内田俊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内田 俊雄
拓殖大学野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市
生年月日 (1946-11-24) 1946年11月24日(71歳)
選手情報
ポジション 二塁手遊撃手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 亜細亜大学コーチ(1977)
  • 亜細亜大学監督(1978-2003)
  • 亜細亜大学総監督(2003-2006)
  • 拓殖大学監督(2006-)

内田 俊雄(うちだ としお、1946年11月24日 - )は、アマチュア野球指導者。元亜細亜大学硬式野球部監督、現・拓殖大学野球部監督。広島県広島市出身。

経歴[編集]

現役時代[編集]

広島商業高校時代からスラッガーとして鳴らし2年生からレギュラー。招待試合で下関商池永正明(のち西鉄)からホームランをたたき込んだ事もある。当時の広島商は藤田訓弘(のち南海阪神)、桑原秀範(のち広島商、堀越高等で監督)、1年生から3番を打った三村敏之らを揃えた強力チームだったが甲子園出場はならなかった。

1965年亜細亜大野球部入部。高校時代の遊撃手から二塁手に転向し主力選手として活躍。東都大学リーグでは大橋穣東山親雄らとともに1966年秋季リーグで初優勝を果たす。1967年秋季リーグで二度目の優勝、4年時には主将を務めた。リーグ通算89試合出場、282打数65安打、打率.230、0本塁打、21打点。ベストナイン1回受賞(1968年秋季リーグ、二塁手)。

大学卒業後は三協精機で活躍。1971年都市対抗では、光沢毅監督のもと長野県勢として初の準決勝進出を果たすが、新日鐵広畑山中正竹住友金属から補強)に抑えられ敗退[1]1974年には新設された日本選手権で不動のトップバッターとしてチームを牽引、エース大塚喜代美の好投もあって、決勝で日本鋼管福山を降し優勝を飾る。この大会では優秀選手に選出された。

監督時代[編集]

1977年、亜細亜大野球部コーチに就任後、翌1978年監督に就任。以降2006年までの26年間の長きに渡り同大学野球部を指導。在任中、東都大学野球リーグで優勝13回、全日本大学野球選手権大会で3度、明治神宮野球大会で2度優勝に導いた。この間、宮本賢治高津臣吾小池秀郎川尻哲郎井端弘和赤星憲広木佐貫洋永川勝浩松田宣浩ら、多くのプロ野球界で活躍する選手を輩出、また東都大学野球連盟のレベルアップに多大な貢献をした。2004年春季より監督を当時コーチであった生田勉に譲り、自身は総監督に就任した。しかし、同年秋季リーグ終了後に部員の不祥事が発覚。大きな批判も浴び、半年間の対外試合禁止処分を受け、2005年春季リーグ出場を辞退。それに伴い二部落ちとなったが、すぐに一部昇格を果たした。

2006年1月で同大学野球部総監督を勇退。その翌月、東都大学野球連盟三部に所属する拓殖大学野球部監督に就任した。指導者が同一リーグに所属する他大学に移り、期間を開けずに監督に就任するのは非常に異例だった[2]。また、当時の拓殖大学野球部は二部と三部の往復が続いており、全国大会優勝経験もある大学球界屈指の名将の下部リーグチーム監督就任は大きな驚きをもって迎えられた。拓大監督就任直後の2006年春季リーグは三部優勝を果たすが、二部最下位・大正大学に敗れ三部に残留。2007年春季で三部優勝、入替戦にも勝利して拓大の二部復帰を果たした。二部復帰後、拓大野球部OBで明徳義塾高校野球部監督の馬淵史郎と共に、スポーツ推薦枠の拡大や合宿所の改修など一部昇格に向けた練習環境の向上を大学側に働きかけ、順次実現させていった。さらに2011年秋季リーグ戦で同大2度目の二部優勝。一部最下位・中央大学との入れ替え戦に挑んだが、1勝2敗で二部残留となった。2013年春季リーグ戦で同大を再び二部優勝。入れ替え戦では、一部最下位・専修大学に2勝1敗とし、拓殖大学野球部創部94年目で初の一部昇格を果たした。60代後半に差し掛かった現在でも、試合前のシートノックのノッカーとして自らバットを握り、選手に檄を飛ばす姿を見ることが出来る。

キャリア・経歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 過去に小林昭仁(専修大OB)が東都リーグに所属する駒澤大→専修大→拓殖大とチームを渡り歩き監督を務めている。小林の場合は専修大・拓殖大監督就任時、前任校の監督退任から数年期間が空いている。

関連項目[編集]