笠谷俊介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠谷 俊介
福岡ソフトバンクホークス #67
Kasaya(hawks).jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県大分市
生年月日 (1997-03-17) 1997年3月17日(23歳)
身長
体重
173 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト4位
初出場 2017年8月23日
年俸 590万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

笠谷 俊介(かさや しゅんすけ、1997年3月17日 - )は、大分県大分市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

宮崎県で生まれ、4歳で大分県大分市に引越す。小学校4年生の時に親友である梅木大哉に誘われ「富士見ネイチャズ」で野球を始める。5年生の時に投手になった。稙田西中学校では大分市野津原地区に拠点を置く中学硬式野球チーム「大分七瀬ボーイズ」に所属、3年生の時に全国大会出場権を得たが、大会は東日本大震災の影響で中止された[2]

大分商業高校に進むと1年生の夏からエースになった[2]。2年生時に夏の大分大会で優勝[2]全国大会1回戦で修徳高校を相手に7.1回を投げ8失点でチームも敗れた[3][4]。3年生時は夏の大分大会の準々決勝で大分上野丘高校に敗れた(5失点完投)[5]。高校の1学年後輩に川瀬晃森下暢仁がいる。

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスに4巡目で指名され[6]、契約金4,000万、年俸500万円で契約合意し[7]入団した[8]背番号67

プロ入り後[編集]

2010年代[編集]

2015年ウエスタン・リーグで1試合の登板[9]三軍戦で7試合登板、17回・2勝0敗・防御率1.59だった[10]2016年は左肘痛のリハビリに費やし[11] 、三軍戦で2試合の登板のみだった[12]

2017年8月22日に初めての一軍昇格を果たす[13] 。同月23日の対埼玉西武ライオンズ20回戦(福岡 ヤフオク!ドーム)において、2番手投手として公式戦初登板し、2回無安打無失点3奪三振の好投でお立ち台に上がった[14]。9月28日に再び一軍に昇格[15]。10月6日の対オリックス・バファローズ戦では、3対3で迎えた10回裏に4番手として登板し、初ホールドを記録する[16]日本シリーズでは出場資格者40人枠に入った[17]が登板機会は無かった。

2018年6月16日に一軍昇格し、17日のセ・パ交流戦広島東洋カープ戦に登板するが、連打を浴び1アウトも取れずに降板[18]。6月23日に一軍選手登録を抹消される[19]。7月5日に一軍再昇格し[18]、7月16日の対西武戦から8月5日の対オリックス戦まで8試合に登板した。前年を上回る9試合の一軍公式戦登板を果たしたが、投球フォームを崩し、思うような球を投げられない時期もあり、苦しいシーズンとなった[20]。シーズンオフの11月13日、契約更改交渉に臨み、50万円アップの年俸590万円(金額は推定)でサインした[20]

2019年は、一軍登板はわずか2度(投球回数:5回)に終わった。二軍公式戦では26試合に登板し、4勝5敗2セーブ、防御率3.08を記録する[21]。11月23日から台湾で開催された2019アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPB RED選抜に選出された[22]

2020年代[編集]

2020年6月25日に一軍昇格し、7月17日(対オリックス・京セラドーム大阪)の4回裏(スコア:3-1のリード)に、先発・東浜巨の後の2番手として救援登板、2回を無失点に抑え、プロ入り初勝利をあげた[23]。8月27日(対オリックス・福岡PayPayドーム)に先発し、自身最長となる5回を1失点に抑え、プロ入り先発初勝利をあげた[24]。10月13日(対オリックス・京セラドーム大阪)、この試合前まで29イニング連続無失点を続けていた山本由伸と投げ合い、5回1安打無失点で勝利投手となった[25]

選手としての特徴[編集]

最速151km/hの直球[26][27]スライダーカーブカットボールチェンジアップを駆使する[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 ソフトバンク 3 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 12 3.1 1 0 1 0 0 5 0 0 0 0 0.00 0.60
2018 9 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 39 7.2 11 1 6 0 0 4 1 0 6 6 7.04 2.22
2019 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 26 5.0 6 1 7 0 0 7 1 0 4 4 7.20 2.60
2020 20 11 0 0 0 4 4 0 0 .500 246 57.0 44 2 31 0 4 67 0 0 21 18 2.84 1.32
通算:4年 34 11 0 0 0 4 5 0 1 .444 323 73.0 62 4 45 0 4 83 2 0 31 28 3.45 1.47
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2017 ソフトバンク 3 0 1 0 0 1.000
2018 9 0 1 0 0 1.000
2019 2 0 0 0 0 ----
2020 20 4 10 1 0 .933
通算 34 4 12 1 0 .941
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 67 (2015年 - )

