野村大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野村 大樹
福岡ソフトバンクホークス #55
Nomura-daiju55.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県宝塚市
生年月日 (2000-09-10) 2000年9月10日(19歳)
身長
体重
172 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2018年 ドラフト3位
初出場 2019年9月28日
年俸 600万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

野村 大樹(のむら だいじゅ、2000年9月10日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属する兵庫県宝塚市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

阪神タイガースのファンである実父の影響で、幼少期から甲子園球場で阪神戦を頻繁に観戦。5歳だった2006年に同球場で初めて観た高校野球の試合が、第88回全国高等学校野球選手権大会決勝だった。斎藤佑樹を擁する早稲田実業がこの試合でチームを初優勝に導いたことが、後に同校への進学を決めるきっかけになったという[1]

小学1年時から軟式野球を始めたが、「文武両道」を掲げる家族の方針どおりに勉強と野球を両立させた結果、同志社中学校へ進学。在学中は、当初は枚方ボーイズに所属しレギュラーを獲得していたが途中で大阪福島シニアへ移籍すると、4番打者や捕手を任された。当時のチームメイトに、小園海斗増田陸2018年大阪桐蔭高等学校の主将として甲子園球場の全国大会でチームを春夏連覇に導いた中川卓也などがいる[1]

中学3年時の2015年には、松山坊っちゃんスタジアムで開かれたU-15アジアチャレンジマッチ2015に、野球日本代表の一員として小園と揃って出場[2]。捕手としての選出だったが、実際には「5番・一塁手」に起用された。その一方で、第97回全国高等学校野球選手権大会で1歳年上(当時は早稲田実業学校高等部1年生)の清宮幸太郎が4番打者として活躍する姿を甲子園球場で目の当たりにしたことから、「早稲田(実業)で4番を打ちたい」と決意。同志社中学校が中高一貫校であったにもかかわらず、中学校からの卒業を機に、早稲田実業学校高等部へ入学した[1]

早稲田実業では、上記の実績を買われて、春季東京都大会後から清宮に代わって4番打者に抜擢。三塁手として起用されながら、3番に回った清宮などとのクリーンアップで注目を集めた。1年秋の東京都大会では、日本大学第三高校との決勝戦で、清宮から5三振を奪った櫻井周斗から9回裏の打席で2点本塁打。チームをサヨナラ勝利と翌2017年第89回選抜高等学校野球大会出場へ導いた。その直後に出場した第47回明治神宮野球大会でも、通算3試合で9打数5安打1本塁打6打点と活躍したことによって、高校の部の準優勝に貢献。新2年生として臨んだ翌年の選抜大会でも、通算2試合で9打数5安打2打点を記録するなど、大舞台で勝負強さを発揮した[3]。チーム事情で5月の関東大会から捕手へ再び転向したが、対外試合によっては投手として登板することもあった。清宮が卒業(北海道日本ハムファイターズへ入団)した3年時の2018年には、主将を務めるとともに、「3番・三塁手」として打撃へ専念。夏の選手権西東京大会では、4回戦で2打席続けて2点本塁打を放ったが、八王子学園八王子高校に敗れた。それでも、2本目の本塁打で、在学中に対外試合で放った本塁打が通算で68本にまで達した[1]

早稲田大学への進学も視野に早稲田実業学校へ入学した[1]ため、3年夏の選手権西東京大会で敗れた後には、卒業後の進路をめぐって家族会議を10回近く重ねた。前年の清宮と同じ経緯をたどったが、結局は清宮に続く格好で、プロ志望届日本学生野球協会へ提出。2018年のNPBドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスから3巡目で指名されると、契約金5,000万円、年俸600万円(金額は推定)という条件で入団した[4]。背番号は55。この背番号については、入団会見で、「松井秀喜の(現役選手時代に付けていた)背番号の数字と、(高校の先輩でソフトバンク球団会長の)王貞治が(読売ジャイアンツ内野手時代の1964年セントラル・リーグ公式戦で記録した)本塁打の総数を連想した」と述べている[5]

プロ入り後[編集]

2019年には、春季キャンプを若手選手主体の「B組」でスタート。キャンプ中の実戦4試合での通算打率が5割に達するほど好調なこと[6]から、キャンプ終盤の2月28日には、千葉ロッテマリーンズとの練習試合ながら、8回裏に代打で一軍デビューを果たした(結果は三振[7]。レギュラーシーズン中には、主に三軍へ帯同。 三軍戦では79試合で打率.303、41打点、3本塁打[8][9]、二軍のウエスタン・リーグ公式戦では22試合で打率.191を記録した。9月28日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)7回裏の守備から、三塁手として一軍公式戦にデビュー。9回表に迎えた初打席では、荒西祐大から右前安打を放った。ソフトバンクで高卒1年目の選手が一軍公式戦の初打席で安打を記録した事例は、2005年の球団発足後初めてであった[10]

