コンテンツにスキップ

長谷川威展

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長谷川 威展
福岡ソフトバンクホークス #59
2024年7月9日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県大宮市(現:さいたま市大宮区
生年月日 (1999-08-09) 1999年8月9日(24歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2021年 ドラフト6位
初出場 2022年3月26日
年俸 770万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

長谷川 威展(はせがわ たけひろ、1999年8月9日 - )は、埼玉県大宮市(現:さいたま市大宮区)出身のプロ野球選手投手)。左投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴

[編集]

プロ入り前

[編集]

さいたま市立植水小学校では『加茂川ワイルドダックス[2]』、さいたま市立桜木中学校では硬式野球(リトルシニア)の『和光リトルシニア』でプレーした[3]

花咲徳栄高等学校では外野手を務めていたが[4]、2年時に投手へ転向[5]。3年夏の県大会では背番号19でベンチ入りしていたが[4]、チームが全国制覇を達成した第99回全国高等学校野球選手権大会ではベンチ外であった[5]。同期には清水達也西川愛也がいた。

高校卒業後は金沢学院大学人間健康学部スポーツ健康学科[6]に進学し、2年春からリリーフとして登板。2年秋に出場した明治神宮大会で2試合に登板すると[4]、その投球が評価され、大会後には大学日本代表候補合宿に選出された[7]。リーグ戦では通算22試合の登板で1勝0敗・防御率0.23[4]

2021年10月11日に行われたドラフト会議にて、北海道日本ハムファイターズから6位指名を受け[注 1]、11月12日に契約金2500万円・年俸700万円(金額はいずれも推定)で仮契約した[9][10]。背番号は53[11]。なお、チームには同姓の長谷川凌汰が所属しているため、報道上の表記およびスコアボード上の表記は「長谷川威」となる。

日本ハム時代

[編集]

2022年は春季キャンプを二軍でスタートしたが[12]、オープン戦で登板機会を得ると[13]、6試合の登板で防御率2.57と結果を残し[14]、リリーフとして開幕一軍入りを果たした[15]。3月26日の福岡ソフトバンクホークス戦でプロ初登板となり、1イニングを無失点に抑えた[16]。ただ、この1試合のみで同28日に出場選手登録を抹消されると[17]、4月中旬からは左肘痛により、4か月ほど戦列を離れた[18]。10月2日に出場選手登録となり[19]、同日の埼玉西武ライオンズとのレギュラーシーズン最終戦、2点リードの7回表から登板し[20]、1イニングを無失点に抑えてプロ初ホールドを記録[21]。ルーキーイヤーは一軍で2試合に登板し、0勝0敗1ホールド・防御率0.00という成績であった。オフに10万円増となる推定年俸710万円で契約を更改した[22]。なお、シーズン終了後に長谷川凌汰が戦力外通告を受けて現役を引退したことで[23]、報道上の表記およびスコアボード上の表記が「長谷川」となった。

2023年はオープン戦で計4試合・3イニングを無失点に抑えていたが、開幕は二軍で迎えた[24]。5月23日に出場選手登録となり[25]、同日のソフトバンク戦でシーズン初登板を果たし、1イニングを無失点に抑えた[26]。3試合の登板で無失点に抑えていたが、6月13日の横浜DeNAベイスターズ戦での登板[27]を最後に同20日に出場選手登録を抹消された[28]。二軍でもしばらく調子が上がらずにいたが、8月8日の二軍戦以降[29]は10試合連続無失点を記録し[30]、9月16日に出場選手登録され[31]、シーズン終了まで一軍に帯同し、この年は9試合の登板で防御率1.08を記録[注 2]。オフに60万円増となる推定年俸770万円で契約を更改した[33]

ソフトバンク時代

[編集]

2023年12月8日に開催された現役ドラフトの結果[34]福岡ソフトバンクホークスへ移籍となった[35][36]。背番号は59[37]

