コンテンツにスキップ

川村友斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
川村 友斗
福岡ソフトバンクホークス #61
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道松前郡松前町
生年月日 (1999-08-13) 1999年8月13日(24歳)
身長
体重
181 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2021年 育成選手ドラフト2位
初出場 2024年4月4日
年俸 700万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

川村 友斗(かわむら ゆうと、1999年8月13日 - )は、北海道松前郡松前町出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴

[編集]

プロ入り前

[編集]

北海高校では2年時に打線の中軸を任され、夏の甲子園大会での準優勝に貢献[2]。当時のチームメイトに阪口皓亮がいる[3]

高校卒業後は、仙台大学に進学[2]。大学4年時の2021年度プロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスより育成選手ドラフト2位指名を受け[4]、入団[2]

ソフトバンク時代

[編集]

2022年二軍公式戦に39試合出場し、打率.193、1本塁打、5盗塁、9打点[5]、三軍戦では54試合に出場し、打率.261、4本塁打、12盗塁、22打点を記録する[6]

2023年シーズンは一軍オープン戦に12試合出場し、打率.357、1本塁打の結果を残したものの、オープン戦最終盤に二軍降格となった。4月23日の二軍・広島戦で死球を受け左肘を亀裂骨折したものの、5月14日の四軍戦で実戦復帰した[7]。その後もチームの左打者の層が厚く一軍・支配下選手昇格はならなかった[8]。二軍公式戦に68試合出場し、打率.260、6本塁打、6盗塁、20打点[9]、三軍・四軍戦では、47試合に出場し、打率.364、4本塁打、12盗塁、34打点と前年の成績を上回る[10]。ファーム日本選手権では4打数3安打2打点を見せ、最優秀選手(MVP)賞を受賞した[11]。冬は田上奏大とともにプエルトリコウィンターリーグに派遣された[12]

2024年も一軍オープン戦への出場を続け、3月19日、緒方理貢仲田慶介とともに支配下選手契約を結んだ[13][注 1]。背番号は61[16]、推定年俸は700万円となった[1]。3人揃って開幕一軍登録された[17]。4月6日には大学4年間を過ごした仙台で行われた東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、7番・右翼手としてプロ初先発[18]。北海道から駆けつけた家族が見守る中、初安打初打点を記録し勝利に貢献[19]。初のヒーローインタビューも受けた[20]。4月24日の対千葉ロッテマリーンズ戦では1番・中堅手で出場し、初の3安打猛打賞を記録した[21]

選手としての特徴・人物

[編集]

高い打撃センスを誇る外野手で、長打力と勝負強さを兼ね備える[22]。遠投105mの強肩と50m走6秒0の俊足も武器[23]

自身と同時に支配下登録された元育成選手である緒方理貢仲田慶介とのトリオは「育成三銃士」と呼ばれている[24][25][26]

好きな言葉は、母校である北海高校の校訓「百折不撓」[4]

詳細情報

[編集]

記録

[編集]
初記録

背番号

[編集]
  • 132(2022年 - 2024年3月18日)
  • 61(2024年3月19日 - )

登場曲

[編集]

[29]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ オープン戦期間中の支配下登録は球団としては異例であり[14]、また、3選手同時の支配下登録は球団史上初となった[15]