プレースタイル[編集]

上背こそ無いが、高校時代に対外試合で68本の本塁打を放ったほどの長打力の持ち主で、豪快なフルスイングと勝負強さが持ち味[6]。その一方で、当時から「1試合につき打率5割」[11]、ソフトバンクへの入団時には「打点王のタイトル獲得」[12]を目標に挙げている。

高校時代には、50m走で最速6秒3(手動計測)、投手としてストレートで最速135km/hを記録している。

人物[編集]

名前の「大樹」には、「地中に根を生やしながら、大木のように育って欲しい」という両親の願いが込められているという。ちなみに、出生時の体重は3,300gで、兄弟や姉妹はいない[1]

実母曰く「目標があるほど頑張れるタイプ」とのいう。小学校の高学年には、野球の練習を週末にとどめるほど勉強へ勤しんだあげく、同志社中学校の入学試験に合格した[1]

読書好きの実父の影響で、小学生時代には探偵小説を読みあさっていた。同志社中学校時代にも、実家からの通学に片道で2時間を要した関係で、登下校の移動時間を読書に充てていた[1]。早稲田実業への入学後も「年間で100冊は本を読んでいた」とのことで、ソフトバンクの入団を機に生活する若鷹寮(球団合宿所)には「名将・王貞治 勝つための『リーダー思考』」(児玉光雄)を持ち込んだ[13]

幼少期は阪神タイガースのファンで、同志社中学校を卒業するまで、自宅から甲子園球場を30回ほど訪れていた[1]。東京都内にある早稲田実業への進学を決めたのは、同球場での全国大会出場を狙える環境で、大学までを見据えた学力の向上を追求することにもよる。ちなみに、進学後の3年間は東京都内で実母と生活していたため、実父は単身で自宅暮らしを継続。大樹自身は進学当初(早稲田大学が加盟する)東京六大学野球でのプレーを経てのNPB入りを想定していたが、清宮の活躍などを背景に「NPBで早く活躍する夢を追い掛けたくなった」とのことで、18歳の誕生日にプロ志望届を提出した[14]

詳細情報[編集]

















































O
P
S
2019 ソフトバンク 2 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
通算:1年 2 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 55(2019年 - )

登場曲[編集]

[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 5歳から憧れ続けた早実/ホークス3位・野村大樹1(『西日本スポーツ』2018年12月15日付記事)
  2. ^ 2015年 U-15アジアチャレンジマッチ出場選手一覧NPB日本野球機構
  3. ^ 追いかけた清宮の背中/ホークス3位・野村大樹2(『西日本スポーツ』2018年12月16日付記事)
  4. ^ ソフトバンク3位・野村大樹が契約仮合意 目標は「打点王」
  5. ^ ソフトバンクドラフト3位野村 背番号55「松井さんと王さん」浮かんだ (『スポーツニッポン』2018年12月7日付記事)
  6. ^ a b ソフトバンク・ドラフト3位野村にA組“お試し起用”案(『東京スポーツ』2019年2月22日付記事)
  7. ^ ソフトバンク野村が“一軍デビュー”も「実力不足」(『日刊スポーツ』2019年2月28日付記事)
  8. ^ 3軍個人成績”. 福岡ソフトバンクホークス (2019年9月25日). 2019年9月28日閲覧。
  9. ^ ソフトバンク野村大樹がプロ初打席初安打デビュー”. 日刊スポーツ (2019年9月28日). 2019年9月28日閲覧。
  10. ^ ソフトバンク野村大樹がプロ初打席初安打デビュー”. 日刊スポーツ (2019年9月28日). 2019年9月28日閲覧。
  11. ^ ルーキー野村選手の高い目標「1試合打率5割」(福岡ソフトバンクホークス公式サイト2019年2月28日付春季キャンプリポート)
  12. ^ ソフトバンク3位の野村仮契約 目標は「打点王」(『日刊スポーツ』2018年11月23日付記事)
  13. ^ ソフトバンクの新人が入寮(『サンケイスポーツ』2019年1月7日付記事)
  14. ^ 早実・野村大樹がプロ志望届を提出した背景は?(『週刊ベースボールONLINE』2018年9月12日付記事)
  15. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]