2024年は春季キャンプをA組でスタート[38]。オープン戦では6試合に登板し、1勝0敗2セーブ・防御率0.00と好成績を残したが、発熱を伴う体調不良で開幕直前の一軍練習に不参加となり[39]、3月28日に公示された開幕一軍メンバーから外れた[40]。長谷川は同日にリハビリ組へ合流となり[41]、4月2日の二軍戦で実戦復帰を果たし[42]、同4日に出場選手登録[43]。4月7日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦の6回裏、同点を許した直後の二死二塁という場面で移籍後初登板となり、無失点で切り抜ける好救援を見せた[44]。その後は登板機会に恵まれなかったものの[45]、3試合目の登板となった同29日の西武戦では、2点ビハインドの9回表に登板し、1イニングを三者凡退に抑えると、チームが直後にサヨナラ勝ちを収めたことで、長谷川にプロ初勝利が記録された[46]

選手としての特徴・人物

[編集]

テイクバックの小さいサイド気味の投球フォームが特徴[7]エドウィン・エスコバーの投球フォームに似ていることから、名前の「威展(たけひろ)」とかけて「タケコバー」の愛称を持つ[47][48]

持ち球は最速151km/hのストレート[49]ツーシーム[50]、大小2種類の曲がり幅があるスライダー[51]。プロ入り時の新入団選手発表にて「キレッキレのスライダーを見てもらいたいです」と本人が話したように[52]、一番自信のある球種はスライダーであり、決め球に用いている[53]

詳細情報

[編集]

年度別投手成績

[編集]




















































W
H
I
P
2022 日本ハム 2 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 9 2.0 2 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.50
2023 9 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 35 8.1 8 0 3 0 1 5 0 0 1 1 1.08 1.32
通算:2年 11 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 44 10.1 10 0 4 0 1 7 0 0 0 0 0.87 1.35
  • 2023年度シーズン終了時

年度別守備成績

[編集]


投手












2022 日本ハム 2 0 1 0 0 1.000
2023 9 2 1 0 0 1.000
通算 11 2 2 0 0 1.000
  • 2023年度シーズン終了時

記録

[編集]
初記録

背番号

[編集]
  • 53(2022年 - 2023年)
  • 59(2024年 - )

登場曲

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 同期の松井友飛と共に、金沢学院大学硬式野球部の創部(1996年)以来初となる、同大学から直接プロ入りを果たした選手となった[8]
  2. ^ なお、イースタン・リーグでは8勝を挙げ、松井颯塩見貴洋に並んで最多勝利のタイトルを獲得している[32]

