矢野英司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢野 英司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市港南区
生年月日 (1976-06-15) 1976年6月15日(43歳)
身長
体重
179 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト2位(逆指名)
初出場 1999年4月3日
最終出場 2005年8月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

矢野 英司(やの えいじ、1976年6月15日 - )は、神奈川県横浜市港南区出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

横浜高校時代は3度甲子園に出場。同期の選手に多村仁志紀田彰一斉藤宜之などがいる。

法政大学では入学早々リリーフエースとして活躍。チームの全日本大学野球選手権大会7回目の優勝に貢献した。東京六大学リーグ通算22勝、防御率1位1回、ベストナイン1回を記録。また、4年春の東京六大学リーグ戦では、このリーグ所属の選手としては初めて神宮球場スピードガンで150km/hを計測した(スコアボードに表示されたもの)。1998年度のドラフト会議にてドラフト2巡目指名(逆指名)で横浜ベイスターズに入団。

1年目の開幕前は上原浩治らと共に新人王の有力候補に名前が挙げられていた。開幕後は先発・中継ぎで30試合に登板したが、防御率6.16と振るわず、また怪我により離脱もあり、即戦力としての期待を裏切ることとなった。2年目は谷間の先発で好投していたが、右肘靭帯の断裂で5月に登録抹消、9月に手術を受ける。以後は故障に泣かされ続け、2001年から2003年の3年間は一軍登板なしに終わった。

2004年門倉健宇高伸次との交換トレード福盛和男と共に大阪近鉄バファローズへ移籍。4年ぶりに一軍登板を果たすが、結果は残せなかった。

2005年に分配ドラフトを経て東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。楽天では主に先発で使われたが、結果を出せず5試合の登板に終わる。2006年は一軍登板がなく、球団から戦力外通告を受けた。

2007年、アメリカ独立リーグであるノーザンリーグのシャンバーグ・フライヤーズに入団するも、8試合で1勝2敗の防御率11.92(11.1イニング)と結果が出ず途中で解雇された。その後カナディアン・アメリカン・リーグナシュア・プライドへ移籍。14試合で2勝2敗の防御率5.72(50.1イニング)と奮わず2008年8月にナシュアを退団。現在は引退している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 横浜 30 8 0 0 0 2 5 1 -- .286 288 64.1 74 10 26 0 0 53 1 0 46 44 6.16 1.55
2000 7 3 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 74 18.2 15 0 6 0 0 9 0 0 2 2 0.96 1.13
2004 近鉄 16 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 69 13.1 22 2 9 0 0 11 1 0 21 18 12.15 2.33
2005 楽天 5 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 44 9.0 14 2 4 0 1 4 2 0 10 9 9.00 2.00
通算:4年 58 13 0 0 0 4 7 1 0 .364 475 105.1 125 14 45 0 1 77 4 0 79 73 6.24 1.61

記録[編集]

  • 初登板:1999年4月3日、対ヤクルトスワローズ2回戦(横浜スタジアム)、12回表に5番手で救援登板・完了、1回1失点で敗戦投手
  • 初奪三振:同上、12回表に高橋智から
  • 初勝利:1999年4月27日、対広島東洋カープ2回戦(横浜スタジアム)、8回表2死に4番手で救援登板、1/3回2失点
  • 初先発:1999年5月16日、対読売ジャイアンツ7回戦(東京ドーム)、5回3失点で敗戦投手
  • 初セーブ:1999年8月5日、対広島東洋カープ17回戦(広島市民球場)、9回裏に3番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初先発勝利:2000年5月7日、対中日ドラゴンズ8回戦(ナゴヤドーム)、6回1失点

背番号[編集]

  • 17 (1999年 - 2002年)
  • 40 (2003年)
  • 29 (2004年 - 2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]