塚田正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
塚田 正義
福岡ソフトバンクホークス #32
HAWKS32-Tsukada.JPG
2014年8月14日 福岡ヤフオク!ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県古河市
生年月日 (1989-07-23) 1989年7月23日(29歳)
身長
体重
177 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手三塁手遊撃手
プロ入り 2011年 ドラフト3位
初出場 2014年8月1日
年俸 1,150万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

塚田 正義(つかだ まさよし、1989年7月23日 - )は、茨城県古河市出身のプロ野球選手外野手内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年生時に地元の少年団で野球を始め[2]古河市立総和中学校へと進んだ[3]古河第一高では2年時の秋から主将となり、3年時の夏は、1番・遊撃手として茨城県予選に臨むも2回戦で敗退した。

白鴎大学では1年時から主力として活躍し、秋には最多打点を獲得した。2年時から4番を任され、秋には首位打者と最多打点を獲得した[4]。4年春と4年秋には最多盗塁を獲得し、関甲新リーグ通算18本塁打のリーグ新記録を樹立した[5]三塁手で1度、遊撃手で3度ベストナインにも選出され、大学通算で打率.352、73打点を残した。全国大会には2度出場しており、2年春の第58回全日本大学野球選手権大会では2回戦の法政大学戦で敗退、3年春の第59回全日本大学野球選手権大会では初戦の東海大学戦で菅野智之に無安打に抑え込まれ敗退した。

2011年10月27日のプロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスから3位指名を受けた[6]。12月10日に入団会見を行った[7]背番号は「32」。

プロ入り後[編集]

2012年、1年目のキャンプはA組でスタートし[8]オープン戦にも出場したが開幕は二軍で迎えた。45試合に出場し、打率.218、本塁打4本、11打点を記録してフレッシュオールスターゲームにも選出されていたが[9]6月1日ウエスタン・リーグ広島戦の試合前のスライディング練習で負傷し、右膝関節の前十字靱帯不全断裂及び外側半月板損傷と診断され、7月11日、福岡市内の病院で右膝関節の前十字靱帯再建術を受けた[10]

2013年、二軍戦開幕2試合目の3月23日対広島東洋カープ戦で8回に代打として復帰。二軍では62試合に出場し、打率.267、本塁打5本、24打点だった。

2014年、大半を二軍で過ごしたが、8月1日に一軍昇格し、同日対北海道日本ハムファイターズ戦で8回表3点ビハインド二死から細川亨代打としてプロ初出場、宮西尚生に対し空振り三振に倒れた。8月9日本拠地福岡 ヤフオク!ドームでの対日本ハム戦で延長10回裏一死一三塁から城所龍磨の代打として出場、宮西尚生の初球を捕えセンターにサヨナラ犠牲フライを放ち初打点を記録した。8月14日に登録抹消され、9月に再昇格したが出場は代打のみで一軍での先発出場、守備機会は無くシーズンを終えた。二軍では98試合に出場し、打率.313(リーグ2位)、15本(リーグ2位)、70打点を記録してウエスタン・リーグ優勝に貢献し、11月26日NPB_AWARDSにて最多打点者、最高出塁率者(出塁率.402)として表彰された[11]

シーズンオフには11月11日から12月22日までプエルトリコウィンターリーグに参加し、26試合(先発25試合)に外野手として出場し、帰国した12月23日時点で88打数32安打、打率.364(リーグ2位)、4三塁打(リーグ1位)、OPS.912と好成績を残した[12][13][14]

2015年から外野手登録となった[15]。開幕を一軍で迎えたものの13試合打席に立てなかったが、4月14日の対オリックス・バファローズ戦の9回に代打で登場すると海田智行チェンジアップ京セラドーム大阪の5階席まで運び、プロ初安打をソロ本塁打で記録した[16][17]

2016年、ウエスタン・リーグでは116試合に出場し、打率.304で首位打者、124安打で最多安打、最多得点の85得点、最高出塁率の.404、8本塁打、50打点を挙げるが[18]、一軍では僅か1試合のみの起用だった。

シーズンオフの12月2日、契約更改交渉を行い、100万円ダウンの年俸1,100万円(金額は推定)で更改した[19]

2017年、宮崎春季キャンプでは上林誠知釜元豪真砂勇介らとともに、A組に参加し[20]、激しい外野手のポジション争いを繰り広げるが[21]、開幕一軍は果たせなかった。7月17日に一軍選手登録され[22]、同月22日に福岡 ヤフオク!ドームで行われた対千葉ロッテマリーンズ14回戦において、スターティングメンバーで今季初出場し、1安打を記録するも[23]、翌23日に一軍選手登録抹消となる[22]。8月2日に一軍再昇格すると[24]、翌3日に京セラドーム大阪で行われた対オリックス16回戦において、2回表にソロホームランを放ち、2015年4月14日以来の通算2号本塁打を記録する[25]。9月20日の対日本ハム戦では、決勝点となる本塁打を放つ(京セラドーム大阪以外での本塁打)[26]。今シーズンは、一軍公式戦14試合に出場。2本の本塁打を記録した。

シーズンオフの12月1日、契約交渉に臨み、50万円アップの年俸1,150万円(金額は推定)で契約更改した[27]

選手としての特徴・人物[編集]

関甲新リーグ新記録となる18本塁打をマークした打撃に加え、50メートル走のタイムは5秒9、遠投115メートルと身体能力も高い走れるスラッガーだった[28]。ファームでの打撃は引っ張り専門だったが、2014年オフにプエルトリコウィンターリーグの外に広いストライクゾーンに対応することで逆方向への打撃もできるようになった[29]

