谷川原健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
谷川原 健太
福岡ソフトバンクホークス #45
Hawks45.jpg
2018年4月6日 タマホーム スタジアム筑後室内練習場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊橋市
生年月日 (1997-04-16) 1997年4月16日(25歳)
身長
体重
174 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手内野手外野手
プロ入り 2015年 ドラフト3位
初出場 2021年6月19日
年俸 1300万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

谷川原 健太(たにがわら けんた、1997年4月16日 - )は、愛知県豊橋市出身[2]プロ野球選手捕手内野手外野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

豊橋市立向山小学校の時に向山ビクトリーで軟式野球を始め、豊橋市立中部中学校では豊橋スカイラークスボーイズに所属していた[2]

豊橋中央高等学校に進学、春夏ともに甲子園出場は無かったが、2年生の時の練習試合では1日2試合で5本塁打を記録するなど高校通算41本塁打の強打が注目される[3]

2015年10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスからドラフト3巡目で指名され[4]、11月23日に契約金5,000万円、年俸600万円(いずれも推定)で契約合意し[5]、入団した[3]背番号45

プロ入り後[編集]

2016年は一軍戦、二軍戦での出場機会は無く、三軍戦では49試合に出場、打率.146の成績だった[6]

2017年1月19日、福岡市内の病院で「右肘鏡視下遊離体摘出術」を行ったと発表された[7]。上記の手術により、今シーズンはリハビリ組からのスタートとなったが、5月30日に行われた三軍戦・対広島東洋カープ戦で実戦復帰し[8]、7月19日に行われたウエスタン・リーグ、対オリックス・バファローズ戦において、二軍公式戦初出場・初安打を記録する[9]。二軍戦では、13試合の出場ながら、打率.400、5打点の成績を残す[10]。三軍戦においては、37試合に出場し、打率.270、7打点の成績だった[11]。シーズンオフの10月19日、11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出されたが辞退となった[12]

2018年、オープン戦に出場したものの、開幕を二軍で迎えた。9月22日に初の一軍昇格を迎えるが一軍公式戦の出場機会は無かった[13]。二軍公式戦において88試合に出場し打率.268、1本塁打、13打点を記録する[14]。シーズンオフの11月25日から台湾で開催された2018アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出された[15]

2019年、一軍公式戦の出場は無かったが、二軍公式戦では本職の捕手以外にも内外野様々なポジションを守り、79試合の出場で打率.243、12打点の成績を残す[16]

2020年も一軍公式戦の出場は無かったが、日本シリーズにおいて初めて出場資格者40人枠に入りを果たす[17]。二軍公式戦では捕手以外に二塁手外野手の3ポジションの合計5つのポジションを守りながら70試合に出場し、打率.264、4本塁打を記録する。三軍戦では遊撃手としても出場した[18]

2021年は、二軍公式戦に44試合出場(打率.260・3本塁打・15打点)した後、6月19日に一軍へ昇格。同日の対北海道日本ハムファイターズ戦(福岡PayPayドーム)で「7番・左翼手」のスタメンで一軍初出場を果たすと、一軍での2打席目となる5回に立野和明から先制打となる一軍初安打・初本塁打を打った[19]。このシーズンは59試合に出場し、代走・守備固めを中心に起用された。

2022年、主に外野守備の控え兼第三捕手として71試合に出場して打率.234、8打点の成績を残した。しかしコロナウィルスの陽性でチームの主力選手が続々と離脱する中で、8月23日におこなわれた対東北楽天ゴールデンイーグルス戦において8番中堅手でスタメン出場し、柳田悠岐から貰ったバットで4打数4安打4打点の活躍をする[20]。同25日まで3試合連続で打点を挙げ、若手選手に名付けられた”筑後ホークス”の一員として、主力選手が復帰するまで苦しいチーム状況をささえた[21]

選手としての特徴・人物[編集]

高校通算41本塁打、遠投110m、二塁送球タイムは1.8秒の強肩強打の捕手[2]であり、また50m走は6.0秒の俊足も持ち味[3]

本職の捕手以外にも投手以外の内外野の全てのポジションをこなせるユーティリティープレイヤー[22]

愛称は「タニモ[23]、「ゴンゾー(ソフトバンク入団後にチームメイトの柳田悠岐が命名)」[24]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2021 ソフトバンク 59 57 48 8 7 1 0 1 11 5 1 1 2 0 7 0 0 21 0 .146 .255 .229 .484
2022 71 75 64 16 15 4 2 0 23 8 1 2 1 1 7 0 2 18 1 .234 .324 .359 .684
通算:2年 130 132 112 24 22 5 2 1 34 13 2 3 3 1 14 0 2 39 1 .196 .295 .304 .598
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

捕手守備


捕手






















2021[注 1] ソフトバンク 2 4 0 0 0 1.000 0 0 0 0 ----
2022[注 2] 8 15 2 0 1 1.000 0 1 1 0 .000
通算 10 19 2 0 1 1.000 0 1 1 0 .000
外野守備


