察してきてくれ」と要望があり、安芸へ向かった。一軍ヘッドコーチがキャンプ地を離れるのは異例のことであった。そこで二軍監督の平田勝男から「いいのがいます」と報告されて岩崎優を発掘し、大急ぎで和田に報告し、オープン戦の登板を勧めた[22]

阪神退団後の2015年からはTigers-ai解説者・サンケイスポーツ評論家、2016年からはサンテレビでも解説を務める。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 南海 4 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1973 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1974 36 13 13 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .077 .077 .077 .154
1976 15 9 9 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .222 .222 .222 .444
1977 8 6 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 .200 .333 .200 .533
1978 117 333 283 22 52 8 0 4 72 14 1 2 8 2 23 0 17 46 6 .184 .283 .254 .537
1979 63 164 142 9 27 4 0 3 40 12 1 2 7 1 6 0 8 20 2 .190 .261 .282 .543
1980 101 252 209 24 52 5 0 5 72 21 2 4 9 0 31 0 3 35 2 .249 .354 .344 .698
1981 79 180 160 12 33 7 0 2 46 7 1 0 4 0 9 0 7 25 4 .206 .278 .288 .566
1982 西武 70 141 127 5 27 3 0 0 30 3 0 1 6 0 6 0 2 20 3 .213 .259 .236 .495
1983 64 149 130 15 20 1 0 1 24 5 1 1 4 1 13 0 1 22 1 .154 .234 .185 .419
1984 25 56 47 8 7 2 0 1 12 5 0 0 3 0 5 0 1 8 2 .149 .245 .255 .501
通算:12年 586 1305 1127 96 222 30 0 16 300 69 6 10 41 4 93 0 40 183 22 .197 .281 .266 .547
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1972 4 0 0 0 -
1973 1 0 0 0 -
1974 31 11 7 4 .364
1976 8 2 2 0 .000
1977 8 2 2 0 .000
1978 116 126 81 45 .357
1979 63 61 42 19 .311
1980 101 106 75 31 .292
1981 79 75 51 24 .320
1982 68 48 32 16 .333
1983 64 51 41 10 .196
1984 25 26 17 9 .346
通算 568 508 350 158 .311

記録[編集]

背番号[編集]

  • 13 (1971年 - 1973年)
  • 33 (1974年)
  • 39 (1975年 - 1985年)
  • 91 (1986年)
  • 85 (1987年 - 1991年)
  • 75 (1999年 - 2000年)
  • 84 (2013年 - 2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 「黒田正宏 野球教室」が開催されました。 – NPO 大塩シーサイド パーク
  2. ^ 虎・黒田コーチは官兵衛の子孫だった 東スポWeb
  3. ^ タレントリスト 「黒田 正宏」
  4. ^ a b c d e f g h i パ最多のシーズン17死球
  5. ^ a b c d e 【軍師・黒田の野球戦記】田淵さん、江本とプレーした法大時代は財産
  6. ^ a b c 【おかえり!ノムさん 南海メモリー】黒田正宏氏「俺は恍惚」口説かれて入団も最後までその姿見られず
  7. ^ 【軍師・黒田の野球戦記】和田監督の「代打決断の速さ」に進化感じた
  8. ^ 入籍するのは約5年後。
  9. ^ a b 黒田正宏氏、野村さんは「ぶっきらぼうで『見て学べ』という感じ」
  10. ^ オリ臨時C・福本氏“しくじり話”で積極性促す「怖がらんこと」
  11. ^ 1981年まで南海は西武にシーズン通算対戦成績で勝ち越していたが、正捕手・黒田の移籍後は負け越しが続き、勝ち越したのは親会社がダイエーになった22年後の2003年シーズンであった。
  12. ^ 週刊ベースボールONLINE プロ野球デキゴトロジー/折れたバットが頭部へ!20年以上前にもキャッチャー受難【1984年4月11日】
  13. ^ a b 【軍師・黒田の野球戦記】梅野を「144試合1軍で」
  14. ^ 星野仙一『夢 命を懸けたV達成への647日』(角川書店 2003年)P122
  15. ^ たとえ嫌われ者であっても使いこなす星野さんのすごさ
  16. ^ 阪神・黒田編成部長退任→SAに” (2010年12月28日). 2012年4月10日閲覧。
  17. ^ 阪神、黒田ヘッドコーチが就任 打撃コーチに水谷氏 産経新聞 2012年10月12日閲覧
  18. ^ コーチの退団について阪神球団公式サイト2014年11月1日配信
  19. ^ 大阪日刊スポーツ・なにわWEB・阪神タイガース99陣容
  20. ^ 大阪日刊スポーツ・なにわWEB・阪神タイガース2000陣容
  21. ^ 【虎のソナタ】寒い!!東京も虎打線も…
  22. ^ a b c 【軍師・黒田の野球戦記】「背を向けるな」で岩田蘇らせた

関連項目[編集]

外部リンク[編集]