久保田智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久保田 智
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 (1977-05-16) 1977年5月16日(42歳)
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2002年 ドラフト10巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

久保田 智(くぼた さとし、1977年5月16日 - )は、埼玉県出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

高校時代は2年時(1994年)に夏の甲子園出場するも2回戦敗退。高校通算42本塁打。同期に木塚敦志、1年下に石井義人や大学でも後輩の三浦貴小川将俊がいる。

東洋大に進学。東都大学1部リーグ通算58試合出場、204打数52安打、打率.255、6本塁打、31打点。1999年春季リーグで首位打者になりベストナイン受賞。

川崎製鉄千葉時代は2000年から2002年まで3年連続都市対抗に出場した[1]アジア大会のメンバーにも選出され本塁打を放っており[1]、即戦力[1]という触れ込みでヤクルトに入団する。

プロ入り1年目の2003年春のOP戦では一軍で出場し、本塁打も放ったが、早々に二軍降格。二軍では68試合に出場し、打率.292、5本、打点18の成績を残した[2]。この年はフレッシュオールスターにも出場した[2]

プロ2年目の2004年シーズンも一軍出場は無く[3]、二軍での出場にとどまり成績は75試合に出場し打率.255、4本、打点23と成績が下降した[3]

プロ3年目の2005年シーズンも二軍での出場にとどまった[4]。同年の成績は79試合に出場し打率.284、7本、打点37と前年より上昇した[4]

2006年シーズンも一軍での出場がなく、入団から4年間一軍戦出場のないまま、2006年10月3日戦力外通告を受けた。現役最終年の成績は(二軍で)64試合に出場し打率.255、3本、打点12であった[5]

二軍では通算286試合も出場したものの一軍に上がれなかった。当人によれば一軍に上がれなかった原因としては1年目の開幕前に右肩を負傷しており[6]、以降右肩は本来の調子に戻ることがなく[6]、打撃面においても外国人選手ほどのレベルではなかったためと述懐している[6]

引退後は電通に営業マンとして勤務している[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 00 (2003年 - 2006年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 12球団全選手カラー百科名鑑 2003 日本スポーツ出版社 P58
  2. ^ a b 12球団全選手カラー百科名鑑 2004 日本スポーツ出版社 P90
  3. ^ a b 12球団全選手カラー百科名鑑 2005 日本スポーツ出版社 P156
  4. ^ a b 12球団全選手カラー百科名鑑 2006 日本スポーツ出版社 P189
  5. ^ NPB 2006年度 東京ヤクルトスワローズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 2013年8月11日閲覧。
  6. ^ a b c d 週刊ベースボール2010年3月8日号、セカンドキャリアの「球人力」

関連項目[編集]