石井裕也 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石井 裕也
北海道日本ハムファイターズ #13
Yuya Ishii on March 16, 2012.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市港南区
生年月日 (1981-07-04) 1981年7月4日(35歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト6巡目
初出場 2005年4月13日
年俸 4,200万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石井 裕也(いしい ゆうや、1981年7月4日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

先天性の難聴ではあったが、小学2年生の時に兄が所属する少年野球チームに加わり、野球を始める[2]。小学5年生で外野手投手を兼務し始めたときは制球力が悪かった。子供の頃から大洋ホエールズおよびその後身球団である横浜ベイスターズのファンであり、友の会に入っていた。

横浜商工高校に進学。同校では3年夏の神奈川県大会で5試合を投げて37個の三振を奪いベスト8に進出。この頃から「サイレントK」と呼ばれ始める。1999年のプロ野球ドラフト会議指名候補にも挙がったが指名はなかった。中日ドラゴンズのスカウト部長である中田宗男は「高校の頃から目をつけていたが、ハンデがあるので成人するまで様子を見た」と後に語っている。

障害者の雇用の促進等に関する法律により三菱重工横浜に入社。同期には、後に日本ハムでもチームメイトになる鶴岡慎也がいた。チームは2001年に親会社の方針で企業登録からクラブ登録へ変更になった[3]。このとき三菱重工名古屋への移籍の話もあったが、本人が横浜残留を希望してチームにとどまる。肩を壊し2年間登板できない期間があったがリハビリで治し、基礎トレーニングを積んだ[2]2003年新日本石油2004年には東芝の補強選手としてそれぞれ都市対抗野球大会に出場して経験を積み、チームのエースに成長した。

2004年のプロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズから6巡目で指名され、即戦力左腕として期待をかけられた。プロ入りに関しては家族からの反対もあったが、どうしてもプロ入りがしたいと家族を説得して入団する。

中日時代[編集]

2005年4月13日広島東洋カープ戦でプロ初登板。初球を前田智徳豊橋市民球場の右翼スタンドに放り込まれた。4日後の4月17日阪神タイガース戦でプロ入り初勝利を挙げ、その試合で逆転適時打を打った福留孝介にお立ち台に連れて行ってもらい、岩瀬仁紀からウィニングボールを手渡された。初めてのヒーローインタビューでは照れて顔を真っ赤にしていたが、たどたどしい言葉が場内に響くたびに拍手が巻き起こった。セ・パ交流戦オリックス・バファローズ戦に登板した際、捕手の谷繁元信のサインに首を振って投げた球で三振を奪い、ベンチで谷繁にその新人らしからぬ度胸を褒められた。9月24日には読売ジャイアンツ(巨人)戦でプロ入り初先発し、巨人打線を5回無失点に抑える。4回には自ら適時二塁打を放ち、初先発を白星で飾った。

2006年は開幕から朝倉健太と共にロングリリーフ要員として開幕を一軍で迎えた。リリーフとしては結果を残したが、先発起用されると打ち込まれることが多く、11試合の登板に留まった。2007年は主に先発降板後の2番手として登板。4月下旬から一軍入りするも、5月に入って二軍落ち。9月の優勝争いの時期に一軍へ返り咲くと8試合連続無失点の好投を見せ、7点台だった防御率を2.95まで改善してシーズンを終えた。制球に苦しみ、再三走者を出すものの後続を打ち取る、あるいは後を継いだ投手が抑えるというケースが多かった。左打者は29打数2安打と抑えるも、右打者に対しては苦しんだ事がそういった印象を与える事にもなった。

2008年は開幕を二軍で迎える。6月16日小池正晃との交換トレード横浜ベイスターズへ移籍。3年越しで憧れの球団に入団することとなった。

横浜時代[編集]

横浜時代(2009年4月30日、阪神甲子園球場)

移籍してすぐ一軍登録され、吉原道臣寺原隼人につなぐ勝利の方程式の一角を担った。登板数は35試合と過去最高であり、高い奪三振率と勝負強い投球術を見せ、信頼を勝ち取った。

2009年には前年度まで抑え投手を務めていた寺原が先発投手に転向するに当たって、石井が抑えに回ることとなった。春季キャンプでは新球フォークボールの習得するなど意欲を見せ、横浜の偵察に来ていた巨人のスコアラーに「制球も良く、自滅することが少ない」と評価され、本人もかつて在籍した中日の岩瀬仁紀のような抑え投手を目指していると語っていた。4月12日東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初セーブを挙げ、その後6セーブを挙げるも救援の失敗が続き、山口俊に抑えの座を譲ることになった。二軍での再調整後は一軍の中継ぎに回った。2010年4月2日に江尻慎太郎との交換トレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍。

日本ハム時代[編集]

6月14日から一軍合流。主に左のワンポイントで登場。一軍合流後は防御率0.93の快投を続けるが、7月18日に怪我で登録抹消。その後復帰するが調子が上がらず、腰痛のため再度登録抹消された。

背番号を27から13に変更して挑んだ2011年シーズンは、左のワンポイントリリーフとして首位争いを演じる日本ハム中継ぎ陣を支えた。8月8日東北楽天ゴールデンイーグルス戦で1球勝利(日本ハム移籍後初勝利)、同14日の福岡ソフトバンクホークス戦で2球勝利を記録したが、これらを同一月に記録したのはプロ野球史上初。なお、この2試合とも先発投手は斎藤佑樹で、石井は2番手として登板した。

