ヒガンテス・デ・カロリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヒガンデス・デ・カロリーナ(Gigantes de Carolina)はプエルトリコリーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・ロベルト・クレメンテに所属するプロ野球チーム。

チーム名の「ヒガンデス」は巨人を意味する。ニューヨーク・ヤンキースのGM特別補佐を務めていたホスエ・エスパーダが監督、NPBでのプレー歴のあるペドロ・バルデスがコーチを務めている。

NPB球団がオフシーズンに選手を派遣しており、2011年には福岡ソフトバンクホークスの選手4人(笠原大芽坂田将人塚田正義釜元豪)、2013年に同じくソフトバンクが4人(福田秀平東浜巨飯田優也星野大地)、2015年には読売ジャイアンツが3人(高木勇人平良拳太郎岡本和真)を派遣した。