中村一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 一生
Nakamuraissei 20160320.JPG
オリックス時代
(2016年3月20日、阪神鳴尾浜球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都江戸川区
生年月日 (1982-04-02) 1982年4月2日(35歳)
身長
体重
186 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2004年 ドラフト7巡目
初出場 2008年8月3日
最終出場 2016年8月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • オリックス・バファローズ (2017)

中村 一生(なかむら いっせい、1982年4月2日 - )は、東京都江戸川区出身の元プロ野球選手外野手)、プロ野球コーチ。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

東海大学付属浦安高等学校時代の2000年夏に、第82回全国高等学校野球選手権大会千葉県代表として出場。「5番・中堅手」として、チームの準優勝に貢献した。

高校卒業後に国際武道大学へ進学。広い守備範囲と俊足を武器に、千葉県大学リーグで活躍した。

中日時代[編集]

中日時代(2009年7月16日、ナゴヤ球場)

2004年11月17日に行われた2004年のプロ野球ドラフト会議で、中日ドラゴンズから7巡目で指名され、契約金5,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。背番号は「51」。国際武道大学野球部の選手がNPBの球団と契約した事例は、高橋光信に次いで2人目であった。

2005年から2007年までは、一軍公式戦への出場機会がなかった。ただし、2006年フレッシュオールスターゲームには、ウエスタン・リーグ選抜の一員として出場。本塁打を含む2安打を放った末に、優秀選手に選ばれた。

2008年はプロ入り後初めて一軍へ昇格。一軍公式戦9試合の出場で、打率.333(9打数3安打)、2打点を記録したほか、2本の二塁打を放った。9月には、5歳年上の女性と結婚。チームがレギュラーシーズン3位で臨んだクライマックスシリーズにも、守備要員として一軍に帯同した。

2009年は春季キャンプを一軍で過ごしながら、公式戦の開幕を二軍で迎えた。7月にシーズン初の一軍昇格を果たすと、公式戦10試合に出場。7月17日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で一軍初本塁打を放つなど、打率.313、2打点、4得点という成績を残した。

2010年は一軍公式戦7試合に出場したが、4打数無安打に終わった。

2011年は一軍昇格の機会がないまま、シーズン終了後の11月11日戦力外通告を受けた[1]

オリックス時代[編集]

2011年12月19日オリックス・バファローズが中村の獲得を発表した[2]。背番号は「63」。

2012年は公式戦の開幕を二軍で迎えた。正中堅手の坂口智隆5月17日の対巨人戦(東京ドーム)で負傷したことから、19日に移籍後初の出場選手登録。代走、外野の守備要員、左投手の先発が予想される試合でのスタメン要員として、シーズン終盤まで一軍に帯同した。一軍公式戦には、通算で62試合に出場。中日時代を上回る11安打6打点を記録した。5月には、23日の対阪神タイガース戦で岩田稔から一軍で3年振りの本塁打を放つと、31日の対中日戦(いずれも京セラドーム大阪)では3番打者としてスタメンに起用された。

2013年は一軍公式戦34試合に出場。打席数(37)が前年から半分近く減った一方で、移籍後初の盗塁を記録したほか、打率を.265にまで上げた。

2014年は左投手の先発が予告された一軍公式戦でスタメンに起用されたが、左投手との対戦打率は.146にとどまった。

2015年は代走や守備要員としての起用を中心に、一軍公式戦でプロ入り後自己最高の67試合に出場。打席数(38)が前年からほぼ半減したほか、打率も.200にとどまったが、5打点を挙げた。その一方で、走塁面では、盗塁刺数(6)が盗塁数(2)を上回った。

2016年5月14日の対福岡ソフトバンクホークス戦(ほっともっとフィールド神戸)で、7回裏に四球で出塁したブレント・モレルの代走として出場。8回表から中堅の守備に就くと、同点の延長10回裏2死1・2塁で迎えた第2打席で、ロベルト・スアレスから二塁打を放った。中村にとっては野球人生で初めてのサヨナラ安打でもあった[3]が、一軍公式戦での安打はこの1本にとどまった。公式戦への出場も移籍後最少の7試合にとどまったことから、シーズン終了後の10月2日に球団から戦力外通告を受けた[4]。12月2日、自由契約公示された[5]。他球団での現役続行を視野に12球団合同トライアウトへ参加する意向を示していた[6]が、オリックスからコーチ就任の打診を受け、現役を引退した。

現役引退後[編集]

2016年10月27日にオリックスバファローズの一軍外野守備走塁コーチに就任することが発表された[7]2017年、シーズン最終戦翌日の10月10日に来年度の契約更新を行わない旨を通告された[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 中日 9 11 9 0 3 2 0 0 5 2 0 0 0 0 2 0 0 1 0 .333 .455 .556 1.010
2009 10 18 16 4 5 0 0 1 8 2 0 0 0 1 1 0 0 5 0 .313 .333 .500 .833
2010 7 4 4 2 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
2012 オリックス 62 60 54 8 11 4 0 1 18 6 0 1 2 1 2 0 1 24 0 .204 .241 .333 .575
2013 34 37 34 3 9 3 0 0 12 1 2 1 0 0 3 0 0 14 1 .265 .324 .353 .677
2014 62 64 57 13 14 5 0 0 19 4 5 2 2 1 4 0 0 11 0 .246 .290 .333 .624
2015 67 38 35 6 7 3 0 0 10 5 2 6 3 0 0 0 0 8 0 .200 .286 .200 .486
2016 7 5 5 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .400 .600
NPB:8年 258 237 214 37 50 18 0 2 74 21 10 10 7 3 12 0 1 65 1 .234 .274 .346 .620

年度別守備成績[編集]


外野 一塁














2008 8 8 0 0 0 1.000 -
2009 9 15 2 0 0 1.000 -
2010 7 2 0 0 0 1.000 -
2012 58 46 1 0 0 1.000 -
2013 33 20 0 0 0 1.000 -
2014 54 91 3 0 0 .974 1 1 0 0 1 1.000
2015 54 44 1 1 0 .978 -
2016 6 2 0 0 0 1.000 -
通算 229 228 7 1 0 .996 1 1 0 0 1 1.000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 51 (2005年 - 2011年)
  • 63 (2012年 - 2016年)
  • 86 (2017年)

脚注[編集]

  1. ^ 来季の選手契約について 中日ドラゴンズ公式サイト 2011年11月11日閲覧
  2. ^ 長峰昌司選手、中村一生選手 獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2011年12月19日). 2016年11月15日閲覧。
  3. ^ 戦力外通告のお知らせ”. 日刊スポーツ (2016年5月15日). 2016年10月28日閲覧。
  4. ^ 戦力外通告のお知らせ”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  5. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  6. ^ オリックス戦力外の原&中村 トライアウト受験へ「まだ全然やれる」”. スポーツニッポン (2016年10月10日). 2016年10月28日閲覧。
  7. ^ 新コーチングスタッフ決定のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2016年10月27日). 2016年11月15日閲覧。
  8. ^ コーチ人事のお知らせ オリックス・バファローズ公式サイト 2017年10月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]