2020年の福岡ソフトバンクホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年の福岡ソフトバンクホークス
成績
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場 福岡 PayPayドーム
Y!Dome-RoofOpen.JPG
球団組織
オーナー 孫正義(代行:後藤芳光
経営母体 ソフトバンクグループ
監督 工藤公康
« 2019

2020年の福岡ソフトバンクホークスでは、2020年シーズンについての福岡ソフトバンクホークスの動向をまとめる。

この年の福岡ソフトバンクホークスは、工藤公康監督の6年目のシーズンである。チームスローガンは「S15(サァイコー!)」。

開幕前[編集]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

オーダー変遷
開幕:6/19 7/1 8/1 9/1 10/1
1 上林誠知 栗原陵矢 周東佑京 中村晃 周東右京
2 栗原陵矢 今宮健太 川島慶三 柳田悠岐 中村晃
3 柳田悠岐 柳田悠岐 柳田悠岐 グラシアル 柳田悠岐
4 バレンティン 長谷川勇也 中村晃 栗原陵矢 グラシアル
5 長谷川勇也 川島慶三 栗原陵矢 明石健志 長谷川勇也
6 松田宣浩 バレンティン バレンティン 松田宣浩 栗原陵矢
7 今宮健太 上林誠知 松田宣浩 川瀬晃 甲斐拓也
8 甲斐拓也 松田宣浩 上林誠知 甲斐拓也 松田宣浩
9 牧原大成 甲斐拓也 甲斐拓也 牧原大成 牧原大成
東浜巨 石川柊太 石川柊太 千賀滉大 石川柊太
2020年パシフィック・リーグ順位変動
順位 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 10月終了時 最終成績
1位 ロッテ --- ソフトバンク --- ソフトバンク --- ソフトバンク --- --- ---
2位 楽天 1.0 楽天 1.5 ロッテ 3.0 ロッテ 0.0
3位 西武 2.0 西武 3.0 楽天 5.5 楽天 5.5
4位 日本ハム 3.5 ロッテ 3.0 日本ハム 7.5 西武 8.0
5位 ソフトバンク 4.5 日本ハム 4.5 西武 10.0 日本ハム 8.5
6位 オリックス 7.0 オリックス 6.0 オリックス 16.0 オリックス 14.0

[注 1]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。なお、抹消の去就は球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。また、退団区分は自由契約・任意引退・詳細不明である場合については、記載しない。

支配下選手
登録 抹消
No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分
投手
11 津森宥紀 東北福祉大学 ドラフト3位 11 中田賢一 阪神タイガース トレード
37 ムーア アメリカ合衆国の旗 タイガース 新外国人 19 ミランダ 中華民国の旗 中信兄弟
39 尾形崇斗 育成登録 支配下選手契約[1] 48 岡本健 打撃投手
90 スアレス 阪神タイガース[2]
捕手
62 海野隆司 東海大学 ドラフト2位 30 市川友也 読売ジャイアンツアカデミーコーチ[3]
39 堀内汰門 育成再契約
内野手
52 リチャード 育成登録 支配下選手契約[1] 69 美間優槻
69 小林珠維 東海大学付属札幌高 ドラフト4位
外野手
4 バレンティン[4] 東京ヤクルトスワローズ 自由契約 32 塚田正義 球団職員
30 佐藤直樹 JR西日本 ドラフト1位 37 福田秀平 千葉ロッテマリーンズ FA移籍
32 柳町達 慶應義塾大学 ドラフト5位 43 江川智晃 スコアラー
46 コラス 制限選手
育成選手
登録 抹消
No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分
投手
122 大関友久 仙台大学 育成ドラフト2位 120 尾形崇斗 支配下選手登録[1]
143 村上舜 山形中央高 育成ドラフト7位 130 笠原大芽 球団職員
134 長谷川宙輝 東京ヤクルトスワローズ支配下
136 中村晨
143 島袋洋奨
捕手
121 石塚綜一郎 黒沢尻工業高 育成ドラフト1位 131 張本優大 ブルペン捕手
144 堀内汰門 支配下選手 再契約
内野手
128 伊藤大将 八戸学院光星高 育成ドラフト3位 127 砂川リチャード 支配下選手登録[1]
130 勝連大稀 興南高 育成ドラフト4位
136 荒木翔太 千原台高 育成ドラフト6位
外野手
131 舟越秀虎 城北高 育成ドラフト5位

[5][6]

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から終了までの入退団について記述する。

育成選手→支配下
No. 選手名 守備
8月 140→48 渡邉雄大 投手

選手・スタッフ[編集]

個人成績[編集]

表彰[編集]

達成記録[編集]

  • 7月3日 - 今宮健太が通算300犠打、史上7人目。
  • 7月28日 - 柳田悠岐が通算1000安打、史上306人目。
  • 9月17日 - 中村晃が通算1000安打、史上308人目。

試合結果[編集]

凡例
勝利試合 敗北試合 引き分け 中止
2020年 レギュラーシーズン

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)当該球団間の対戦勝率(2)交流戦を除くリーグ戦勝率(3)前年度順位で順位が決定される

出典[編集]

  1. ^ a b c d ソフトバンク育成の尾形、リチャードが支配下契約 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年3月16日閲覧。
  2. ^ "阪神 前ソフトBスアレス獲得 実績十分161キロ右腕 矢野監督「本当にいい補強できた」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 20 December 2019. 2019年12月20日閲覧
  3. ^ "ソフトB戦力外の市川が引退 古巣・巨人のアカデミーコーチに". スポーツニッポン新聞社. 21 December 2019. 2019年12月21日閲覧
  4. ^ "ソフトバンクがバレンティン獲得発表 背番号". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 16 December 2019. 2019年12月16日閲覧
  5. ^ 2019年度NPB公示 NPBHP
  6. ^ 2020年度NPB公示 NPBHP

関連項目[編集]