高橋光信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋 光信
オリックス・バファローズ コーチ #73
HT-Mitsunobu-Takahashi.jpg
阪神内野手時代(2008年6月27日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市南区
生年月日 (1975-07-07) 1975年7月7日(42歳)
身長
体重
177 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1997年 ドラフト6位
初出場 2000年8月25日
最終出場 2010年6月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

高橋 光信(たかはし みつのぶ、1975年7月7日 - )は、横浜市南区出身の元プロ野球選手内野手)、プロ野球コーチ。愛称は「ミツ」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中本牧リトルシニア出身。 横浜高校では1年時に右肩を手術、3年時には第65回選抜高等学校野球大会に出場したが、膝を故障するなど度重なる怪我に苦しんだ。その際に渡辺元智野球部監督から相談に親身に対応してもらったことで、高校卒業の時点では指導者になることを目指していた。そのため、教員免許を取得するなどの理由から強豪校をあえて避け、千葉県大学野球連盟所属の国際武道大学に進学する。大学では日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、高橋由伸の後を打つ4番として出場した。また、リーグ新記録となる大学通算16本塁打を記録する。

1997年のドラフト中日ドラゴンズから6位指名を受け入団する。当時の監督星野仙一から「打つだけなら高橋由伸より上」と期待された。

プロ入り後[編集]

中日時代[編集]

6年目の2003年まで二軍では活躍していたが、守備の不安や故障なども有り一軍では目立った成績を残せなかった。

2004年からは、落合博満の新監督就任によって背番号66を譲る事になった高橋は、背番号0に変更した。同年は実績は無かろうとも、落合監督の掲げた「右の和製4番打者」候補の1人に挙げられると、シーズン後半から選球眼の非常に優れた代打の切り札として起用された。9月7日読売ジャイアンツ戦では右投手の中村隼人に対して左打ち井上一樹の代打として、勝ち越しの押し出し四球を選んだ。9月14日阪神タイガース戦では、9回に完封目前の井川慶から起死回生の同点3点本塁打を放った他、9月26日横浜ベイスターズ戦ではダメ押しの3ラン本塁打など、全て代打出場で活躍した。

2005年4月2日の横浜戦で9回に代打出場し、自身初となる逆転サヨナラ2ラン本塁打佐々木主浩から放ち、三塁ベースコーチの高代延博と手を繋ぎスキップしながらホームインした。5月6日、セ・パ交流戦初戦となるオリックス・バファローズ戦で、暴力事件で出場停止となっていたタイロン・ウッズに代わり4番指名打者スタメン出場し、3番レフト立浪和義5番ライト福留孝介クリーンナップを形成。球団史上初の公式戦先発指名打者を務めた。

2006年は積極的な打撃スタイルに変えたことで四球数が減少。シーズン途中までは好調を維持していたが、8月に極度の不振と故障により登録を抹消され、それ以降一軍に再昇格することなくシーズンを終えた。同年シーズン中に新井良太が台頭してきたこともあり、10月28日に球団から戦力外通告を受け、11月に12球団合同トライアウトを受験した。その後、阪神の秋季キャンプへの参加が認められ、入団テストに合格して阪神入団が決定した。

阪神時代[編集]

移籍1年目の2007年は右の代打要員として開幕からベンチ入りするも、極度の不振に陥り開幕1か月で二軍落ち。その後、故障した林威助と入れ代わりで8月29日に一軍昇格。同年初となるスタメンで即日起用され、移籍後初打点を挙げると、8月31日には移籍後初本塁打を放ちお立ち台にも上がった。当時はちょうどチームが10連勝した時期で、連勝中は打率.500の活躍を見せた。

2008年は、交流戦中の5月26日に一軍昇格して即日代打起用され安打を放った。その後、交流戦期間中は指名打者で先発出場もし、リーグ戦再開後は代打要員兼新井貴浩が腰痛で欠場した際のスタメン一塁手として起用され、勝負強い打撃を見せた。7月29日の東京ヤクルトスワローズ戦では5番一塁で先発出場し、石川雅規から決勝点かつプロ通算100本目の安打となるソロ本塁打を放つなど、自己最高成績を残した。9月には、自らがプロデュースしたTシャツが球団公認グッズとして発売された。

2009年は開幕一軍から漏れた上、4月末に右ふくらはぎを痛めた影響で一軍昇格は6月になった[1]。結局1年を通しては芳しい成績を挙げられなかった。

2010年は7試合の出場で無安打に終わり、この年限りで現役引退した。

現役引退後[編集]

