松修康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松 修康
NF-Nobuyasu-Matsu20120310.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市南区
生年月日 (1976-07-23) 1976年7月23日(41歳)
身長
体重
177 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト2位(逆指名)
初出場 2000年10月8日
最終出場 2004年9月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松 修康(まつ のぶやす、1976年7月23日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

宇都宮学園高校(現:文星芸術大学附属高校)から東北福祉大学を経て、1998年のドラフト2位(逆指名)で福岡ダイエーホークスに入団。

3年目となる2001年背番号18から、斉藤貢がチームを退団(日本ハムファイターズに移籍)したことで空き番となった12に変更した。これは、ダイエーで18を背負った選手[1]がいずれもトレードに出されたという事実があったこと、および入団当初に松の弱点であったメンタル面について相談に乗ってくれた斉藤の背番号を受け継ぎたいとの希望で変更されたと言われている[2]

同年6月10日オリックス・ブルーウェーブ戦でプロ初先発・初勝利。この年はこれを含む5試合に先発した。その後、成績が低迷するが2004年にはリリーフ専念、左の中継ぎとして自己最多の40試合に登板。2005年には一軍登板がなく戦力外通告を受け、現役を引退。

2006年から2007年まで横浜ベイスターズの打撃投手。2008年から2012年まで北海道日本ハムファイターズの打撃投手。北京オリンピック野球日本代表2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の打撃投手も務めた。

現在は医療機器販売業に従事。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 ダイエー 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 8 2.1 1 0 1 0 0 1 0 0 1 1 3.86 0.86
2001 9 5 0 0 0 1 3 0 -- .250 132 27.2 31 4 18 0 0 24 0 0 19 16 5.20 1.77
2002 7 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 50 12.1 11 2 3 0 1 4 1 0 7 7 5.11 1.14
2004 40 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 129 28.0 34 3 11 1 3 18 0 0 16 15 4.82 1.61
通算:4年 59 5 0 0 0 1 5 0 -- .167 319 70.1 77 9 33 1 4 47 1 0 43 39 4.99 1.56

記録[編集]

  • 初登板:2000年10月8日、対オリックス・ブルーウェーブ25回戦(グリーンスタジアム神戸)、8回裏2死から2番手で救援登板・完了、1/3回無失点
  • 初奪三振:2000年10月10日、対オリックス・ブルーウェーブ26回戦(グリーンスタジアム神戸)、6回裏に五十嵐章人から
  • 初先発・初勝利:2001年6月10日、対オリックス・ブルーウェーブ12回戦(グリーンスタジアム神戸)、6回1/3を1失点

背番号[編集]

  • 18 (1999年 - 2000年)
  • 12 (2001年 - 2005年)
  • 107(2006年 - 2007年)

脚注[編集]

  1. ^ 松の入団前は、1989年から1990年途中まで山内和宏1993年オフまで村田勝喜1997年オフまで渡辺智男1998年途中まで吉田豊彦。山内は中日ドラゴンズへ、村田と渡辺は西武ライオンズへ、吉田は阪神タイガースへ移籍した。
  2. ^ 2008年に松はその斉藤と同じ日本ハムの打撃投手となり、同僚として再会を果たすこととなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]