出典

[編集]
  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球」『日刊スポーツ』。2023年11月23日閲覧
  2. ^ 長谷川投手プロフィール」『金沢学院短期大学』。2023年6月14日閲覧
  3. ^ 和光シニアOBプロ野球選手来場!...34期谷岡選手(巨人)、38期長谷川選手(日ハム)」『和光リトルシニア公式ホームページ』2021年12月30日。2022年3月26日閲覧
  4. ^ a b c d 【球界ここだけの話(2185)】甲子園V校の背番号「19」がドラフトへの道を進んでいる」『サンケイスポーツ新聞』2020年12月25日。2022年3月18日閲覧
  5. ^ a b ポスト宮西候補!日本ハム6位長谷川威展、花咲徳栄ではベンチ外の苦労人」『日刊スポーツ』2021年10月20日。2023年6月14日閲覧
  6. ^ 長谷川投手プロフィル」『金沢学院大学』。2023年7月30日閲覧
  7. ^ a b 金沢学院大の左右の両輪に熱視線…松井友飛と長谷川威展に8球団のスカウトが集結」『BASEBALL KING』2021年10月7日。2023年3月11日閲覧
  8. ^ 金沢学院大、大学初の直接プロ入りが一挙に2人!楽天5位・松井、日本ハム6位・長谷川」『Sponichi Annex』2021年10月11日。2023年6月14日閲覧
  9. ^ 長谷川投手「1年投げ抜く体を」 日本ハムと仮契約 会見笑顔」『中日スポーツ』2021年11月13日。2023年6月14日閲覧
  10. ^ 金沢学院大の長谷川、日ハム仮契約 契約金2500万円、年俸700万円」『北國新聞』2021年11月13日。2022年3月18日閲覧
  11. ^ 日本ハム ドラ1・達は有原ら背負った「16」に決定 新入団選手の背番号発表」『Sponichi Annex』2021年12月5日。2023年6月14日閲覧
  12. ^ 日本ハム・清宮は2軍スタート 新人の水野、上川畑が1軍抜てき キャンプメンバー発表」『Sponichi Annex』2022年1月20日。2023年6月14日閲覧
  13. ^ 日本ハム・ドラ6長谷川威 満点デビュー!初対外試合で1回無安打無失点」『Sponichi Annex』2022年2月27日。2023年6月14日閲覧
  14. ^ 2022年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(オープン戦)」『NPB.jp 日本野球機構』。2023年6月14日閲覧
  15. ^ 日本ハム 球団6年ぶり新人3人開幕1軍入り、ドラ6長谷川威「理想の形になってくれて良かった」」『Sponichi Annex』2022年3月25日。2023年6月14日閲覧
  16. ^ a b 【日本ハム】長谷川威がプロ初登板1回0封「負けていられない」3人目の開幕1軍ルーキー奮闘」『日刊スポーツ』2022年3月26日。2023年6月14日閲覧
  17. ^ 【28日の公示】巨人デラロサ、広島・中村奨成、ソフトBリチャードら再調整で抹消」『Sponichi Annex』2022年3月28日。2023年6月14日閲覧
  18. ^ 日本ハム・長谷川威 完璧なリリーフ、3者三振斬り 宮西目標に直球、スライダーだけで勝負」『Sponichi Annex』2022年10月11日。2023年6月14日閲覧
  19. ^ 【10月2日プロ野球公示】オリックスが山﨑福也、田嶋大樹、来田涼斗、杉本裕太郎を登録、ロッテ国吉佑樹、日本ハム長谷川威展も昇格」『SPAIA』2022年10月2日。2023年6月14日閲覧
  20. ^ 【日本ハム】6位長谷川威展、2度目1軍マウンドで無失点投球 来季につながる最終戦」『日刊スポーツ』2022年10月2日。2023年6月14日閲覧
  21. ^ a b 2022年10月2日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vs北海道日本ハム)」『NPB.jp 日本野球機構』。2023年6月14日閲覧
  22. ^ 日本ハム 2022年契約更改一覧&新入団選手」『スポーツ報知』2022年11月11日。2023年6月14日閲覧
  23. ^ 【日本ハム】片岡奨人と長谷川凌汰が現役引退 来季からチームスタッフへ」『スポーツ報知』2022年11月27日。2023年6月14日閲覧
  24. ^ 【日本ハム】長谷川威展、OP戦の防御率0・00で2軍スタートも「『なんで』とは全く思わない」…球速強化で昇格目指す」『スポーツ報知』2023年4月13日。2023年6月14日閲覧
  25. ^ 中日ビシエド、ヤクルト太田賢吾ら登録 ヤクルト青木宣親ら抹消/23日公示」『日刊スポーツ』2023年5月23日。2023年6月14日閲覧
  26. ^ 昇格即登板の長谷川 〝師匠〟宮西から「ナイス」と声を掛けられ「3文字でも十分重いです」」『道新スポーツ』2023年5月24日。2023年6月14日閲覧
  27. ^ 2023年6月13日(火)-DeNAvs日本ハム」『BASEBALL KING』。2023年11月24日閲覧
