倉野信次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
倉野 信次
福岡ソフトバンクホークス 一軍投手統括コーチ #94
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県度会郡小俣町(現・伊勢市
生年月日 (1974-09-15) 1974年9月15日(42歳)
身長
体重
177 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 ドラフト4位
初出場 1997年4月10日
最終出場 2006年5月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 福岡ソフトバンクホークス (2009 - )

倉野 信次(くらの しんじ、1974年9月15日 - )は、三重県度会郡小俣町(現・伊勢市)出身の元プロ野球選手投手)。現在は福岡ソフトバンクホークス一軍投手統括コーチ。

来歴・人物[編集]

宇治山田高校では2年夏の大会で県ベスト8、3年夏には同校史上77年ぶりの全国大会出場を狙って決勝まで進出するが、三重高校にサヨナラ負けを喫し甲子園には出場できず。東都青山学院大では井口忠仁澤崎俊和清水将海高須洋介らと共に黄金時代を築く。東都大学リーグ通算41試合登板、17勝7敗、防御率3.17、154奪三振。3年生春に7勝1敗で最優秀投手とベストナインに選ばれる。

1996年、ドラフトで1位指名の井口と共に4位で福岡ダイエーホークスに入団。2年目の1998年、中継ぎで36試合に登板しプロ初勝利を挙げるが、その後の2年は低迷。2001年、前半は谷間の先発、後半はストッパーのロドニー・ペドラザをはじめリリーフ陣が不調で、終盤大事な場面で登板する機会に多く恵まれ、7勝を挙げた。その後は再び2年間低迷するが、2004年は中継ぎ・谷間の先発とフル回転。特に先発では負け無しの7連勝を記録するなど9勝1敗、防御率2.55とキャリアハイの好成績を挙げ、チームのリーグ1位に貢献。西武とのプレーオフでは1勝2敗と後が無くなった第4戦に登板し、6回無失点の好投で勝利投手となった。しかし、チームは翌日敗れ、リーグ優勝を逃した。隔年ならぬ「3年に1度活躍する投手」と言われたが、2005年2006年は防御率が悪化して出番は減っていき、3年周期の2007年は復活が期待されたが、一軍出場がなくなり、10月6日に球団から戦力外通告を受ける。12球団合同トライアウト受験後、ロッテのテストを受けるも入団には至らなかった。シーズン後のファン感謝祭での退団選手による挨拶の際、「2004年のプレーオフでファンの方々から『ナイスピッチング』より、『ありがとう』の声が多かったことは忘れません。僕のほうこそ皆さんのおかげでいいピッチングができ、お礼を言いたかったのに。本当にプロ野球選手になってよかったな、と思いました」と言い、喝采を浴びた。その後は11月30日付で自由契約公示され、現役引退。

引退後は球団のチーム運営部スタッフ(2008年)を経て、2009年から現場復帰を果たし、二軍投手コーチ補佐に就任。2011年からはチームの三軍制導入に伴い、三軍投手コーチに配置転換される。武田翔太千賀滉大を育てるなど[1]手腕を発揮し、2015年からは二軍投手コーチ(チーフ)、2016年は一軍投手総合コーチ、2017年からは一軍投手統括コーチを務める。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 ダイエー
ソフトバンク
15 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 154 32.2 44 1 17 0 1 23 2 0 18 17 4.68 1.87
1998 36 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 223 51.1 43 4 35 1 2 21 3 1 26 24 4.21 1.52
1999 8 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 85 14.2 30 4 10 1 2 6 1 0 28 23 14.11 2.73
2000 2 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 21 4.1 3 0 4 1 1 3 0 0 1 1 2.08 1.62
2001 34 8 1 0 0 7 4 1 -- .636 388 88.1 83 11 47 1 5 58 3 0 37 37 3.77 1.47
2002 9 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 44 9.1 14 3 2 0 0 8 0 0 8 8 7.71 1.71
2003 6 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 59 13.2 15 3 7 0 0 8 1 0 10 10 6.59 1.61
2004 37 9 0 0 0 9 1 0 -- .900 371 88.1 88 6 27 1 5 37 0 0 32 25 2.55 1.30
2005 15 4 0 0 0 1 1 0 2 .500 136 30.1 39 4 7 0 2 11 0 0 23 21 6.23 1.52
2006 2 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 38 8.1 13 4 1 0 0 1 0 0 9 8 8.64 1.68
通算:10年 164 28 1 0 0 19 9 1 2 .679 1519 341.1 372 40 157 5 18 176 10 1 192 174 4.59 1.55
  • ダイエー(福岡ダイエーホークス)は、2005年にソフトバンク(福岡ソフトバンクホークス)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

  • 初登板:1997年4月10日、対日本ハムファイターズ1回戦(福岡ドーム)、9回表に4番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初奪三振:1997年4月16日、対近鉄バファローズ2回戦(大阪ドーム)、2回裏に武藤孝司から
  • 初先発:1997年8月31日、対近鉄バファローズ24回戦(大阪ドーム)、5回無失点
  • 初勝利:1998年5月2日、対近鉄バファローズ4回戦(福岡ドーム)、9回表1死に3番手で救援登板・完了、2/3回無失点
  • 初完投:2001年5月30日、対千葉ロッテマリーンズ12回戦(千葉マリンスタジアム)、8回4失点で敗戦投手
  • 初先発勝利:2001年8月28日、対日本ハムファイターズ23回戦(東京ドーム)、7回2/3を1失点
  • 初セーブ:2001年9月25日、対千葉ロッテマリーンズ28回戦(千葉マリンスタジアム)、10回裏1死に7番手で救援登板・完了、2/3回無失点
  • 初ホールド:2005年3月27日、対北海道日本ハムファイターズ2回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、10回表に5番手で救援登板、1回2/3を無失点

背番号[編集]

  • 41 (1997年 - 2007年)
  • 94 (2009年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ プロ野球全12球団選手名鑑 2017―全選手写真掲載!オールカラー (COSMIC MOOK)、コスミック出版、2017年、P22
  2. ^ 第24回日米大学野球選手権大会 オールジャパンメンバー”. 公益財団法人全日本大学野球連盟. 2017年5月14日閲覧。
  3. ^ 第25回日米大学野球選手権大会 オールジャパンメンバー”. 公益財団法人全日本大学野球連盟. 2017年5月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]