佐藤道郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤 道郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都中野区
生年月日 (1947-05-05) 1947年5月5日(70歳)
身長
体重
181 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト1位
初出場 1970年4月12日
最終出場 1980年10月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

佐藤 道郎(さとう みちお、1947年5月5日 - )は、東京都中野区出身の元プロ野球選手投手)・コーチ監督解説者評論家。愛称はミチミチさん

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

日大三高ではエースとして同期の石塚雅二とバッテリーを組み、1965年夏の甲子園都予選決勝に進むが、後に大学で同期となる日大二高の神山修投手に完封され0-2で惜敗、甲子園出場を逸する。高校の1年上には大橋穣がいた。

高校卒業後は石塚とともに、1966年日本大学に進学。3年次にチームが二部リーグに降格するが、4年次の1969年に一部リーグ復帰を果たすと、春秋連続で8勝という大車輪の活躍で東都大学リーグ連続優勝に貢献し、最高殊勲選手・最優秀投手・ベストナインを連続獲得した。年間16勝(2007年東洋大大場翔太が17勝で更新)、秋季リーグの5完封勝利(1974年秋季リーグでの東洋大の松沼博久がタイで並ぶ)はいずれもリーグ記録であった。一部リーグ通算40試合登板、20勝9敗、防御率1.52、148奪三振。二部リーグで12勝。また、1969年の全日本大学野球選手権決勝では東海大学上田二郎と互いに無失点で投げ合い、9回表に谷口剛(住友金属)の決勝本塁打によって惜しくも0-3で苦杯を喫するが、今も名勝負として語り伝えられている。同年の第8回アジア野球選手権大会日本代表。大学同期には神山(内野手に転向)の他、須藤和彦(日産自動車)、植原修平がいた。

現役時代[編集]

1970年にドラフト1位で南海ホークスへ入団。同年は野村克也選手兼任監督が1年目であったが、佐藤は新人ながらリリーフ投手に抜擢されて、リーグ最多となる55試合に登板し、交代完了は47試合を数えた。最終的にはチームトップの18勝、防御率2.05の成績で最優秀防御率新人王のタイトルを獲得。以降1976年までの7シーズンで5度のリーグ最多登板、6度のリーグ最多交代完了を記録するなど、まだセーブ制度のない時代にあって、リーグを代表するリリーフ投手として活躍した。またこの間、1972年最高勝率1974年に最優秀防御率と共に、この年新設された最多セーブ投手、1976年に二度目の最多セーブと新人から7年目まで1年おきに6個のタイトルを獲得している。また、リーグ優勝した1973年には5月30日から6月2日にかけて3試合連続でサヨナラ本塁打を浴びる記録も作った[1]

1977年からは江夏豊のリリーフ専任化により佐藤は先発へ転向。江夏は佐藤に代わって抑え転向を承諾した際、真っ先に佐藤の処遇について野村に質問している。好人物だった佐藤に好感を持っていたためである[2]。これに対する野村の回答は「あいつはお前より体力があるから先発でいける」であり、その言葉通り佐藤は12勝をあげて先発投手として好成績を収めた。1978年に監督に就任した広瀬叔功は江夏を放出するも、専任のリリーフを置かず佐藤は引き続き先発を務める。しかし、わずか3勝(8敗)に終わって、シーズンオフには構想外となり伊藤勲田村政雄との交換トレードで横浜大洋ホエールズに移籍。

当時大洋の監督は別当薫であったが、投げ込みを重視する佐藤は走り込みを重視する別当と調整方法が合わず[3]、リリーフに復帰するも2勝4セーブの成績に留まった。1980年からは別当に代わって土井淳が監督になり、佐藤は春のキャンプで投げ込みを中心に調整を進めるものの右肩を痛めてしまう[4]。大好きな水割りグラスを持つことすらできない重傷で、6月には引退を決意、10月23日の対ヤクルト戦で500試合登板を果たすと現役を引退した[5]。この年の5月14日には、当時ロッテの二軍で燻っていた落合博満イースタン・リーグの試合で対戦し、本塁打を浴びた。落合は自著の中で、衰えていたとはいえ一流投手の佐藤から放った本塁打を打ったことを、自分のプロ野球人生の転機の一つとしてあげている[6]

現役引退後[編集]

引退後は、東京12チャンネル→テレビ東京解説者スポーツ報知評論家1981年 - 1983年)、ロッテ一軍投手コーチ(1984年 - 1986年)、よみうりテレビ解説者(1987年 - 1990年)、中日一軍投手コーチ(1991年 - 1992年)・二軍監督(2004年 - 2006年)、近鉄一軍投手コーチ(1993年, 1996年)・二軍投手コーチ(1994年 - 1995年)、ラジオ大阪解説者(1997年 - 2003年)を務めた。ラジオ大阪解説者時代の2001年、前年最下位であった近鉄のパシフィック・リーグ制覇を予想した。中日二軍監督時代の2004年、ウエスタン・リーグ優勝及びファーム日本一へ導いた。

佐藤の持論として現在でも投手に説くのは緩急の重要性で「2ストライク目までは間を取らずに早く投げたり、速球と緩急を組み合わせるようなピッチングで、3ストライク目は自分の目一杯の球で」という指導を展開[7]。例えとして、「最初の2人は美人じゃなくても、3人目が美人だとあっと驚くだろう」「ピッチャーは(コースを)低く投げると給料が高くなる」など、分かりやすい教え方で多くの投手を育てた[7]