出典

[編集]
  1. ^ a b 【ソフトバンク】21年ドラフト最終指名の仲田慶介が支配下昇格「はい上がってやる気持ちで」」『日刊スポーツ』2024年3月19日。2024年3月20日閲覧
  2. ^ a b c 川村友斗」週刊ベースボールONLINE。2022年5月31日閲覧
  3. ^ 仙台大・川村友斗、同期DeNA阪口と同舞台へ「自分もという思いは強い」」『日刊スポーツ』2021年10月10日。2024年4月28日閲覧
  4. ^ a b 【ソフトバンク】育成2位の仙台大・川村友斗外野手に指名あいさつ「大関選手のように一日も早く支配下を勝ち取って欲しい」」『スポーツ報知』2021年10月16日。2024年3月23日閲覧
  5. ^ 2022年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)」日本野球機構。2023年12月19日閲覧
  6. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 打撃成績 2022/11/7(月)現在」福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト。2022年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月19日閲覧
  7. ^ 骨折を乗り越えて…ソフトバンク育成2年目の川村友斗が抱く「今しかない」という思い」『文春オンライン』2023年6月3日。2024年3月23日閲覧
  8. ^ プロ野球“じつは育成選手を飼い殺している”問題「まだ8月なのに一軍の可能性ゼロ」「昇格率“わずか2%”の球団も…」あまりに厳しい待遇と現実(2/4)」『Number Web』2023年8月6日。2024年3月23日閲覧
  9. ^ 2023年度 福岡ソフトバンクホークス 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)」日本野球機構。2023年12月18日閲覧
  10. ^ ファーム非公式戦個人成績 打者 ※2023/11/6時点」福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト、2023年11月6日。2023年12月19日閲覧
  11. ^ 濱口妙華「ソフトバンク育成2年目の川村友斗がファーム選手権MVP 小久保2軍監督「キャラが薄い子だから、もうちょいキャラが濃くなればいい」」『西スポWEB OTTO!』2023年10月7日。2024年3月20日閲覧
  12. ^ ソフトバンク育成の川村友斗「来年がいったん自由契約になる年…何かをつかんで帰ってきたい」プエルトリコ・ウインターリーグ出発式で意気込み 田上奏大と派遣」『西スポWEB OTTO!』2023年10月25日。2024年3月20日閲覧
  13. ^ ソフトバンク、異例の3選手同時昇格 仲田慶介、川村友斗、緒方理貢の支配下登録を発表」『Full-Count』2024年3月19日。2024年3月20日閲覧
  14. ^ 3選手が支配下選手契約「これからが本当の勝負」」福岡ソフトバンクホークス、2024年3月19日。2024年3月20日閲覧
  15. ^ 球団史上初 ホークスの育成選手3人が同時に支配下登録 開幕へ向け闘志燃やす」『ヨテミラ!』2024年3月19日。2024年3月20日閲覧
  16. ^ ソフトバンク育成3選手が1軍の試合に出場できる支配下選手に」『NHK 福岡 NEWS WEB』2024年3月19日。2024年3月20日閲覧
  17. ^ 24年度「開幕一軍」の登録公示 ソフトバンクは新加入の山川・ウォーカーを含む26名」『BASEBALL KING』2024年3月28日。2024年5月12日閲覧
  18. ^ 佐竹英治「【ソフトバンク】川村友斗、第2の故郷でプロ初先発初安打初打点「川村にかけようと」監督称賛」『日刊スポーツ』2024年4月7日。2024年4月28日閲覧
  19. ^ ソフトバンクの川村友斗、先発・打点・安打の初ものづくしの活躍「去年まではイメージもできず」」『読売新聞オンライン』2024年4月7日。2024年4月28日閲覧
  20. ^ 前日の試合後に伝えられたプロ初スタメン 川村友斗の“初尽くし”に重なった偶然」『鷹フル』2024年4月7日。2024年4月28日閲覧
  21. ^ 川村友斗がプロ初の猛打賞! 21年育成2位入団、24年3月に支配下登録」『パ・リーグ.com』2024年4月24日。2024年4月28日閲覧
  22. ^ あずさ上杉「骨折を乗り越えて…ソフトバンク育成2年目の川村友斗が抱く「今しかない」という思い」『文春オンライン』2023年6月3日。2024年4月28日閲覧
  23. ^ 仙台大・川村がソフトバンク育成2位 同級生の活躍刺激に」『DOSHIN SPORTS』2021年10月12日。2024年4月28日閲覧
  24. ^ 週刊ホークス3/22号ニュース」『福岡ソフトバンクホークス』2024年3月22日。2024年5月5日閲覧
  25. ^ 【ソフトバンク】小久保チルドレンの育成三銃士が異例の同時支配下登録 三笠GM「1軍戦力になる」」『スポーツ報知』2024年3月19日。2024年5月5日閲覧
  26. ^ なぜ元“育成三銃士”が1軍に? 小久保監督単独インタビュー…戦力の理由、支配下登録の舞台裏」『鷹フル』2024年4月22日。2024年5月5日閲覧
  27. ^ ソフトバンク川村友斗が準地元仙台でプロ初スタメン 柳田悠岐が今季初DH」『西スポWEB OTTO』2024年4月6日。2024年4月6日閲覧
  28. ^ ソフトバンク川村友斗がプロ初スタメン初打点で両軍ノーノーの均衡を破った」『スポニチアネックス』2024年4月6日。2024年4月6日閲覧
  29. ^ チーム情報 球場使用曲一覧」福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト。2023年12月19日閲覧

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]