登場曲[編集]

[28]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年8月8日閲覧。
  2. ^ a b c 大分商9回一挙13得点で優勝/大分大会 日刊スポーツ 2013年7月24日紙面から
  3. ^ 大分商・笠谷「涙流さず、また甲子園に」 nikkansports.com 2013年8月9日掲載
  4. ^ a b 笠谷俊介 週刊ベースボールONLINE ベースボール・マガジン社
  5. ^ 大分大会 7月20日の試合 朝日新聞デジタル
  6. ^ 【ドラフト】1位は松本投手!計13人を指名! 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
  7. ^ 鷹4位笠谷、工藤新監督超え宣言! 日刊スポーツ 2014年11月21日掲載
  8. ^ 新人入団会見で松本投手、栗原選手らが活躍誓う 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト
  9. ^ 2015年度 福岡ソフトバンクホークス 個人投手成績(ウエスタン・リーグ) -NPB.jp 日本野球機構 2016年12月25日閲覧。
  10. ^ 非公式戦個人成績 投手成績(ホークス)2015年9月27日現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2016年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月23日閲覧。
  11. ^ 笠谷1年ぶり復帰で快投 師匠・和田、心遣いで陰からお忍び観戦”. 西日本スポーツ (2017年2月18日). 2017年8月24日閲覧。
  12. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 投手成績 2016年12月1日現在”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2017年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月23日閲覧。
  13. ^ ホークス笠谷初昇格”. 西日本スポーツ (2017年8月22日). 2017年8月24日閲覧。
  14. ^ a b c “ソフトB 3年目笠谷 1軍デビュー 工藤監督「36年前を思い出したよ」”. スポニチ Sponichi Annex (スポニチ Sponichi Annex). (2017年8月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/08/23/kiji/20170823s00001173397000c.html 2017年8月23日閲覧。 
  15. ^ ホークス笠谷が2度目の昇格”. 西日本スポーツ (2017年9月28日). 2017年12月2日閲覧。
  16. ^ ソフトバンク笠谷初ホールド「足がブルブル震えて」”. 日刊スポーツ (2017年10月6日). 2017年12月2日閲覧。
  17. ^ ソフトB笠谷 筒香との対戦熱望”. 西日本スポーツ (2017年10月27日). 2017年12月2日閲覧。
  18. ^ a b ソフトB千賀抹消、代わって4年目左腕の笠谷が1軍再昇格”. 西日本スポーツ (2018年7月6日). 2019年4月14日閲覧。
  19. ^ DeNA戸柱ら抹消、広島野村ら登録/23日公示”. 日刊スポーツ (2018年6月23日). 2019年4月14日閲覧。
  20. ^ a b ソフトバンク笠谷ら契約更改 美間は今季保留1号に”. 日刊スポーツ (2018年11月13日). 2019年4月14日閲覧。
  21. ^ 2019年度 福岡ソフトバンクホークス 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年11月15日閲覧。
  22. ^ a b 2019アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp 日本野球機構 (2019年12月6日). 2020年11月15日閲覧。
  23. ^ “ソフトバンク笠谷俊介がプロ初勝利! オリックスは太田椋に2試合連続アーチ”. SPORTING NEWS. (2020年7月17日). https://www.sportingnews.com/jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E9%87%8E%E7%90%83/news/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E7%AC%A0%E8%B0%B7%E4%BF%8A%E4%BB%8B%E3%81%8C%E3%83%97%E3%83%AD%E5%88%9D%E5%8B%9D%E5%88%A9-%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%AF%E5%A4%AA%E7%94%B0%E6%A4%8B%E3%81%AB2%E8%A9%A6%E5%90%88%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%81/vwnwxtcykiqy1ed76ttp3m7n6 
  24. ^ “ホークス工藤監督、先発初勝利の笠谷を称賛 「投げて抑えて、初めて自信に繋がる」”. Full-Count. (2020年8月27日). https://full-count.jp/2020/08/27/post876690/ 
  25. ^ “笠谷俊介が5回0封で3勝目! 福岡ソフトバンクが完封リレーでオリックスに勝利【10/13試合結果】”. スポーツナビ. (2020年10月13日). https://sports.yahoo.co.jp/official/detail/202010130050-spnaviow 
  26. ^ “ソフトバンク笠谷151キロも…「何とかチームの力になりたかった」”. 西日本スポーツ. (2020年7月9日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/624462/ 2020年7月10日閲覧。 
  27. ^ 奪三振率16.20! ホークス20歳笠谷が、杉内フォーム&和田の指導で覚醒だ”. Yahoo!ニュース (2017年7月29日). 2017年8月24日閲覧。
  28. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2020年11月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]