2012年シーズン開幕直後にめまいを発症し、長期にわたり離脱する。復帰は同年シーズン終盤となったが、約1ヶ月間で17試合に登板し、リリーフ陣の一角としてリーグ優勝に貢献した。2013年は序盤から一軍に帯同し、登板51、投球回46、勝利4、ホールド17はいずれも自己最多となったものの、翌2014年は登板試合数が減少した。

選手としての特徴・人物[編集]

140km台中盤~後半の直球。得意球は、スライダースクリューボール。2009年にはフォークボールを習得。

マウンドに上がると補聴器の電源を切ることが多い[2]。連携プレイの際は野手の指差しで判断しているが、優れた瞬間視(一瞬映るものを判断する能力)によって野手の声が届かないハンデをカバーしている。

2007年5月10日の広島戦(広島市民球場)でサヨナラ負けを経験した。終了直後にベンチに戻ってから、捕手の谷繁に配球をめぐってコーチが止めに入るほどの厳しい叱責を受けたが、耳のほとんど聞こえない自分に野球のことで本気で叱ってくれたのは谷繁が初めてで嬉しかったと語り、野球人生の中で最も印象の深い出来事の一つだと言う。

日本ハムに移籍初年度の背番号は前述の本気で叱ってくれた谷繁と同じ27。2011年からは、憧れで目標としている岩瀬と同じ背番号13をつけることになった。

難聴を抱えるプロ野球選手として[編集]

先天性難聴であり、左耳は全く聞こえず、右耳も補聴器でかすかに聴こえる程度である。このハンデを抱えながらプロ野球選手として活躍する石井は、過去に様々なメディアに採り上げられている。

ハンディキャップがありながら三振を奪っていく投球から「サイレントK」と呼ばれている。

新人時の2005年に、自身のインタビューが高校生向けの英語の教科書に採り上げられている[4]。インタビューで「これまで難聴のハンデを感じたことがほとんどなく、幼い頃からプロ野球選手が夢だった」と語っている。同じプロ野球選手としては前年(2004年)に松井秀喜、過去にはイチローなどのインタビューも掲載されたが、新人選手が採り上げられるのは異例のことだった。

新人時と2年目(2006年)の2回に渡ってNHK教育テレビジョンの聴覚障害者向け番組で、2008年に同じく教育テレビの子供向け番組『道徳ドキュメント』で、横浜に移籍した際には同じ時期に巨人から移籍した真田裕貴とともに『バース・デイ』(TBSテレビ)で採り上げられた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 中日 24 2 0 0 0 3 1 0 5 .750 163 32.1 49 3 18 1 1 27 2 0 22 21 5.85 2.07
2006 11 1 0 0 0 2 1 0 0 .667 101 24.2 20 1 10 0 2 24 1 0 11 11 4.01 1.22
2007 16 0 0 0 0 2 2 0 4 .500 74 18.1 13 1 11 0 0 14 0 0 6 6 2.95 1.31
2008 横浜 35 1 0 0 0 2 0 0 14 1.000 177 45.1 28 3 16 2 2 40 0 0 12 12 2.38 0.97
2009 28 0 0 0 0 0 6 6 3 .000 114 25.1 26 4 11 1 1 18 0 0 15 12 4.26 1.46
2010 日本ハム 13 0 0 0 0 0 0 0 5 ---- 43 10.2 8 0 2 0 1 8 1 0 3 3 2.53 0.94
2011 39 0 0 0 0 3 1 0 9 .750 138 34.1 27 1 11 0 0 22 0 0 6 5 1.31 1.11
2012 18 0 0 0 0 2 1 0 6 .667 65 17.0 8 2 6 0 0 18 0 0 3 3 1.59 0.82
2013 51 0 0 0 0 4 6 0 17 .400 202 46.0 45 2 23 1 0 35 1 0 18 14 2.74 1.48
2014 13 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 49 9.2 14 1 8 0 0 6 0 0 7 5 4.66 2.28
2015 51 0 0 0 0 0 1 0 7 .000 151 35.0 31 0 14 0 1 26 0 1 15 8 2.06 1.29
通算:11年 299 4 0 0 0 19 19 6 70 .500 1277 298.2 269 18 130 5 8 238 5 1 118 100 3.01 1.34
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打・初打点:2005年9月24日、対読売ジャイアンツ21回戦(ナゴヤドーム)、4回裏に西村健太朗から右中間へ2点適時二塁打
その他記録

背番号[編集]

  • 30 (2005年 - 2008年途中)
  • 44 (2008年途中 - 2010年途中)
  • 27 (2010年途中 - 同年終了)
  • 13 (2011年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c 「最後まであきらめない 石井裕也」 『週刊ベースボール』2009年4月13日号、ベースボール・マガジン社、2009年、雑誌20445-4/13、43-47頁。
  3. ^ 2008年に再び企業登録となる。
  4. ^ WHAT'S UP? 2005-6 Elementary (PDF) 桐原書店

関連項目[編集]

外部リンク[編集]