専修大学硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

専修大学硬式野球部(せんしゅうだいがくだいがくこうしきやきゅうぶ、Senshu University Baseball Club)は、東都大学野球連盟に所属する大学野球チーム。専修大学の学生によって構成されている。

創部[編集]

1925年創部。1931年には五大学野球連盟(現・東都大学野球連盟)の創設と共に加盟している。同年初めて開催された春季リーグ戦において優勝するなど、リーグ創生期には中央大学日本大学と三つ巴の接戦を繰り広げ、東都リーグ発展に大きく貢献した。1970年代に入ると駒澤大学亜細亜大学東洋大学等の新興大学の躍進により、二部に降格することもあったがリーグ屈指の古豪チームとしての意地を発揮し、一部優勝は31回と他大学を引き離している。長きに渡り常勝チームとしてあり続けたが、1989年春季リーグで優勝したのを最後にチームは低迷。1990年代以降は、一部と二部を往復する状態が続いた。2004年には大学野球では初となるGMに長谷高成泰監督が就任(兼務)。長谷高は2005年秋季リーグ後にGMを退任し、監督業に専念。後任のGMには準硬式野球部出身者の江崎久が就任した。チームは2006年秋季で二部優勝、入替戦で日大に2勝し、9季ぶりに一部昇格。2007年春季では一部最下位に沈み、入替戦でも立正大学の前に敗れ、1季で二部に降格した。2009年からGMの江崎が監督を兼任し、就任直後の春季リーグでは二部優勝するなど健闘したが、一部復帰はならなかった。2011年から江崎は再びGMに専念し、後任の監督にコーチを務めていた前・文星芸大附属高校監督の高橋薫が就任。2012年秋季で二部優勝を果たし、入替戦では東洋大相手に2連勝し、12季ぶりに一部昇格した。しかし翌2013年春季では一転して一部最下位となり、拓殖大学との入替え戦にも敗れ、二部に降格。前回の1季で二部降格という屈辱を繰り返す結果となってしまった。2013年秋季限りで高橋監督は退任。

2014年から同大学OBでJFE東日本の監督を務めた斎藤正直が監督に就任。同監督は社会人時代の人脈を生かし社会人の強豪との練習試合を数多く行うなどチーム全体のレベルアップに取り組み、同年秋季リーグで二部優勝を果たす。青山学院大学との入替戦では2勝1敗(1敗は試合時間4時間半を超える延長14回サヨナラ負け)と接戦で征し、4季ぶりの一部復帰となった。古豪復活へ向けたチーム作りを着実に行い、2015年春季リーグにおいて開幕6連勝とスタートダッシュに成功、結果的に52季ぶり(26年ぶり)32度目の優勝を成し遂げた。

本拠地[編集]

グラウンド・合宿所 - 神奈川県伊勢原市西富岡163

記録[編集]

東都大学リーグ 優勝32回(歴代1位)

主な出身者[編集]

Category:専修大学硬式野球部の選手を参照。

現役NPB選手[編集]

元NPB選手[編集]

その他[編集]

  • 長谷高成泰 - 元監督、現野球部コーチ
  • 須田喜照 - 現山梨学院大学 野球部コーチ
  • 河野和洋 - 元プロ野球選手(米独立リーグ
  • 山内浩史 - 元プロ野球選手 (米アロランダックランバージャックス、米ジャクソンセネタ-ズ、米サムライベアーズ)
  • 山内匠二 - 元プロ野球選手 (富山サンダーバーズ)現富山日野自動車野球部監督 
  • 味園博和 - プロ野球ブルペン捕手
  • 前川芳男 - 元パシフィック・リーグ審判部長
  • 山本一彦 - KBOコーチ、元選手

外部リンク[編集]