  28. ^ DeNAオースティン、巨人菅野智之ら抹消 ヤクルト金久保優斗登録/20日公示」『日刊スポーツ』2023年6月20日。2023年11月24日閲覧
  29. ^ 2軍で8戦連続無失点の2年目左腕・長谷川 実は中学でバスケ部 好調の要因は〝桜木花道メンタル〟」『道新スポーツ』2023年9月3日。2023年11月24日閲覧
  30. ^ 2年目左腕の長谷川 1軍昇格決定 2軍で10試合連続無失点」『道新スポーツ』2023年9月14日。2023年11月24日閲覧
  31. ^ 巨人大勢、オリックス渡部遼人ら登録 オリックス頓宮裕真ら抹消/16日公示」『日刊スポーツ』2023年9月16日。2023年11月24日閲覧
  32. ^ 2023年度 イースタン・リーグ リーダーズ(投手部門) 日本野球機構 (2023年11月27日閲覧)
  33. ^ 【日本ハム】2023年契約更改一覧」『スポーツ報知』。2023年11月24日閲覧
  34. ^ 2023年度現役ドラフト結果」『NPB.jp 日本野球機構』2023年12月8日。2023年12月8日閲覧
  35. ^ 現役ドラフトで長谷川威展投手が移籍、水谷瞬選手を獲得」『北海道日本ハムファイターズ』2023年12月8日。2023年12月8日閲覧
  36. ^ 長谷川威展投手 入団のお知らせ」『福岡ソフトバンクホークス』2023年12月8日。2023年12月8日閲覧
  37. ^ 【ソフトバンク】“タケコバー”長谷川威展が入団会見「50試合登板を目指して」背番号は59」『日刊スポーツ』2023年12月11日。2024年4月30日閲覧
  38. ^ ソフトバンク、春季キャンプメンバーを発表!FA加入の山川はA組スタート」『BASEBALL KING』2024年1月26日。2024年4月30日閲覧
  39. ^ 【ソフトバンク】ドラフト4位右腕が滑り込み開幕1軍 ルーキー3投手勢ぞろい 長谷川威展は2軍スタート」『スポーツ報知』2024年3月27日。2024年4月30日閲覧
  40. ^ 24年度「開幕一軍」の登録公示 ソフトバンクは新加入の山川・ウォーカーを含む26名」『BASEBALL KING』2024年3月28日。2024年4月30日閲覧
  41. ^ ソフトバンク中継ぎ陣は左不在で開幕 「何してんだっていう感じ」長谷川威展がリハビリ組合流」『西スポWEB otto!』2024年3月28日。2024年4月30日閲覧
  42. ^ ソフトバンク長谷川威展「いつでも行けますという雰囲気を」体調不良から10日ぶり復帰戦で三者凡退 手薄な左のリリーフに朗報」『西スポWEB otto!』2024年4月2日。2024年4月30日閲覧
  43. ^ オリックス東晃平、西武ボー・タカハシ、阪神西勇輝、巨人菅野智之らを登録/4日公示」『日刊スポーツ』2024年4月4日。2024年4月30日閲覧
  44. ^ 「スタート地点に立ったなという感じ」現役ドラフトでソフトバンク加入の長谷川威展が初登板で好救援」『西スポWEB otto!』2024年4月7日。2024年4月30日閲覧
  45. ^ ソフトバンク長谷川威展がプロ初勝利 劇的結末で転がり込んだ白星に「強運の持ち主だと思う」 登板機会少ない中での好投を首脳陣も賞賛」『西スポWEB otto!』2024年4月29日。2024年4月30日閲覧
  46. ^ a b 【ソフトバンク】長谷川威展プロ初勝利「実感あまりないがうれしい」現役ドラフトで移籍3試合目」『日刊スポーツ』2024年4月29日。2024年4月30日閲覧
  47. ^ 日本ハムの新人左腕が「思った以上にエスコバー」 激似フォームが密かな話題に」『Full-Count』2022年2月14日。2022年3月18日閲覧
  48. ^ 只松憲「【現役ドラフト】ソフトバンク入り「タケコバー」長谷川威展 V奪回へ手薄だった左リリーフ補強」『日刊スポーツ』2023年12月8日。2023年12月11日閲覧
  49. ^ 《2022新人連載⑥》長谷川威展 鉄腕・宮西目指す〝左キラー〟」『道新スポーツ』2022年1月26日。2023年3月11日閲覧
  50. ^ 日本ハム6位長谷川威展がオープン戦4戦連続無失点、開幕ベンチ入り射程も油断なし」『日刊スポーツ』2022年3月13日。2023年3月11日閲覧
  51. ^ 日本ハム・ドラ6長谷川威 初実戦で打者6人パーフェクトも「満足せずにやっていきたい」」『Sponichi Annex』2022年2月13日。2023年3月11日閲覧
  52. ^ 【日本ハム】ドラフト6位・長谷川、ビッグボス指令にコメント修正「キレッキレのスライダー見てほしい!」」『中日スポーツ』2021年12月5日。2023年3月11日閲覧
  53. ^ 【日本ハム】ドラフト6位左腕・長谷川威展、打者6人を無安打3奪三振…「キレッキレ」スライダー」『スポーツ報知』2022年2月13日。2023年3月11日閲覧

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]