中野栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中野 栄一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市旭区
生年月日 (1974-10-16) 1974年10月16日(42歳)
身長
体重
188 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1996年 ドラフト4位
初出場 1997年7月2日
最終出場 2004年4月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中野 栄一(なかの えいいち、1974年10月16日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴[編集]

横浜高校卒業後、亜細亜大学に進学。元阪神タイガース部坂俊之とは、高校-大学とバッテリーを組んだ。横浜高校・亜細亜大学ともに主将を務める。横浜高校では、1992年第64回選抜高等学校野球大会に出場したが、1回戦敗退した。

大学当時、井口忠仁(現・資仁)、澤崎俊和清水将海らを擁する青山学院大学に勝利し、大学選手権に出場。東都大学1部リーグ通算60試合出場、203打数49安打、打率.241、4本塁打、28打点。ベストナイン1回。2部リーグ通算12試合出場、41打数18安打、打率.439、4本塁打、19打点。1996年中日ドラゴンズよりドラフト4位で指名される。

入団当初は、打撃力があるので当時の正捕手であった中村武志の後継者として期待されていた。しかし、肩や腰の故障などで二軍暮らしが続く。2003年は当時正捕手であった谷繁元信の故障により一軍のスタメンマスクをかぶる。打撃はまずまずの結果であったが、リード面では結果を残せず、以後柳沢裕一に第二捕手のポジションを奪われた。2004年には一軍出場が1試合にとどまり、自由契約となった。

2005年からは中日ドラゴンズの二軍ブルペン捕手兼用具係を務め、2015年からはブルペン捕手兼打撃投手を務める。

選手としての特徴[編集]

打撃は、右打ちが上手くパンチ力もある反面、三振率も高かった。一方で、捕手としては、博打的なリードをしてしまい痛打を浴びることや盗塁を許してしまうことが多かった。

エピソード[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 中日 12 24 23 0 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 1 0 0 11 1 .130 .167 .174 .341
1998 16 30 29 4 6 2 0 2 14 3 0 0 0 0 0 0 1 6 1 .207 .233 .483 .716
2002 11 11 9 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 1 5 0 .222 .364 .222 .586
2003 25 53 48 5 13 3 0 1 19 4 0 0 0 0 3 0 2 22 0 .271 .340 .396 .735
2004 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 65 119 110 9 24 6 0 3 39 8 0 0 0 0 5 0 4 45 2 .218 .277 .355 .632

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1997 11 0 8 8 0 .000
1998 15 1 6 6 0 .000
2002 6 0 1 0 1 1.000
2003 24 3 23 15 8 .348
通算 56 4 38 29 9 .236

記録[編集]

背番号[編集]

  • 33 (1997年の入団発表時のみ)
  • 27 (1997年 - 2003年)
  • 54 (2004年)
  • 96 (2005年 - 2008年)
  • 103 (2009年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]