2011年に阪神の二軍打撃コーチへ就任。和田豊が一軍監督へ就任した2012年から、一軍打撃コーチを務めた。同年チーム打率4位、得点・本塁打同最下位に終わった[2]2015年には、チーム打率がセントラル・リーグ4位、安打数が5位、得点数が最下位、本塁打数が5位と低迷[3]。その結果、10月17日に、コーチ契約を更新しないことを球団から通告され[4]、解任された[5]

2016年1月1日付で、オリックス・バファローズに業務委託スタッフとして入団。同年のシーズン中は、一軍に帯同しながら、アドバイザーに近い立場でスコアラーを務めた[6]2017年シーズンからは、一軍打撃コーチ[7]を務めたがチーム打率・得点・本塁打がリーグ4位に終わり、シーズン最終戦翌日の10月10日に来年度の契約更新を行わない旨を通告された[8]

人物[編集]

中日在籍時代から、ボランティア活動として毎年オフに中日の選手を数人引き連れて名古屋市内の児童施設の子供たちを回転寿司屋に招き、自ら寿司職人となって寿司を振舞っている。阪神移籍後も「これだけはプロ野球選手である限り続けたい」と中日の若手選手に交じって参加しており、阪神コーチとなってからもこの行事には顔を出している。中日時代は中日のユニフォームを着ていたが、移籍後は寿司職人風の衣装を着ている。

阪神移籍後の登場曲は、2008年シーズンの途中からET-KINGの「ギフト」に変更し、2009年からはこの曲の歌詞を一部変えたオリジナルバージョンを使用している。

趣味は釣りで、阪神移籍後はサンテレビの釣り番組「ビッグフィッシング」に毎年1月に出演している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2000 中日 22 38 38 4 9 2 0 2 17 6 0 0 0 0 0 0 0 5 2 .237 .237 .447 .684
2001 3 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .000 .143 .000 .143
2002 26 74 70 9 16 2 0 3 27 5 1 1 0 0 1 0 3 10 1 .229 .270 .386 .656
2003 15 14 14 1 3 1 0 1 7 1 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .214 .214 .500 .714
2004 35 35 27 5 8 1 0 3 18 9 0 0 0 0 6 0 2 6 0 .296 .457 .667 1.124
2005 72 80 69 3 17 4 0 3 30 14 0 0 0 1 7 0 2 14 2 .246 .329 .435 .764
2006 67 90 86 6 21 6 0 3 36 12 0 0 0 1 3 0 0 15 2 .244 .267 .419 .685
2007 阪神 37 48 44 2 11 0 0 1 14 4 0 0 0 0 3 0 1 7 1 .250 .313 .318 .631
2008 68 115 108 9 34 7 0 4 53 15 0 0 0 1 6 0 0 16 2 .315 .348 .491 .839
2009 46 45 41 2 10 0 0 1 13 10 0 0 0 2 2 0 0 3 2 .244 .267 .317 .584
2010 7 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
通算:11年 398 553 510 41 129 23 0 21 215 76 1 1 0 5 29 0 8 80 14 .253 .301 .422 .723
  • 2010年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


一塁












2000 12 44 8 0 1 1.000
2001 3 15 2 0 0 1.000
2002 22 165 6 1 6 .994
2003 6 15 1 0 1 1.000
2005 2 14 0 0 0 1.000
2006 10 52 3 0 2 1.000
2007 10 35 2 0 4 1.000
2008 24 159 11 0 17 1.000
2009 5 7 1 0 0 1.000
通算 94 506 34 1 31 .998

記録[編集]

背番号[編集]

  • 66 (1998年 - 2003年)
  • 0 (2004年 - 2006年)
  • 50 (2007年 - 2010年)
  • 75 (2011年 - 2015年)
  • 73 (2017年)

脚注[編集]

  1. ^ “高橋光“先生役”買って出る!!” (日本語). デイリースポーツ. (2009年12月3日). http://www.daily.co.jp/tigers/2009/12/03/0002556445.shtml 2009年12月3日閲覧。 
  2. ^ 2012年チーム打率 NPB
  3. ^ 2015年度 セントラル・リーグ NPB。
  4. ^ 来季のコーチ契約について 阪神タイガース公式サイト 2015年10月17日閲覧。
  5. ^ 阪神、首脳陣を“総入れ替え” 高橋光信打撃コーチを解任サンケイスポーツ、2015年10月18日
  6. ^ オリックス 元阪神打撃コーチ高橋氏とスコアラー契約 スポーツニッポン 2016年1月6日閲覧。
  7. ^ 新コーチングスタッフ決定のお知らせ”. オリックス・バファローズオフィシャルサイト (2016年10月27日). 2016年10月27日閲覧。
  8. ^ コーチ人事のお知らせ オリックス・バファローズ公式サイト 2017年10月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]