河原井正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河原井 正雄
青山学院大学硬式野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県桐生市
生年月日 (1954-07-26) 1954年7月26日(64歳)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 青山学院大学

河原井 正雄(かわらい まさお、1954年(昭和29年)7月26日 - )は、青山学院大学硬式野球部監督・元大学野球日本代表監督群馬県出身。

略歴[編集]

選手として[編集]

桐生市本町に生まれる。子どもの頃から稲川東一郎率いる群馬県立桐生高等学校硬式野球部に憧れ同校へ入学、1年生から中心選手として活躍する。投手として1972年夏の甲子園県予選を勝ち抜き、北関東大会準決勝に進出。足利工石田真と投げ合うが9回サヨナラ負け、甲子園には出場できなかった。卒業後は青山学院大学に進学。東都大学リーグでは優勝に届かず、1974年秋季リーグから二部リーグに陥落した。しかし1973年春季リーグでは1年上のエース金沢真哉を擁し、深沢進(のち東芝)らとともに打線の中心となり活躍。1年生ながら首位打者となりベストナイン(一塁手)に選出される。1974年春季リーグでも2度目のベストナインを受賞。大学卒業後は本田技研に進み、1977年都市対抗に出場。

指導者として[編集]

東都リーグ優勝12回。大学日本一4度(監督としては島岡吉郎明治大学)・太田誠駒澤大学)の5回に次ぐ)。明治神宮野球大会出場6回(うち準優勝2回)。

卓越した指導力[編集]

約50~60名という決して多くない部員の半数が一般入試の学生という野球部を支えるのは選手の自立と自主性である。甲子園出場の選手とそうでない一般入試の選手が個人練習を通じてしのぎを削る。これは「自分たちで練習する時間が欲しい」という小久保の提言によって全体練習を減らして以後定着した青学大の伝統である。

また、攻撃時には三塁コーチスボックスで指揮を執る。グラウンドに立って勝負の一瞬を見極めることで、選手との一体感を生んだ。先発メンバーも選手と話し合って決めるという。

こうして青学大は「実力の東都」と呼ばれ実力伯仲の東都リーグで随一の強豪校となった。平成以降、勝率は一部リーグを経験した全11校のトップである。1部最下位は1度しかなかったが、2度目の最下位となった2009年秋季入替戦で降格した。

エースを絶対的に信頼し、1999年の神宮大会2回戦(創価大学戦)では延長18回引き分けとなった試合を石川に託した。石川は235球を投げ、パスボールによる1失点に抑えた。2005年の秋季リーグでは高市が先発した9試合をすべて完投、8勝1敗をあげた。高市は立正大学1回戦で敗れるまで11連勝し、那須野巧日大横浜)の東都リーグ連勝記録を塗り替えた。

打撃においては、コーチとして2人、監督として奈良原浩(90春、西武~日本ハム中日)、井口(94秋・リーグ三冠王)、高須洋介(95秋・96春、近鉄楽天)ら9人11度のリーグ首位打者を輩出している。

意外な一面[編集]

  • 口癖は「しゃーこら」である。
  • 夏の高校野球シーズンには、故郷群馬のローカルテレビで解説をしている。
  • 大学時代、江川らが活躍する華やかな六大学リーグと2部から上がれない自分とを比べ落ち込み、野球をやめようとさえ思ったが、母親が自分に内緒で内職で学費を工面してくれていたことをしり思いとどまった。

キャリア・経歴[編集]

関連項目[編集]