外野












2021 ソフトバンク 48 23 2 0 0 1.000
2022 57 35 0 0 0 1.000
通算 105 58 2 0 0 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 45(2016年 - )

登場曲[編集]

[25]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 企図数・許盗塁・盗塁刺・阻止率については参考文献参照
  2. ^ 企図数・許盗塁・盗塁刺・阻止率については参考文献参照

出典[編集]

  1. ^ “ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/baseball/professional/koukai/team/koukai-hawks.html 2022年12月7日閲覧。 
  2. ^ a b c ソフトB3位・谷川原はプーさん好き “ゴリラ”トリプル3だ”. スポニチ Sponichi Annex (2016年1月13日). 2017年4月14日閲覧。
  3. ^ a b c 谷川原 投手陣を癒やす捕手に タカのプーさん”. 西日本スポーツ (2016年1月9日). 2021年6月19日閲覧。
  4. ^ ドラフト会議特集・2015年ドラフト会議”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2021年6月19日閲覧。
  5. ^ 谷川原・ソフトバンクと仮契約結ぶ”. 東日新聞 (2015年11月24日). 2021年6月19日閲覧。
  6. ^ 2016年 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績(ホークス) 2016年12月1日現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2017年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月23日閲覧。
  7. ^ ソフトバンク谷川原ねずみ摘出手術、復帰まで3カ月”. 日刊スポーツ (2017年1月19日). 2017年3月30日閲覧。
  8. ^ 2017/5/30(火) 3軍試合結果 vs広島(ファーム)”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年5月30日). 2017年10月22日閲覧。
  9. ^ 2017/07/19(水)第19回戦 福岡ソフトバンク vs オリックス 出場選手成績”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年7月19日). 2017年10月22日閲覧。
  10. ^ 2017年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年10月22日閲覧。
  11. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績 2017/10/19(木)現在”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年10月19日). 2017年10月22日閲覧。
  12. ^ 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. 日本野球機構 (2017年11月10日). 2017年11月10日閲覧。
  13. ^ “DeNA・G後藤ら登録、加賀らを抹消/22日公示”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年9月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809220000398.html 2020年12月18日閲覧。 
  14. ^ 2018年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構 NPB.jp. 2020年12月12日閲覧。
  15. ^ a b “2018アジアウインターベースボールリーグ(AWB) NPBメンバー一覧”. 日本野球機構. (2018年12月10日). https://npb.jp/winterleague/2018/roster.html 2020年12月20日閲覧。 
  16. ^ “フトバンク谷川原、5年目1軍デビューへ「捕手以外も」”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2019年11月23日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/561954/ 2020年12月20日閲覧。 
  17. ^ SMBC日本シリーズ2020 出場資格者名簿(福岡ソフトバンクホークス)”. 日本野球機構. 2020年12月20日閲覧。
  18. ^ “ソフトバンク・谷川原、柳田との自主トレで飛躍誓う”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2020年12月4日). https://www.sanspo.com/article/20201204-H5QKCAWXMJLYHG4U6SVQ5VDHIU/ 2020年12月20日閲覧。 
  19. ^ “ソフトバンク打線の起爆剤だ 谷川原 初出場初安打初アーチに「最高の形」”. 西日本スポーツ. (2021年6月19日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/757684/ 2021年6月20日閲覧。 
  20. ^ “動画】愛称はゴンゾー 柳田悠岐のバットで4安打「師匠が乗り移った」谷川原健太の活躍にファン驚き”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2022年8月23日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/977356/ 2022年11月12日閲覧。 
  21. ^ “【ソフトバンク】“筑後ホークス”大暴れ 野村大樹、谷川原健太、増田珠で初回4点”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2022年8月25日). https://hochi.news/articles/20220825-OHT1T51206.html?page=1 2021年3月15日閲覧。 
  22. ^ “これがホークスで生きる道。谷川原健太、捕手再挑戦に見た「究極の便利屋」の覚悟”. Yahoo!ニュース (Yahoo! JAPAN). (2020年9月10日). https://news.yahoo.co.jp/byline/tajirikotaro/20200910-00197577/ 2020年12月20日閲覧。 
  23. ^ ソフトバンクに“健太”が4人 ニックネームはどうなる? | BASEBALL KING” (日本語). BASEBALL KING. 2022年7月17日閲覧。
  24. ^ ソフトバンク柳田が名付け親 谷川原が”ゴンゾー”になった理由「昔のビートたけしさんが…」|ヨテミラ!” (日本語). ヨテミラ!. 2022年8月19日閲覧。
  25. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2021年9月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • ベースボール・マガジン社 編 『ベースボール・レコード・ブック』 2022日本プロ野球記録年鑑、ベースボール・マガジン社、2021年。ISBN 978-4-583-11429-3  296ページ参照。
  • ベースボール・マガジン社 編 『ベースボール・レコード・ブック』 2023日本プロ野球記録年鑑、ベースボール・マガジン社、2022年。ISBN 978-4-583-11546-7  52ページ参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]