大学時代は内野手だったが、プロ入り後は外野も守っている[30]。自身の分析によると外野は送球の精度に課題がある[30]。2012年は三塁を中心に内野は全て守った。膝故障後の2013年は三塁を中心に外野の出場(主に左翼手)が増え、遊撃手での出場が無くなった。2014年は左翼手、右翼手での出場が主になり、三塁手としての出場が減り、二塁手での出場は無くなった。2014年オフのプエルトリコでは中堅手としても9試合出場し、2015年度より外野手登録となった。

白鴎大学では1年生の時に後に日本ハムの監督となる栗山英樹の講義を受けた[31]

2015年11月5日に鹿児島県出身の一般女性と結婚したと報じられた[32]

2017年10月12日に第一子となる男児が誕生したと球団から発表された[33]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 ソフトバンク 4 4 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2015 12 12 12 1 2 0 0 1 5 1 2 0 0 0 0 0 0 2 0 .167 .167 .417 .583
2016 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2017 14 27 26 3 4 1 0 2 11 2 0 0 0 0 0 0 1 8 1 .154 .185 .423 .608
NPB:4年 31 44 42 4 6 1 0 3 16 4 2 0 0 1 0 0 1 12 1 .143 .159 .381 .540
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 外野
























2015 ソフトバンク 2 2 0 0 0 1.000 6 4 0 0 0 1.000
2016 - 1 0 0 0 0 .---
2017 6 38 1 2 3 .951 2 1 0 0 0 1.000
通算 8 40 1 2 3 .976 9 5 0 0 0 1.000
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 32 (2012年 - )

登場曲[編集]

※球場使用曲一覧[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2017年12月15日閲覧。
  2. ^ 塚田選手が車椅子寄贈 2012年1月6日毎日新聞(リンク切れ)
  3. ^ 古河出身の塚田「結果残したい」3位指名SBと契約合意 2011年11月23日茨城新聞紙面
  4. ^ 栗山新監督教え子白鴎大・塚田ハム指名へ 2011年10月26日 日刊スポーツ
  5. ^ 本県関係4人に指名、白鴎大から3人 プロ野球ドラフト”. 下野新聞「SOON」 (2011年10月27日). 2011年11月10日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 白鴎大・塚田「プロになれたよ」/ドラフト 2011年10月27日 日刊スポーツ
  7. ^ 2012年度の新入団選手発表を実施。ドラ1・武田投手の意外(?)なセールポイントは…!? 2011年12月10日配信 球団ニュース| 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
  8. ^ 【ソフトB】馬原 開幕微妙 2012年1月30日 日刊スポーツ
  9. ^ フレッシュ球宴に中日高橋周、西武十亀ら 2012年5月18日 日刊スポーツ
  10. ^ 【ソフトB】塚田が右膝じん帯の再建術” (2012年7月11日). 2012年10月29日閲覧。
  11. ^ 2014年度 表彰選手 (ウエスタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  12. ^ 海外武者修行 二〇一四 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  13. ^ プエルトリコリーグ成績
  14. ^ 柳田に続け! ホークス塚田がプエルトリコで打率2位の大健闘! Yahoo!ニュース
  15. ^ 選手名鑑 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト 2015年1月14日閲覧。
  16. ^ ソフトB塚田「行ってくれ」プロ初安打がダメ押し弾 2015年4月14日 日刊スポーツ
  17. ^ プロ4年目、5打席目での初ヒットがホームラン 塚田、お立ち台は2回目 2015年4月15日西日本スポーツ
  18. ^ 2016年度 ウエスタン・リーグ リーダーズ(打撃部門)”. NPB.jp 日本野球機構. 2017年4月1日閲覧。
  19. ^ ソフトバンク塚田100万減「下がってるですね」”. 日刊スポーツ (2016年12月2日). 2017年4月1日閲覧。
  20. ^ ソフトバンク田中らA組/春キャンプ振り分け一覧”. 日刊スポーツ (2017年1月30日). 2017年8月4日閲覧。
  21. ^ 塚田も猛打賞 気迫の好守も披露”. 西日本スポーツ (2017年3月13日). 2017年8月4日閲覧。
  22. ^ a b 公示 出場選手登録・抹消 2017年7月”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年8月4日閲覧。
  23. ^ 201707/22(土)第14回戦 福岡ソフトバンク vs 千葉ロッテ”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年7月22日). 2017年8月4日閲覧。
  24. ^ ヤクルト由規、ソフトバンク寺原ら登録/2日公示”. 日刊スポーツ (2017年8月2日). 2017年8月4日閲覧。
  25. ^ ホークス塚田2戦連続スタメンに燃えた”. 西日本スポーツ (2017年8月4日). 2017年8月4日閲覧。
  26. ^ ソフトバンク塚田「もう必死でした」代打決勝アーチ”. 日刊スポーツ (2017年9月21日). 2017年12月15日閲覧。
  27. ^ ソフトB塚田「ずっと1軍」来季の目標に 1150万円でサイン”. 日刊スポーツ (2017年12月2日). 2017年12月15日閲覧。
  28. ^ 【ソフトB3位】塚田正義 大学屈指の長距離砲 楽しみな走れるスラッガー”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月27日). 2011年11月10日閲覧。
  29. ^ ソフトB塚田、新人以来の1軍キャンプも 2015年1月17日 日刊スポーツ
  30. ^ a b 週刊ベースボール 2013年8月5日号 P49
  31. ^ ソフトB塚田 栗山教授へ「恩返し」 2012年1月17日 日刊スポーツ
  32. ^ ソフトバンク塚田結婚 二人三脚でレギュラー取りだ”. 日刊スポーツ (2015年12月8日). 2017年12月15日閲覧。
  33. ^ ソフトバンク塚田「ビリケンさんみたい」男児が誕生”. 日刊スポーツ (2017年10月13日). 2017年12月15日閲覧。
  34. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]