ロッテコーチ時代には、チームの総四球を100個以上も減らして2位に躍進にさせ[7]、肘の故障でリハビリ中だった村田兆治を復活させた。中日コーチ時代には、ストレートとカーブしか投げられなかった森田幸一にチェンジアップを教える。森田はチェンジアップをものにして3-0のカウントでも投げるようになり、新人王を獲得した[8]。近鉄コーチ時代には、ある試合で野茂英雄が先発を回避した事があり、佐藤は当時リリーフ専門だった吉井理人を先発として推薦。監督の鈴木啓示は大反対したが[9]、低迷していた吉井を復活させるきっかけになればと吉井を推薦したという[9]。結果は3年ぶりの先発(1993年6月17日の西武戦)だったが、見事完封勝利を飾った。後年、吉井自身も「先発投手になるきっかけになった試合だった」と語っている[9]。中日二軍監督時代には、石井裕也が初勝利を挙げた時のインタビューで「佐藤二軍監督に報告したい」と言ってくれたのは嬉しかったと述べている[7]。また吉見一起には肘に負担がかかりづらい握りのシュートを教え吉見は2か月ぐらいで習得し活躍していったという[10]

2009年からは知人の店を引き継いで「野球小僧」というスナックを経営[7]

人物[編集]

また当時としては画期的だったノーワインドアップ投法を取り入れていたことでも知られる。

「耳からタバコの煙を出す」という特技を持っているが、これは大学時代に先輩に手酷く殴られて鼓膜が破れたのをそのままにしてしまったためであるという[11]

大相撲の元横綱輪島大士は大学時代の同期であり、当時から親交があった。

現夫人は、元タレント仲根かすみの実母。仲根は2005年12月10日福岡ソフトバンクホークス投手和田毅と結婚した(なお前夫人は遠縁ながら上岡龍太郎と姻戚関係にあたる女性だった)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 南海 55 3 1 0 0 18 6 -- -- .750 552 144.2 93 18 32 3 3 104 1 2 36 33 2.05 0.86
1971 39 3 0 0 0 8 4 -- -- .667 402 93.2 89 16 45 1 3 66 2 0 51 48 4.60 1.43
1972 64 2 0 0 0 9 3 -- -- .750 622 154.0 115 13 58 8 4 93 0 1 50 43 2.51 1.12
1973 60 2 1 0 0 11 12 -- -- .478 536 130.1 117 14 38 5 3 76 1 5 54 46 3.18 1.19
1974 68 0 0 0 0 7 8 13 -- .467 528 131.2 114 7 36 4 3 77 1 4 33 28 1.91 1.14
1975 42 7 3 0 0 9 9 6 -- .500 632 150.2 153 12 46 2 5 67 0 0 57 42 2.50 1.32
1976 54 4 2 1 0 9 4 16 -- .692 541 136.0 122 8 29 0 3 56 0 0 50 34 2.25 1.11
1977 38 20 7 1 1 12 10 0 -- .545 857 202.2 210 17 61 2 8 79 2 0 89 78 3.46 1.34
1978 25 15 1 1 0 3 8 0 -- .273 377 83.1 111 12 19 1 6 40 0 0 59 57 6.18 1.56
1979 大洋 43 0 0 0 0 2 5 4 -- .286 288 64.1 72 8 28 3 4 38 0 0 35 32 4.50 1.55
1980 12 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 61 12.0 20 2 6 1 0 7 0 0 15 15 11.25 2.17
通算:11年 500 56 15 3 1 88 69 39 -- .561 5396 1303.1 1216 127 398 30 42 703 7 12 529 456 3.15 1.24
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板:1970年4月12日、対ロッテオリオンズ1回戦(東京スタジアム)、7回裏に4番手で救援登板・完了、2回無失点
  • 初奪三振:同上、7回裏に長谷川一夫から
  • 初勝利:1970年4月14日、対阪急ブレーブス1回戦(大阪球場)、8回表2死に2番手で救援登板・完了、1回1/3を無失点
  • 初先発:1970年4月24日、対東映フライヤーズ1回戦(後楽園球場)、5回1/3を3失点(自責点2)で敗戦投手
  • 初先発勝利:1970年7月16日、対東映フライヤーズ12回戦(大阪球場)、6回4失点
  • 初完投勝利:1970年8月30日、対近鉄バファローズ19回戦(大阪球場)、9回3失点
  • 初セーブ:1974年6月6日、対ロッテオリオンズ後期13回戦(大阪球場)、8回表1死に2番で救援登板・完了、1回2/3を無失点
  • 初完封勝利:1976年9月14日、対日本ハムファイターズ後期8回戦(大阪球場)
節目の記録

背番号[編集]

  • 14 (1970年 - 1980年)
  • 77 (1984年 - 1986年)
  • 76 (1991年 - 1992年)
  • 75 (1993年 - 1996年)
  • 71 (2004年 - 2006年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『引退 そのドラマ』66頁
  2. ^ 江夏豊『これが、言いたい事のありったけ―さらばプロ野球、乱に生きた18年』徳間書店
  3. ^ 『引退 そのドラマ』68頁
  4. ^ 『引退 そのドラマ』69頁
  5. ^ 『引退 そのドラマ』70頁
  6. ^ 落合博満『野球人』ベースボール・マガジン社、1998年、49頁
  7. ^ a b c d e 『かっ飛ばせ! ! プロ野球』ベストセラーズ、2015年、21頁
  8. ^ 『証言プロ野球ドラフト会議50年』宝島社、2015年、105-106頁
  9. ^ a b c 週刊ベースボール』2013年5月20日号、21頁
  10. ^ 『証言プロ野球ドラフト会議50年』宝島社、2015年、106-107頁
  11. ^ 『引退 そのドラマ』65頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]