コンテンツにスキップ

桑原秀侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桑原 秀侍
福岡ソフトバンクホークス #124
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (2002-05-29) 2002年5月29日(22歳)
身長
体重
175 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手内野手
プロ入り 2020年 育成選手ドラフト3位
年俸 360万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

桑原 秀侍(くわはら しゅうじ、2002年5月29日 - )は、熊本県熊本市出身[2]プロ野球選手投手内野手育成選手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴

[編集]

プロ入り前

[編集]

熊本市立泉ヶ丘小学校3年生から「中島サンダース」で軟式野球を始め、熊本市立湖東中学校では「熊本中央ボーイズ」に所属する[2]。3年生時には2017世界少年野球大会の日本代表に選出される。同大会には後に同期入団する井上朋也も選出されていた[3]

高校は鹿児島県いちき串木野市神村学園高等部に進学。1年生の夏からベンチ入りする[2]。2年生の夏の第101回全国高等学校野球選手権大会に出場を果たし、1回戦の対佐賀北高等学校戦では5番・左翼手で出場し、2安打1打点の活躍をする[4]。3年生の夏の第102回全国高等学校野球選手権大会コロナ禍のなか中止となり、代替試合として行われた夏季鹿児県高等学校野球大会では、決勝戦で3番・遊撃手で先発出場し、決勝打となるソロ本塁打を放ち、9回途中から救援登板し県大会優勝を果たした[2]

2020年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスから育成ドラフト3巡目指名され[5]、11月10日、支度金300万円、年俸360万円(金額は推定)で契約合意に達し[6]、12月10日に入団発表会見が行われた[7]背番号124

ソフトバンク時代

[編集]

2021年は、二軍公式戦での登板はなく、三軍戦は34試合(53回1/3)に登板して、4勝1敗、防御率2.70という成績だった[8]。10月頃に球団から二刀流の挑戦を打診され、フェニックスリーグでは代打で試合出場して安打を放ち、秋季練習からは野手の練習もスタートさせた[9]

2022年、投手・野手としてともに二軍公式戦の出場は無かったが、三軍では投手として33試合の登板で104回2/3を投げ、5勝6敗、防御率4.99 [10]、打者としては44試合に出場し、打率.148、1盗塁、1打点と苦しんだ[11][12]

2023年は主に野手としてプレーし、9月23日の二軍公式戦、対阪神タイガース戦において二軍戦に初出場し、勝ち越しとなる適時打を放つ[13]。三軍・四軍戦では投手として15試合の登板で25回1/3を投げ、1勝1敗、防御率3.91[14]、打者として126試合に出場し、打率.286、10本塁打、34盗塁、77打点の成績を残す[15]

11月25日から4年振りに台湾で開催された2023アジアウインターベースボールリーグのNPB RED選抜に選出され[16]、野手として19試合に出場し、打率.185、1本塁打、4打点を記録する[17]

2024年からは、守備位置の登録が投手から内野手へ正式に変更された[18]

選手としての特徴・人物

[編集]

左足を高く上げる投球フォームから、最速149km/hのストレート変化球フォークチェンジアップを投げる本格派の右腕[5]。野手としては遠投120メートル、高校通算17本塁打を記録した[5]

高校の2学年先輩に、同じく福岡ソフトバンクホークスに入団した渡邉陸広島東洋カープに入団した羽月隆太郎がいる。

詳細情報

[編集]

背番号

[編集]
  • 124(2021年 - )

登場曲

[編集]
  • 「Balls Out (feat. MIYACHI & Shurkn Pap)」¥ellow bucks(2021年)
  • 「ビリーヴ」GReeeeN(2021年)
  • 「ただ、ありがとう」 MONKEY MAJIK(2022年)
  • 「TOHIKO」 MAY-DOG(2022年 - )
  • 「[Walk This Way (feat.AKLO)」 ZORN(2023年 - )

[19]

代表歴

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2023年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 神村学園V プロ注目桑原秀侍V弾&好救援/鹿児島”. 日刊スポーツ新聞社 (2020年7月29日). 2021年3月16日閲覧。
  3. ^ 2017世界少年野球大会 ジャパンチーム役員、選手名簿”. 日本少年野球連盟. 2021年3月16日閲覧。
  4. ^ 第101回全国高校野球選手権大会 1回戦(2019年8月6日 阪神甲子園球場)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2019年8月6日). 2021年3月16日閲覧。
  5. ^ a b c ソフトバンク、神村学園・桑原秀侍投手を育成3位指名 薩摩の二刀流侍”. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2020年10月26日). 2021年3月16日閲覧。
  6. ^ “ソフトバンクが二刀流候補と入団合意 育成18歳にスカウト「投げっぷりいい」「3割20本打つ」”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2020年11月11日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/663115/ 2021年3月16日閲覧。 
  7. ^ 2020/12/10(木) 選手 新入団会見レポ。1位井上選手は「背番号43」”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2020年12月10日). 2021年3月16日閲覧。
  8. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 投手成績 2021/11/5(金)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2022年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月13日閲覧。
  9. ^ ソフトバンク育成2年目・桑原秀侍「BIG チャレンジ」本格投打二刀流「どちらでも支配下を」”. 日刊スポーツ (2022年2月6日). 2022年2月13日閲覧。
  10. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 投手成績 2022/11/7(月)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2022年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月20日閲覧。
  11. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績 2022/11/7(月)現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2022年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月19日閲覧。
  12. ^ “ソフトB 育成・桑原秀侍 二刀流から「打」で勝負「しっかり印象を残せるように」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2023年9月12日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/09/12/kiji/20230911s00001173610000c.html 2023年12月20日閲覧。 
  13. ^ “Sports otto! 【動画】ソフトバンク〝二刀流〟桑原秀侍が公式戦初出場&初ヒット 期待の育成3年目にファン「楽しみしかない」”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2023年9月23日). https://nishispo.nishinippon.co.jp/article/795649 2023年12月20日閲覧。 
  14. ^ ファーム非公式戦個人成績 投手 ※2023/11/6時点”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2023年11月6日). 2023年12月18日閲覧。
  15. ^ ファーム非公式戦個人成績 打者 ※2023/11/6時点”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2023年11月6日). 2023年12月18日閲覧。
  16. ^ “【ソフトバンク】台湾ウィンターリーグ派遣9選手発表 風間球打、イヒネイツアの“ドラ1コンビ”も”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年11月15日). https://hochi.news/articles/20231115-OHT1T51072.html?page=1 2023年12月20日閲覧。 
  17. ^ a b 日職紅隊 桑原 秀侍 124”. 中華職業棒球大聯盟オフィシャルサイト. 2023年12月20日閲覧。
  18. ^ 2024年度 育成選手登録(福岡ソフトバンクホークス) NPB.jp(2024年3月24日閲覧)
  19. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2023年12月20日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]