坂田将人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂田 将人
栃木ゴールデンブレーブス #67
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県朝倉市
生年月日 (1993-03-12) 1993年3月12日(26歳)
身長
体重
175 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト5位
年俸 600万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

坂田 将人(さかた まさと、1993年3月12日 - )は、福岡県朝倉市出身[1]プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学4年からソフトボールを始める。中学時代は、地元の朝倉ドジャーズに所属し2年時から投手を務めた[1]

祐誠高校への進学後は、1年時の秋からベンチ登録。3年時には、春季九州大会で奪三振を量産するとともに、チームをベスト4に導いた。夏の全国大会の福岡県予選では、福翔高校との3回戦で、2点リードの6回に一挙5点を失って敗退した。

2010年のドラフト会議福岡ソフトバンクホークスからの5巡目指名を受けたことを機に、入団へ至った[2]。入団当初の背番号は67

プロ入り後[編集]

2011年には、三軍戦で16試合に登板。65イニングを投げて9勝を挙げた。失点はわずかに10で、66三振を奪ったことから、奪三振率は9.14に達した。一・二軍とも公式戦への登板機会はなかったが、10月10日みやざきフェニックスリーグ・対読売ジャイアンツ(巨人)戦で二軍戦デビューを果たした[3][4]

2012年には、左肩を故障した影響で、一・二軍とも公式戦への登板機会はなかった。三軍戦への登板も4試合にとどまった。左肩の故障は深刻で、手術しても完全な復帰を保障できないほど[5]だったが、シーズン終盤の9月12日に左肩上方関節唇を手術[6]同月27日からリハビリを開始した[7]

2013年には、左肩のリハビリに専念したため、実戦登板の機会はなかった。10月7日に球団から支配下選手契約の解除を通告[8]されたが、秋季キャンプには参加。11月30日には、育成選手契約を結んだことや、背番号を120に変更することが球団から発表された[9]

2014年に、三軍戦で26試合に登板。83イニングを投げて、防御率2.17、奪三振率8.35を記録した。10月17日には、みやざきフェニックスリーグの対埼玉西武ライオンズ戦の先発投手として二軍戦に復帰[10][11]。シーズン終了後に派遣されたプエルトリコウィンターリーグ[12]では、11月11日から28日まで4試合(先発で2試合)に登板した[13][14]。しかし、12月6日腰痛を発症したため、リーグ戦の途中で日本への帰国を余儀なくされた[15]。なお、育成選手に関するNPBの規定に沿って、10月31日には前年に続いて自由契約選手として公示[16]12月18日には、育成選手として再契約を結んだことが球団から発表された[17]

2015年6月28日ウエスタン・リーグ公式戦・対中日ドラゴンズ戦(KYBスタジアム)で、先発投手としてリーグ戦デビュー。巨人とのファーム交流戦(7月25日雁の巣球場)では、先発で5回表まで巨人打線を1安打に抑えると、7回2安打2失点という内容で二軍ながら公式戦初勝利を挙げた[5]。シーズン通算では、ウエスタン・リーグ公式戦9試合に登板。47回を投げて、3勝2敗、41奪三振、防御率2.11という成績を残した。さらに、シーズン終了後の11月27日には、支配下選手契約を結んだことが球団から発表された。支配下登録選手への復帰は自身2年振りで、復帰後の背番号は49[18]

支配下選手に復帰した2016年だが左肩痛の影響で一、二軍とも公式戦での登板はなかった。9月9日には左肩上腕二頭筋腱の手術を受けたことが発表された[19]10月4日、球団から戦力外通告を受け、12月2日に自由契約公示された[20]。同日、育成選手契約締結が発表された。背番号は120[21]

2017年は前述の手術のリハビリを続けていたが、二軍戦、三軍戦ともに登板するまでには至らなかった[22]10月3日に球団から戦力外通告を受けた[23]。トライアウトを受け、現役続行することを希望している[22]。10月31日、自由契約公示された[24]

BCリーグ時代[編集]

2017年12月21日ベースボール・チャレンジ・リーグ栃木ゴールデンブレーブスへの入団が発表された[25]

選手としての特徴[編集]

流れるように投げる美しい投球フォームが特徴。投手としては小柄な体格[5]で、ストレートの最速記録は138km/hながら、切れ味とコントロールは「(入団当時にソフトバンクのエースだった)杉内俊哉に匹敵する」と評価されている[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 67 (2011年 - 2013年、2018年 - )
  • 120 (2014年 - 2015年、2017年)
  • 49 (2016年)

登場曲[編集]

[26]

脚注[編集]

  1. ^ a b 市民クラブ(平成23年1月1日号)◆憧れのホークスへ入団・坂田将人さん(馬田)”. 朝倉市公式ホームページ. 2017年4月14日閲覧。
  2. ^ a b ドラフト会議で高校生No.1捕手の山下選手ら11人の選手を指名”. 福岡ソフトバンクホークス (2010年10月28日). 2012年11月5日閲覧。
  3. ^ 2軍試合結果(2011年フェニックスリーグ) | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  4. ^ 10/10 ソフトバンクvs巨人 試合結果 (みやざきフェニックスリーグ2011)
  5. ^ a b c 「杉内2世」と呼ばれた男――坂田将人が巨人2軍相手に5年目公式戦初勝利!Yahoo!ニュース2015年7月25日配信
  6. ^ 【ソフトB】坂田左肩手術 復帰に6カ月”. nikkansports.com (2012年9月12日). 2012年11月5日閲覧。
  7. ^ 【ソフトB】坂田がリハビリ開始”. nikkansports.com (2012年9月27日). 2012年11月5日閲覧。
  8. ^ 来季契約についてソフトバンク球団公式サイト2013年10月7日配信
  9. ^ 育成選手契約締結についてソフトバンク球団公式サイト2013年11月30日配信
  10. ^ 2軍試合結果(2014年フェニックスリーグ) | 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト
  11. ^ 10/17 ソフトバンクvs西武 試合結果 (みやざきフェニックスリーグ2014)
  12. ^ ソフトB、ウインターLに笠原ら4人派遣”. nikkansports.com (2014年10月24日). 2014年11月11日閲覧。
  13. ^ 海外武者修行 二〇一四 | 福岡ソフトバンクホークス
  14. ^ プエルトリコGigantes de Carolina成績
  15. ^ 2014年12月6日 ニッカンスポーツ
  16. ^ 2014年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月7日閲覧。
  17. ^ 育成選手契約締結についてソフトバンク球団公式サイト2014年12月18日配信
  18. ^ 坂田将人選手の支配下選手契約についてソフトバンク球団公式サイト2015年11月27日配信
  19. ^ “ソフトバンク坂田が左肩手術 復帰まで4か月”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年9月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1707505.html 2016年10月5日閲覧。 
  20. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  21. ^ 育成選手契約締結について プレスリリース 2016年12月2日配信。・福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
  22. ^ a b ソフトバンク育成の坂田が戦力外 現役続行希望”. 日刊スポーツ (2017年10月3日). 2017年10月3日閲覧。
  23. ^ 来季契約について”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト (2017年10月3日). 2017年10月3日閲覧。
  24. ^ 自由契約選手(育成選手)|2017年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2017年10月31日). 2017年11月1日閲覧。
  25. ^ 【チーム情報】新入団選手のお知らせ - 栃木ゴールデンブレーブスオフィシャルサイト(2017年12月21日)
  26. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]