大屋好正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大屋 好正
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県海南市
生年月日 (1953-10-26) 1953年10月26日(65歳)
身長
体重
175 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト3位
初出場 1978年4月1日
最終出場 1978年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大屋 好正(おおや よしただ、1953年10月26日 - )は、和歌山県海南市出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

海南高校では、1971年ドラフト9位で西鉄ライオンズに指名されるが、入団拒否し専修大学へ進学[1]。当時の専大は東都大学リーグ二部に低迷していたが、3年生の時に1年上の吉武正成と投の二本柱を組み、1974年春季リーグに二部優勝。入替戦で青学大を降し一部リーグ昇格に貢献する。1975年には第11回アジア野球選手権大会日本代表に選出された。リーグ通算31試合登板、14勝11敗、防御率2.29、97奪三振。大学同期に金島正彦(中退)がいる。

1975年に再び太平洋クラブライオンズにドラフト3位指名を受け、今度は入団[1]。2年目の1977年ウエスタン・リーグで防御率1位を記録[1]1978年には一軍で20試合に登板、うち5試合は先発として起用され初勝利も記録。しかし翌1979年には登板機会がなく、同年限りで引退[1]

入団当時はスリークォーター。コントロールが良く、速球とシュートで打者を打ち取る。 入団3年目にサイドスローに変更。球種はシュート、カーブ、チェンジアップ等。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 クラウン 20 5 0 0 0 1 3 0 -- .250 247 53.2 75 9 15 0 4 22 0 0 33 29 4.83 1.68
通算:1年 20 5 0 0 0 1 3 0 -- .250 247 53.2 75 9 15 0 4 22 0 0 33 29 4.83 1.68

記録[編集]

背番号[編集]

  • 43 (1976年 - 1979年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、113ページ