牧田勝吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牧田 勝吾
OB-Syogo-Makita.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県藤枝市
生年月日 (1974-04-13) 1974年4月13日(43歳)
身長
体重
180 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2001年 ドラフト11巡目
初出場 2002年5月18日
最終出場 2008年7月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

牧田 勝吾(まきた しょうご、1974年4月13日 - )は、静岡県藤枝市出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。現在はオリックス・バファローズスカウト[1]

経歴[編集]

島田商業高から、愛知学院大学へ進学し硬式野球部に入部。愛知大学リーグでの通算成績は85試合出場、288打数90安打、打率.313、5本塁打、50打点。ベストナインを3回受賞した。

大学卒業後は、社会人野球日本通運名古屋に入団するが、野球部が統合され日本通運へ移籍[2]。中心選手として活躍、2000年には社会人ベストナインのタイトルを獲得している。2001年のドラフト会議でオリックスから11巡目で指名されて入団した。

入団時すでに29歳という年齢のハンデを負い、なおかつ極端な下位指名ではあるものの、こつこつと結果を積み上げ徐々に一軍でもそれなりに起用されていた。3年目まで一軍で全く結果が出なかったが、2004年にはウエスタン・リーグでリーグ2位(チームトップ)の打率を挙げたことが評価された。

2004年末の分配ドラフトを経て、2005年はオリックス・バファローズと契約。同年から一軍での出番が増えつつあった。二軍では2005年に打率.356、2006年に打率.290と毎年のように好成績を残した。

2007年も二軍で打率.288と好調で、シーズン終盤に一軍に昇格。初スタメン9月22日日本ハム戦で第1打席で本塁打を放った(八木智哉投手から)。そのあとにもチームの逆転のきっかけとなる二塁打を放ち、この日のヒーローに選ばれた。昇格が遅かったため9試合の出場にとどまったが、打率.291と高い打率を残した。

2008年は、ひざ痛から復帰した清原和博の代わりに、不調以外の理由で誰を二軍に落とすかで大石大二郎監督は何日も頭を悩ませた結果、牧田を選択。登録抹消を伝えられた牧田は人目もはばからず号泣した。もっとも牧田自身、成績不振で貢献度も低いため降格はやむをえないというのが実際のところだった。 10月28日に球団から戦力外通告を受け、フロント入りした。

現在はバファローズのスカウトとして活動している[3]関東甲信越地方を担当し、指名に関わった選手として、後藤駿太塚原頌平[4]西野真弘 [5]若月健矢[6]らがいる。

人物[編集]

左投手の変化球を捉えるのが得意で、左投手と相性が良かった。

主に三塁手だが、内野ならどこでも守れる。強肩が持ち味である。

高校の後輩である仁藤拓馬がオリックスに入団した際には、入団会見の日に食事をし、プロの心構えを伝授、相談役をかって出るなどサポートを惜しまなかった。先輩の激励を受けた仁藤は「早く一軍に上がって、牧田さんが守っている中で投げたい」と語ったが、2008年に牧田が引退したため実現することはなかった[7]。また、2年後の2010年には仁藤も引退している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 オリックス 12 25 23 1 4 0 0 0 4 2 0 1 1 0 1 0 0 5 0 .174 .208 .174 .382
2003 2 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2004 15 16 13 4 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .077 .250 .077 .322
2005 18 45 39 4 11 1 0 1 15 4 0 0 1 1 3 0 1 5 4 .282 .341 .385 .726
2006 22 34 33 2 8 2 0 0 10 4 0 0 0 0 0 0 1 4 3 .242 .265 .303 .568
2007 9 26 24 3 7 2 0 1 12 3 0 0 1 1 0 0 0 4 3 .292 .280 .500 .780
2008 13 31 28 2 7 2 0 0 9 1 0 1 0 1 0 0 2 4 2 .250 .290 .321 .611
通算:7年 91 181 164 16 38 7 0 2 51 15 0 2 3 3 7 0 4 29 12 .232 .275 .311 .586

記録[編集]

背番号[編集]

  • 50 (2002年 - 2004年)
  • 60 (2005年 - 2008年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【出動!特命記者】プロ野球スカウトの一年”. SANSPO.COM (2014年12月11日). 2017年9月14日閲覧。
  2. ^ “32代表の戦力”. 毎日新聞: p. 21. (1999年6月27日) 
  3. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P19
  4. ^ 根本「常に全力で」 ドラフト9位、オリックスと仮契約”. 茨城新聞 (2016年11月26日). 2017年9月14日閲覧。
  5. ^ ドラフト7巡目からの新人王なるか 遅咲きの内野手・西野真弘の球歴とは?”. BASEBALLKING (2015年6月1日). 2017年9月14日閲覧。
  6. ^ <ドラフト>オリックスが若月(徳栄)に指名あいさつ「正捕手取れる素材」”. 埼玉新聞 (2013年11月6日). 2017年9月14日閲覧。
  7. ^ 島田商OB牧田、仁藤にプロの心構え伝授

関連項目[編集]

外部リンク[編集]